新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

個人のホームページは終わった? 12万件削除、ニフティ「@homepage」サービス終了

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて、「ホームページ」という言葉が出始めていた頃、個人でホームページを持つのが一つのステータスになっていました。
自分も当時、なんとも貧素なホームページを作り、情報を発信することで満足感を得ていました。

ところがその後、更に簡単に個人で情報を発信できるツール、ブログが台頭。
続けてツイッターやFacebook等、SNSが一気に広まり、個人ホームページは縮小の一途を辿ります。

そんな個人ホームページの終焉を感じさせるニュースが入ってきました。

 ニフティ株式会社(@nifty)は、ホームページサービス「@homepage(アット・ホームページ)」を11月10日15時で終了した。これにともない、同サービスで公開されていた約12万のホームページは閲覧できなくなった。

情報源: ニフティ「@homepage」が昨日で終了、個人などのホームページ約12万件が消滅、ただし12月12日までは復活可能

標準モードと互換モードについて:HTMLタグ辞典 - HTMLタグボード
ちなみに「ホームページ」という言葉は和製英語。海外ではトップページのことだけをホームページと言います。
日本の言っているホームページのことはWebサイトというのが一般的でこれは日本でもこの傾向になってきました。

スポンサーリンク
 

ニフティ(nifty)も最も古くからパソコン通信をなりわいとしている会社です。
まだ、GUI(グラフィカルユーザインタフェース)ができる前からパソコン通信を行って来ています。
当時は黒い画面に白い文字(緑の文字?)だけの情報でやりとりしていました。

そんな老舗の会社だからこそ、ここまで維持してこれたのかもしれません。
が、それも11月10日までだったようです。

もちろん、ホスティングサービスを契約して個人のホームページを存続させることは可能です。
ただ、少しだけハードルが高くなってしまう。
ブログやSNSの様に簡単に始めることができなくなってしまったわけです。

そういえば、かつて、ジオシティーズというホームページサービスがありましたが、こちらも閉鎖しておりますね。
日本のみ、Yahoo!ジオシティーズとして存続している模様。)

古き良き時代、そういうものがインターネットの世界にも出てきてしまった。
CUI然り、パソコン通信しかり、ホームページもその一つとなってしまったようですね。
ひょっとしたらマウスやキーボードなんかもいずれはなくなってしまうのかもしれません。
ちなみに自分、既に自宅仕事ではマウスは使っておりません。

 - 雑談 , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

東京都知事候補「鳥越俊太郎」氏はボケている?美容外科医「高須克弥」氏がツイート

参院選が終わり、選挙の話題は東京都知事選に移りつつあります。 まあ、埼玉県民なの …

「ネットヲチ」とはどんな意味?

あるブログでよく使われている「ネットヲチ(ネトヲチ)」という言葉の意味を調べてみ …

TV見ません。雑誌読みません。

最近、テレビを見なくなった。そして雑誌も読む回数が減っている。

大勝軒ののれんわけ「優勝軒」@熊谷に行ってきた

まさに先ほどまで熊谷の優勝軒で夕食をとってました。優勝軒ってのはかつて池袋にあっ …

no image
シンボリックリンク

な、なんとしても初の皆勤賞を。。

ついに週刊少年誌がiPhoneに「少年サンデー for iPhone」

懐かしい記憶が蘇ります。 僕が週刊少年誌とはじめてふれあったのは忘れもしない小学 …

no image
動いてますIT業界。

いつからだかわかりませんが、mixiモバイルがリニューアルしたようです。 時代は …

スマホ(スマートフォン)は正しい姿勢で使おう。そうしないと死ぬよ

自分もけっこうな猫背なのですがひょっとしたらスマホの使いすぎに原因があるのかもし …

アメーバユーザーは意外とリテラシーが高い?

いやね。今、娘がハマっているアメーバピグについて感心したことがあったのでネタにし …

no image
移転

新社屋移転が、4月中に行われるらしい。 それに伴い、会社の体制も大幅に変わるよう …