新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

Windows 10にいつでもアップグレードできてWindows 7を使い続ける方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なるほどこの手があったのか。

Windows10へのアップグレードが7月までということで、選択の岐路に立たされている人は多いんじゃないでしょうか。
かくいう自分もそうでして、結果、アップグレードしてしまったのは先日ネタにしました。

□ もう面倒くさいからWindows10にアップグレードしたらとっても良かった

このときは、新鮮さもあったりして意外といいじゃん。と思っていたのですがいやいやこれがまったく。。

WINDOW10にアップデートしました。

スポンサーリンク
 

というのは、動作がかなりもっさり。
ブログの更新に関しては、ぶっちゃけ、一昔前のタブレット(富士通のSTYLISTIC M532との比較)の速度とさほど変わらないほどの体感だったのです。

だもんだからもう一度Windows 7に戻そうかなとふと。

そんななか入ってきた情報が以下。
なんでも、Windows10 へアップグレードしたあとすぐ、Windows 7に戻すと、無償アップグレードの権利をもったまま、Windows7を使い続けることができるそうです。

一度Windows 10へアップグレードした後で、すぐにWindows 7へ戻してしまうというやり方だ。

情報源: 【特集】Windows 7を当面使い続けるつもりの人は注目! Windows 10の“無償アップグレード権”だけを確保できる方法 

なるほどこれは良い!
とはいえ、戻せるのはインストール後1ヶ月まで。
自分まだ、元に戻せそうですので早速やっています。

以下手順。

  1. Windowsメニューから「設定」をクリック。
    Windows7へ戻しましょう01
  2. 「更新とセキュリティ」をクリック。
    Windows7へ戻しましょう02
  3. 「Windows 7に戻す」を「開始する」(「開始する」をクリック。)
    Windows7へ戻しましょう03

これで簡単にできると思いきや、空き容量が足りずできませんでした。
あらためて時間を作って容量を減らしたうえ、やってみようと思います。

ひょっとしたら単なる思い違いでもともと「Windows 7」も同じくらいの体感だった可能性もあります。
果たして体感は変わるのか?

いずれ、成功したら追記(または新記事)にて、報告させていただきます。

 - パソコン教室, 覚え書き , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

WordPress(ワードプレス)テーマで使った画像やJSファイルの場所 #wp

といった具合に各コンテンツを固定ページで作り始めたのですがこれが一筋縄ではいきま …

no image
Web制作に役立つブログ

Web制作に役立つブログを紹介します。

iPhoneでバイブレーションパターンが自作できるようになっていた

今までも、「iPhoneの着信音を好きな曲にする方法」は説明してきましたがなんと …

さすがに変なところから電話やSMSがきたので美女子アカウントを友達から外した【Facebook】

いや、だから会ったことのない女子は友達にしちゃいけないんですよ。 女子だけに限ら …

no image
グルーポンの「フラッシュマーケティング」とは?

かねてからCMなどで見かけ、先日のおせち騒動でさらに有名になった共同購入クーポン …

no image
洋楽のmp3をダウンロードしまくる方法

Googleの検索には色々な機能がついています。 有名なところでは「site:U …

Facebookとツイッター(Twitter)を比較してみた

最近ではお客さんからソーシャルメディアを活用した集客を行いたいと相談される。一般 …

no image
アナログテレビでデジタル放送を見る方法

っていうか、何もしなくても見れている人がたくさんいるみたいですね。 □&nbsp …

最近、2ちゃんねるまとめブログ風のランディングページ(偽ブログ)が乱立しているくさい

以前、キラキラ☆ウォーカーに騙された件ですが、偽ブログに引っかかったというのが大 …

ATOK(エイトック)に変えてみた

Windows標準の日本語入力システムはMS-IMEですが、 6月9日から7月8 …