新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

熊谷市男女4人殺傷事件の実行犯「尾形英紀」の手記【時事邂逅】

      2014/11/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が街、熊谷市もかつては治安が悪く(今も?)、殺人事件なども結構起こったりしていたのですが、この事件もまた凄惨でした。
男性1人、女性1人が死亡し、他に女性2人が巻き込まれています。
しかも、男性こそ、20代後半でしたが、女性は皆、二十歳(はたち)前後というなんともったいない事件だったわけです。
すみません、不謹慎でした。

熊谷では他にも「本庄保険金殺人事件」とならぶ北埼玉2大連続殺人事件の「愛犬家連続殺人事件」や未だ犯人の捕まっていない「カリスマ美容師殺人事件」、ヤンママが放火して子どもを含む家族3人を殺してしまった事件や、中学生がホームレスを殺してしまったという事件もありましたね。
いや、かつては酷いもんでした(いまもなのか?)

□ 【未解決事件総覧】 (1)日本未解決殺人事件一覧 – 未解決事件・失踪/行方不明事件・印象に残った事件
こちらで熊谷で検索すると結構色々出てきます。
未解決事件が多いのも特徴? 埼玉県警、熊谷警察なにしてるんでしょうね?

そんな中、特に身近な事件がこの事件です。
なんといっても、ご近所さんが主犯「尾形英紀」の同級生。
おまけに尾形が店を構えようとした場所がうちから徒歩一分の場所なんですから。

□ 熊谷男女4人殺傷事件(事件史探求)
□ 熊谷グリーンハイツ箱田殺人拉致事件
□ 熊谷殺人・拉致事件(7紙から転載)


写真はイメージです。事件とは一切関係ありません。

スポンサーリンク
 

ちなみに事件のあったアパートも比較的近く、以前、事故物件データベースの「大島てる」に現場となったアパートを事故物件として登録したこともあります。
□ 事故物件不動産データベース「大島てる」 – ちほちゅう
□ 大島てる CAVEAT EMPTOR: 事故物件公示サイト
こちらでも熊谷で起きた様々な死亡事件が確認できますね。

なお、この事件、犯人の「尾形英紀」はすでに死刑が執行されています。
執行前に、本人が書いた手記がネットで公開されているので引用させて頂きます。

□ 7月28日に千葉景子法務大臣に死刑執行された二人 ≪ 死刑廃止フォーラム

 死刑囚の気持ちや考えを聞いてもらえる機会を与えてくれてありがとうございます。
事件を起こしてから現在に至るまで、考える事や納得のいかない事が数多くありすぎて、それをすべて書いていたのでは、何十枚も書くことになってしまうので簡単に書きます。
まず、事件についてですが、見張り程度しかしていない共犯が2人います。
すべて俺のやった事ですが、4人を殺そうとして2人を殺害、2人は殺人未遂の事件です。
事件当時の俺は、かなりの酒を飲んでいたためと、あまりにも興奮していたので、ほとんど記憶がありません。ただ、あまりにも強烈な印象がある部分だけが、はっきりと記憶に残っています。
しかし、それでは警察も検事も都合が悪いので、事件当日の行動の大まかな所は、共犯の記憶などを総合して作り、もっとも大事な部分は刑事と検事が作りあげたストーリーが裁判で認められてしまいましたそれは最初から殺害の話し合いをしてから殺しに行ったというのですが、全くのウソなのです。
裁判では、不利になるのは分かっていましたが、殺意を持った事を認め、いつの時点で殺意を持ったかも証言しました。

実際には暴行している時に被害者が死にそうになった時にはじめて「それなら殺してしまえ」と思ったのです
(その時の精神状態では、そのようにしか考えられなかったのです)。それ以前は殺意はもちろん、死ぬ可能性すら考えもしませんでした。
しかし、検事と刑事の調書にははじめから殺意を持って行動したとなっていました。何でその様な調書になったのかと言うと共犯も証言していますが、共犯2人が事実と違うのは分かっていたけど無理やりにサイン・指印をされ、俺の調書は最後のページのサインがある所以外を差し換えられました。警察と検事はあたり前の様に不正をしているのが現状で、不正をかくすためには裁判の証人尋問で平気でウソをついています。しかも裁判も全くの茶番で検事の言う事をすべて認定してしまいました。
殺意についての証人尋問で刑事と検事の言っている事がくい違い、苦しまぎれに少しだけ、俺の言っている事が正しいと刑事が証言したにも関わらず、俺の言っている真実は都合が悪いからはじめから聞く気がありませんでした。完全に結果ありきの裁判です。
一審で2度にわたり精神鑑定を受けました。一度目は裁判所が認定した先生でした。その先生はよく調べてくれ、調書よりも俺の証言の方が信用できると証言してくれました。それは俺の言っている方が精神医学上もふくめ自然であり、しかも俺の証言は自分にとって不利になる事まですべてを言っているからです。その結果、部分的ではあるが(1人目殺害)、責任能力がいちじるしく低下していたと判断されました。
その為に検事が納得せずに2度目の鑑定となったのです。2度目の先生は検事の推薦した人であり、検事の犬になり下がった人でした。当時の俺の考えなどは1度も聞く事もなく、ただ事件の経過を聞いただけで、すべて検事や刑事の調書を参考に鑑定書を作ったのです。

