新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

テキスト広告のほうがバナー広告よりもクリックされコンバージョンも高い

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

みなさんはバナーブラインドネスという言葉をご存知でしょうか?

【バナーブラインドネスとは何か?】|CAネットトレンド研究室ブログ

“バナーブラインドネス”とはインターネットをしているユーザーのマウスの動きと目の動きを計測した科学者が発見した現象で、バナー広告、もしくは広告のようなものが掲載されているスペースにユーザーの注意が向いていないという現象だそうです。

スポンサーリンク
 

以前、「クリック率を上げるバナー広告のコツ」を書いたときにも「ネット広告は消費者から本能的に無視される!」としました。
これはどうも本当のようで、広告を無意識に避ける行為を「バナーブラインドネス」というようです。
そう考えてみると「広告」を主張するよりも、テキスト広告のようにあまり広告に見えない「広告」のほうがインターネットではよいといえます。

だたし、これはユーザーのインターネットの熟練度にも関係しているのではないかと思います。

大概のユーザーは何か目的があってインターネットを使います。
たとえば、パソコンを買いたいなぁと思った人がいて、その人がパソコンの広告を見たらおそらくクリックするでしょう。
ところが、ある程度インターネットになれてきたユーザーは、単なるパソコンではなくさらなる付加価値をつけたパソコンを探します。
さらに、広告により行き着くサイトにはその情報がないことを理解し始めるのです。
そこから「バナーブラインドネス」が始まるのではないかと思います。
つまり、初心者には「バナーブラインドネス」はないのではないでしょうか。

「バナーブラインドネス」が始まってからは、まず最初に、広告としてわかりやすいバナー広告から無視され始めます。
ただし、決して「テキスト広告」だからよいというわけではなく、テキスト広告は広告としてわかりにくいからバナー広告よりも良い結果が出ているのだと思います。
熟練度があがり、テキスト広告を理解し始め、テキスト広告で行き着くサイトもたかが知れていることを理解すると、
テキスト広告であってもなかなかクリックされなくなるのでは?

もっとも、トータルで見れば全員が全員インターネット熟練者ではないですし、
熟練者であっても別の理由で広告をクリックすることはあります。
そして、特にバナー広告に関してはブランディングにもつながっていくのですから、やはり広告は重要です。
ただし、これからはクリック後のページ「ランディングページ」がますます重要になってくるような気がします。

 - マーケティング, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Facebook(フェイスブック)のアプリを削除する方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。一部インターフェースが変わりま …

「EC-CUBE」管理の前に

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ずいぶん前にさくらインターネッ …

間違って購入しちゃったiPhoneアプリは返品できる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。僕は経験ないが、iPhone( …

LINE(ライン)でブロックされるとこうなる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。もうちょっと詳しい記事を書きま …

GIMP2で正確な切り抜き(トリミング)を速くする方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、「GIMP2は正確な切り …

Web公開用PDFファイル内の決まったページにリンクを貼る方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。PDFファイルってのは2種類あ …

no image
SpywareBlaster

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。この前、スパイウェアに犯された …

夫による浮気調査は不要。なぜなら既に妻は浮気しているから

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。といった数字が出ているようです …

「Google Adsense(グーグルアドセンス)」広告サイズによる収益の変化

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前から実験的に一ヶ月をめどに …

no image
Flashでプルダウン(修正)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。過去に書いた記事に間違いがあり …

血液型オヤジ