新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

ツイッターの名前を「アドセンスクリックお願いします」にするとアフィブログに絶対転載されない

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

これは目から鱗。かつ、注意しなきゃいかんですね。

スポンサーリンク
 

紹介した記事の作者さんですが、ツイッターの名前欄を上手いこと活用されている様子。
以前は、「名前@アフィブログ転載禁止」といった名前にして、アフィリエイト目的のブログへの引用を禁じていたのですが、アフィブログにこれを無視され、ツイートを引用するされてしまったことに憤慨。
今度は名前を「アドセンスクリックお願いします」 にし、素知らぬふりして件のアフィブログをGoogleに通報するという手にでたのです。
これが見事的中! 該当のアフィブログからアドセンス広告が消えてしまったのです。

実は、Googleでは、自ら広告をクリックさせるような手法、表記を厳しく取り締まっていて、そういった行為を見つけたら広告の配信を止めるなどの処置をとっているようなのです。
つまり、引用されたツイートの名前欄に書かれた「アドセンスクリックお願いします」が、そのブログの持ち主の手によるものだと判断されたということになります。
(実はこれ、件のアフィブログが自分の判断でアドセンス広告を削除した説もあります)
なるほどよく考えられた逆襲作ですな。

ただ本人、そこまでやるかと一部では叩かれているみたいです。
そもそも、ツイッターは引用前提のツールであるということを理解しなければならない。
ということのようですね。

確かにアフィ収入を生活費の一部としている人にとっては広告配信中止は結構痛いですが、
しかるべき処置を行えばGoogleがしっかり対応してくれますので、まあ、そのあたりは見逃さず、管理していればいいといったところでしょう。
自分も過去に完全に自分に否があった理由で広告配信止められたことありました。
が、早急に手直し(記事を削除)し、申請しなおしたらすみやかに復旧したということがあります。
□ 初めてのアボセンス。Googleアドセンス広告がブログから消えた!個人名がマズかったと推測 – ちほちゅう

ブロガーとしては、何でもかんでも引用しちゃうのではなく、やはり、相手の気持を組んで引用してあげるといった配慮も必要ということでしょうね。
なんて言っていながらも、あまり考えずに引用しまくっちゃっているのが実情なのですが。。 

 - セキュリティ, ツイッター(Twitter), 覚え書き ,

アドセンス広告メイン

Comment

  1. 匿名 より:

    そんなお前も右側のおすすめ商品にアフィリエイト貼ってるし
    まとめ動画の更にまとめの記事書いて悪質極まりないな

  2. 匿名 より:

    結局のところ貴方もお金儲けがしたくてたまらないのでしょう?
    そんな印象を受けました

  3. アドセンスクリックお願いします。 より:

    アドセンスクリックお願いします。

  4. アドセンスクリックお願いします より:

    引用と転載を意図的に混同しないように。
    引用とは、あくまで自分の文章が主で引用部分が従でなければならない。
    元ツイートに内容のおもな価値がおかれているものは引用ではない。

    またインターネットという公共スペースにはりだした意見という観点で言えば、リンクをはればよいことであり、自分のウェブスペースに文章をはりつけなければならない理由はない。

  5. 匿名 より:

    誰だって金儲けたいに決まってるだろボランティアじゃねえんだから
    まとめが批判されてる理由がアフィだからだと思ってる連中は病院行ったほうが良い

  6. 匿名 より:

    規約に違反してなければなにをやっても良いと考えてる無礼なアフィカスが最近本当に多いですよね・・・
    有力な情報を提供していただきありがとうございます、たちの悪いアフィカスから嫌味を言われるかもしれませんがめげずに頑張ってください

  7. あっあっ より:

    あっあん!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ワードプレス(WordPress)、トップページとは別の場所で記事一覧を表示させる方法 #wp

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ワードプレス(WordPres …

Facebook(フェイスブック)でやると嫌われてしまうかもしれない行動

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。あっという間にmixiを追い抜 …

no image
著作権表示についてのメモ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ホームページの著作権は本来は制 …

ツイッターとテレビを映画で体験、湊かなえ原作「白ゆき姫殺人事件」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「告白」の湊かなえさんが原作と …

GREE(グリー)を退会する方法【スマートフォン編】#3

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。#1 | #2 | #3 3回 …

新興宗教の作り方

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Yahoo!知恵袋にはたまにと …

殆どのスマホユーザーの個人情報はFacebookに握られている

そう、それがシャドープロファイルと言われているものです。
そして怖いのはこのシャドープロファイル、Facebookアカウントを作ったことのない人のものまで作られているとのことです。

あるFacebookユーザーの連絡先にあなたの個人情報が書かれていたら注意。
その方がFacebookに連絡先へのアクセスを許可していたらあなたがFacebookをやっていなくてもアウトです。 

ではどうやったら防げるのか?
最近ではFacebookアプリがプリインストールされているスマホ(スマートフォン)も多いのでほぼ防ぐことは不可能でしょうね。

つまり、

過去にFacebookのアカウントを作ったことがなく、Facebookを利用している人とアドレスなどの交換をしていないという場合のみ「あなたのシャドープロファイルは作られていません」

とのこと。
Facebookのアカウントを作ったことがない人は結構いるんじゃないかと思います。
ただ、Facebookを利用している人とアドレス交換をしていない人なんて殆どいないんじゃないでしょうか?
そもそも、その人がFacebookをやっているのかどうか調べてアドレス交換するなんてことできないでしょうし。。

これから、こういった情報が一般的になってくると、自分のようにFacebookやってる感を前面に出している人なんかは逆に、嫌厭されてしまうような時代がきてしまうのかもしれません。
でもね。
結局は架空請求や先日被害にあった債権回収詐欺等、それを使う悪いやつがいなければ別に個人情報何ら問題ないんですよね。
だって、かつては電話帳(ハローページ)に普通に電話番号が載っていた時代があるんですから。
嫌な時代になっちゃいましたねぇ。。

あとはFacebookの技術を信じて、そういった悪い輩に個人情報が流れないようにしてもらうしかないですね。
よく、「あとは神のみぞ知る」なんてこと言うことがありますが、Facebookもそういう意味では神の領域に入りつつあるのでしょうか?
人間が神の領域に足を踏み入れるとどうなってしまうのか? 注目して行きましょう。 

docomo(ドコモ)のスマホ(スマートフォン)で余計なサービスを削除(解約)する方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近は、大型量販店(イオン等) …

Googleマップで好きなところにピンを立てる方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以下の記事を参考にGoogle …

no image
iPhone(アイフォーン)はどうも危険そうだ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「iPhone」のハッキング・ …