はじめからやる気のない鑑定士を採用し、驚くことに裁判では、一度目に真面目にやった先生の鑑定を棄却し、やる気のない検事の犬の鑑定を採用したのです

俺は責任を逃れたいのではなく、今の日本の裁判や刑事や検事のやっている事が許せないのです。一般の人は信じないと思うけど、今の刑事は事件のでっちあげも日常的にやっているし、まして調書の改ざんなんてあたり前にやっているのです。だけど無実を訴えても今の裁判では無罪になる事はないし、たとえ無罪を勝ち取っても年月がかかりすぎるから、懲役に行った方が早く出れるので皆、我慢しているのです。俺の殺人などは事実は変わりませんが、事件の内容はかなりでっち上げなのです。だから俺は100%無罪の死刑囚は何人もいると思っています。
検事の主張ばかり聞く裁判は不公平ですが、一般の人から見れば刑事や検事の言ってる事は無条件で信じられるのだから、来年から始まる裁判員制度では冤罪も今まで以上に多くなると思います。
事件に関して長くなってしまいましたが、死刑囚が考える死刑制度について、一般市民の考えているものとは違う所もあるかと思うので書かせてもらいます。
収容者と話す事はありませんが、他の死刑囚を見ると本当に殺人をやった人なのかと疑えるほど普通の人です。俺はぐれ始めてから、ヤクザやその他のアウトローを社会や少年院、刑務所で数多く見てきましたが、それらの人達と比べてもかなり気の弱くおとなしい印象です。きっと心から反省しているので、そう見えるのかもしれませんが、俺はそれだけでなく、本当に普通の人達なのだと思います。
どの様な事件を起こしたのか知りませんが、色々な理由により精神状態が乱れ、普段ならまともに判断できる事が出来なかっただけなのだと思います。だから、誰にでも死刑囚になる可能性はあると思います。
自分の気持ちは後で書きますが、本当に心から反省している死刑囚を執行する事で本当に罪を償う事になるのでしょうか? 罪を背負って生きていく事が、本当の意味での償いになるのではないかと思います。日本人の美徳として死者に対して悪く言ったり思ったりしない所がありますが、何か問題を起こしたり、犯罪を犯した後に自殺をする人達に対して、一般の人の中には責任を感じての自殺、アウトローの人の中にはケジメをつけたという考えをする人がいます。本当に自分自身でケジメをつけたと思える人もいるので、すべてを否定はしませんが、俺には、つらい事から逃げただけにしか思えない事のほうが多いと思います。被害者や遺族の感情は自分で犯人を殺したいと思うのが普通だと思います。今は連絡を取っていませんが、両親・姉・元妻との間に二人の娘がいます。俺だって家族が殺されたら犯人を許すことはないし、殺したいと思うのがあたり前です。
しかし、それでは、やられたらやり返すという俺が生きてきた世界と同じです。死刑という名の殺人を国家権力がやっているにもかかわらず、国民にどんな理由があろうと殺人を禁ずるのはどういうわけだ。世界では色々な所で国家による虐殺があったようだが、それと日本の死刑とどこが違うのか?
日本の法律にのっとり死刑があるように、虐殺のあった国にもその国の法律(権力者)にのって死刑にしただけだろう。
色々と考えながら書いているので、ちょっと興奮してしまいました。
死刑囚を助ける活動をしている先生に対して言う事ではないし、やつあたりの様な事を書いてしまったので、書きなおそうとなやみましたが、俺の考えでもあるので、失礼は承知のうえ、このまま続けさせて頂きます。話を戻します。
俺の考えでは死刑執行しても、遺族は、ほんの少し気がすむか、すまないかの程度で何も変わりませんし、償いにもなりません。

俺個人の価値観からすれば、死んだほうが楽になれるのだから償いどころか責任逃れでしかありません。死を覚悟している人からすれば、死刑は責任でも償いでも罰ですらなく、つらい生活から逃してくれているだけです。だから俺は一審で弁護人が控訴したのを自分で取り下げたのです。

