新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

宇多田ヒカルvsEXILE。無特典の宇多田ヒカル圧勝!!

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

随分とお休みいただいていた宇多田ヒカルさんですが、先日、久しぶりのアルバムを発売しました。
それと1日違いでEXILEもアルバムを出したのですが、この売上対決が注目されていたわけです。

蓋を開けてみれば宇多田ヒカルさんの圧勝!!
ってか、世界的にも上位に入り込む快挙!
本人もこれにはビックリしているようで、ツイッターで以下のように呟いておりました。

スポンサーリンク
 

一方、EXILEですが別に悪いことやっているわけじゃないのですがたまたま宇多田ヒカルさんとアルバムの発売が重なってしまったことで残念な評価を得てしまっているようです。

□ EXILEのベストアルバムはAKB商法!宇多田ヒカルのアルバムの売り方に称賛の声が相次いでいた。 – NAVER まとめ

特典をつけて売るという方法がAKB商法だと言われてしまっているようです。
しかも、それで無特典の宇多田ヒカルさんに負けてしまったわけですからなおさら。

EXILEですが、まあ、確かに男子版AKB48みたいなもんですもんね。
人数もやたらと多いですし、その派生グループも結構いるみたい。
逆に、そんなに沢山のアーティストを抱えちゃってるので一人ひとりの評価が下がっちゃっているのかもしれません。

一方で、無特典で正々堂々と曲だけで勝負に出た宇多田ヒカルさんには沢山の称賛の声が相次いでいます。
むしろ、無特典が株を上げ、ブランディングに繋がり評価が上がったのかもしれんですね。
自分も、時々、余計なものいらんから。と思うことあります。(最近では、INGRESSの顔メダルとか。)

ということで、EXILEのアルバムなんてどんなに特典つけられても全く買う気ないですが、宇多田ヒカルさんの曲をiTunesでダウンロードするのは考えます。

そういえば、ここ数年。CD含め、楽曲なんて買ってないなぁ。。
本も読まないし。。ほんと、何やってるんだろうねぇ。。

情報源: 宇多田ヒカル“無特典アルバム”が、EXILEの“金ザイル商法”に完勝! ネットには「痛快」の声も – 日刊サイゾー

 - マーケティング, 雑談 , , ,

アドセンス広告メイン

Comment

  1. 腰白海燕 より:

    音楽なんて、消費者が其々自分の聴きたい音楽を聴けばいいのであって、レコード会社の人間でない人が、そんなにレコード売上枚数の多寡に必死にならなくてもとは思いますが。
    楽曲作品としての優劣が、それなりに売上枚数に反映していると言うことなんだろう。

    リンク先のtwitter URLは、宇多田ヒカル氏のファンの一人のtweetを本人がretweetしたものみたい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

一応記憶しとく。6月27日前後に近畿地方に大きな地震と研究家

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こういうのは言わないよりは言っ …

エイプリルフールに究極のウソ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。日常ではあまり盛り上がらないエ …

2009年度年間アクセスランキング

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。GoogleのAnalytic …

no image
ホワイトカラーエグゼンプション

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。年明け早々難しい話題になっちゃ …

no image
2011年9月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今月は「事故物件不動産データベ …

スマホやSNSの影響で一人で行動を取る人が増えている

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そういう自分もですね。Face …

横浜にモバゲーベイスターズ誕生か? (12/2追記)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今シーズンのプロ野球セ・リーグ …

意外にもテレビのサッカーワールドカップ関連番組は低視聴率だった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんか、今回のワールドカップは …

「iTunes」シングル売り上げランキングが「オリコン」のCDシングル売り上げランキングと全く違う件

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。何年か前からオリコンのCD売り …

中川翔子(しょこたん)の次を狙うネットアイドルたち

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近、オタク系アイドルというヤ …