死を受け入れるかわりに反省の心をすて、被害者・遺族や自分の家族の事を考えるのをやめました。
なんて奴だと思うでしょうが、死刑判決で死をもって償えと言うのは、俺にとって反省する必要ないから死ねということです。人は将来があるからこそ、自分の行いを反省し、くり返さないようにするのではないですか。将来のない死刑囚は反省など無意味です。
もちろん他の死刑囚は日々反省していることと思います。俺は、ただでさえ東拘には人権など全くないし、24時間カメラで監視され独居にいて、執行されるのを待っている中で、事件や遺族・自分の家族の事を考えていたのでは気がおかしくなるし、ストレスだらけで、そんな余裕すら1秒もありません。  
俺のように反省する気がない死刑囚もいる中で、ほとんどの死刑囚は日々反省し、被害者の事も真剣に考えていると思います。そういう人達を抵抗できないように縛りつけて殺すのは、死刑囚がやった殺人と同等か、それ以上に残酷な行為ではないのですか?
俺が執行されたくないのではありませんが、その様な事などを考えれば、死刑制度は廃止するべきです。
言いたい事が色々と多く長くなってしまいましたが、切りがないので、この辺で失礼します。今の気持ちを伝える機会を頂き、ありがとうございました。
追伸
最近、執行が多くなりましたが、執行について意見があります。
執行時に求刑・判決を出した検事・裁判官それに法務大臣らが自ら刑を執行するべきです。それが奴らの責任だと思います。
それと執行時・その後に死刑囚の希望があった場合、絶対に経をあげてはいけないようにして下さい。俺は宗教が嫌いだし、経は死者に対してではなく、生きている人達の気やすめでしかありません。俺の執行時・執行後は絶対に宗教関係の事はやらないようにお願いします。

死刑囚の手記というと、「凶悪」を思い出してしまいますがこちらの手記も強烈です。
文章は稚拙な部分もありますが、心からの叫びは胸に突き刺さります。
とくに注目すべき部分を太字にしました。

前半は、検察や警察に対する見解となっています。
この事件に関しては個人的には付属池田小事件を起こした「宅間守」と並んで死刑執行が早かったなあと感じていたのですが、宅間同様、本人が反省を辞め、楽である(本人談)死刑を受け入れていたということのようです。
結果として早い死刑執行となったのですが、問題なのは彼(尾形)に対する検察や警察の行動です。
有罪ありきの裁判、本人も死を覚悟し、あえて戦おうとしなかったということもありますが、おそらく、ちゃんとした弁護士を付けて、もっと生に執着していれば、もう少し長く生きられたでしょう。

本人の談では

  • 殺意は最初からあったわけではない。
  • 事件当時は酩酊状態で殆ど記憶が無い。

とのことなのですが、これが検察により覆っています。
本人もそれを認めてしまったのでは仕方ありませんが。。

酩酊状態であったことをしっかり証明できることができればひょっとしたら死刑にはなっていなかったかもしれません。
執行されてしまった今となってはこの手記が残ったことが一つ、彼の生きてきた証になるでしょう。

もしも彼の言うことが全て真実であったら。。
検察、警察ももう少し考えて行動取れないのでしょうか?
残念でなりません。

死刑囚の手記なので全てを鵜呑みにするのはどうかと思いますが、一方で、「足利事件」の菅家利和さんや、先日釈放された「袴田事件」の袴田巌さんの様に無実で収監されている人は実際いるわけです。
袴田さんに至っては死刑判決まで出ていました。
□ 痛いニュース(ノ∀`) : 袴田さん釈放、逮捕から48年ぶり 最長収監死刑囚としてギネス記録に認定 – ライブドアブログ
当然、こういった事件はほんの一部で殆どは正当に判断されているのだと思いますが。

さて、4名の男女が巻き込まれたこの事件ですが、一方で加害者側も「尾形英紀」以外に男女各1名ずついました。
ふたりとも未成年で16歳の少女に関しては、この事件の裏の首謀者ではないかとも言われています。
尾形が最初に殺した男性はこの少女の元交際相手。今の交際相手の尾形に、彼女が殺人を依頼したのではないかということです。
この辺りに関しても尾形の供述が正しいのであればそうではない可能性が高いのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

なお、彼女はすでに刑期を済ませて出てきているはず。そう考えると少し怖さを感じずにはいられません。
当時16歳ということは、現在、27歳になっているはずですね。
成人となった彼女はいったいどういった生活を送っているのでしょうか?

最後に、個人的に死刑は是か非かという話をさせて頂きます。
今まで死刑について真剣に考えたことはなかったのですが、憲法で「基本的人権の尊重」をうたっていながら死刑があるっていうのはどうなんだ?とは思います。。
まあ、あくまでも「尊重」と言っているだけで具体的に何しちゃいかんとかかにしちゃいかんとか言ってませんもんね。
「尊重しながら殺す」 と、そういうことなんでしょう。いや、「尊重しているからこそ殺す」かもしれません。

と、曖昧なことばかり言っていても拉致があかないので賛成反対で言います。
自分は反対です。

尾形の手記にもあるように、ある意味、死刑は一番楽な選択であるわけです。
だったら死のリスクが大きな仕事を与えてそれをやらせたほうがいいと感じます。
例えば、原発現場での作業等ですね。
死ぬ前に一仕事しろとこういうわけです。
ただ、ある意味こっちのほうが「基本的人権の尊重」に反しちゃうのかなぁなんて思いも。

難しいですよね。

世界的には死刑は廃止の動きにあるようですが日本では未だ80%以上が賛成だそうです。
今後はどういった流れになっていくのでしょうね。

□ ビートたけしが死刑制度に異論 「死刑が極刑とは思えない」「被害者遺族が刑執行のボタンを押すのはどうか?」 – ライブドアニュース

 - コラム, レビュー・レポート, 雑談

アドセンス広告メイン

Comment

  1. 親友 より:

    おがやん
    元気でなー!

  2. 足利の人 より:

    死刑執行されてたなんて知らなかった。。。

    ご冥福をお祈りします。

  3. 匿名 より:

    何を言ってもコイツのやった事は事故中心的でクソ!
    本人もこーゆー奴らを弁護する奴らも死刑になれよ!
    仕事だからとか関係なく少しでも弁護する気持ちの奴らはこの世から消えろ!
    死ねよ

  4. より:

    この男の言っている事は自分を正当化する事以外考えられない。こんな死刑囚に自分を論じる機会を与えた事がまず失敗だったと思います。福島瑞穂さんですね。亡くなられた家族の立場になって考えて見て下さい。

  5. taro より:

    一丁前に意見を述べられおられますが、幼稚で自己中心的で矛盾だらけで支離滅裂です。死を目前にしてもこの程度の言葉しか吐けないのだから情け無い話です。こんなもんににわざわざ意見を述べさせた福島は真の愚か者だと思います。死刑執行には望み通り法務大臣が立ち会ったそうですのでゴキブリを殺すような気持ちで見つめておられたことと思います。いくら頭のおかしな加害者でもその時になってようやく自分のやったことや立場を理解できたのではないかと思います。被害者遺族にとっても国民にとってもよい死刑だったと思います。

  6. モモ より:

    酔って人を殺せば無罪かよ?笑わせんなpgr

  7. 匿名 より:

    死刑囚に危険な現場で仕事させるとして
    その管理は誰がするのかなと
    ある意味その人は死刑囚よりかわいそう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ホリエモンはアブノーマルだと思う

夜限定ネタ。。って言っても、朝になっても消しません。 ホリエモンがあるインタビュ …

「ユニコーン 名曲ランキング」1位はやっぱり「大迷惑」?

ユニコーン好きでコピーバンドまでやっていた経験のあるものとしてはこの記事には言及 …

実名SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)登場!!

そういえばmixiも昔は実名を勧めてました。いつの間にかハンドル名が当たり前にな …

ノーベル賞だからって正しいわけじゃないけれど

□asahi.com(朝日新聞社):クルーグマン教授「給付金は0点だ」 与謝野氏 …

ニンテンドーDS Liteを修理に出しました【後編】

遅くなりましたがニンテンドーDS Liteの修理報告の後編です。こちらの続きにな …

no image
シンボリックリンク

な、なんとしても初の皆勤賞を。。

シニアのゲートボール離れが加速。代替はグラウンドゴルフ

シニアの球技というと真っ先に思い浮かべるのはゲートボールだと思います。 じつは、 …

「RADIKO(ラジコ)」のiPhoneアプリがでないかもしれない理由 (3/30追記)

まずは「RADIKO(ラジコ)」に関しての説明。 □ラジオのネット同時配信、3月 …

RSSリーダー「Feedly」のエラー画面がかわええ

RSSリーダーとして使っていた「Google Reader」が終わってしまったの …

今年のゆるキャラグランプリは「ぐんまちゃん」だった。「ふっかちゃん」は2位

もう、ホント今更のネタなんですが、毎年扱っているのでいまさらながら記事にしてみま …