新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

Google+ページとWordPressを連携させた時、記事を一般公開設定にする方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで使っていたブログサービスではブログからGoogle+ページヘの連携ができませんでした。
そこで、去年の10月にWordPressにインフラを変えた際、Google+ページヘの連携設定だけはしておいたのです。

これは「jetpack」というWordPressのプラグインを使うと非常に簡単で、いずれこちらの方法も紹介させていただこうと思ってます。

が、しかしこれでは全く不十分でした。
なんと、限定公開になっていてGoogle+でフォローしていない人には記事を読ませることができなかったのです。

Google+で公開設定できてない フォローすれば最新記事も読めますが、フォローしていないと10月26日(同期設定)をした日の記事しか見れない状態に。

スポンサーリンク
 

実は「Google+ページ」ですが、GoogleやGoogle+(ぐぐたす)と連携しているだけあって結構効果が高いんです。
ただ、限定公開だと全く意味が無い。
ということで、連携時に一般公開設定で連携させるように設定を変えてあげることにしました。

以下手順です。

  1. Google+ページのアカウントでログイン(一般的にはGoogle+ページに入ると自動でGoogle+ページのアカウントに切り替わります。)右上アイコンをクリックして「設定」をクリック。
    Google+で公開設定01
  2. 一般的には最初から「設定」タグが選ばれているはずですが、なっていなければ「設定」をクリック。下に降りて行って「アプリとアクティビティを管理」をクリック。
    Google+で公開設定02
  3. 「アプリ」をクリックして「WordPress」の閲覧できるユーザーにある「設定」をクリック。
    Google+で公開設定03
  4. ここで「あなたのサークル」となっているのを「一般公開」に変えて「保存」をクリック。
    Google+で公開設定04
  5. 「閲覧できるユーザー」のところが「公開」に変わっていればOKです。
    Google+で公開設定05

以上。

これで検索にもヒットするし、フォローしてない人にもGoogle+ページを訪れさえすれば記事を読ませることができるようになります。
とりあえず、この記事から反映されると思うので、公開後に画像、貼っておきますね。

そんなちほちゅうのGoogle+ページは以下です。
□ ちほちゅう – Google+
「Google+」やってる人はぜひ、フォローして下さいね~。

 - CMS, Webデザイン, WordPress, 覚え書き , , , , , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Facebook(フェイスブック)で公開範囲を設定してポスト(投稿、シェア)する方法

基本的なことなのですが、意外とできていない方がいるようでしたので記事にすることに …

「MySoundフル」の解約方法【docomoのスマホ契約後の有料サービス解約手順】

「NotTV」に続いては「MySoundフル」の解約方法(解約ページの行き方)で …

no image
リンクファームらしきサイト

「キラキラ☆ウォーカー(kira2-w.com)」のパズドラ魔法石212個無料は本当か確かめてみた

ってか、ぶっちゃけ釣られました。 そう簡単に有料アイテムが手に入る訳ありませんよ …

侮れない! P検3級への道 【液晶ディスプレイ編】

週末に行なっているパソコン教室にて、現在、生徒さんと一緒にP検(パソコン検定)3 …

WordPressのケータイサイトをカスタマイズ【Ktai Style】 #wp

随分前にWordPress(ワードプレス)ベースの「つぶくま」のケータイサイトを …

「Windows Media Player」でCDの曲を吸い出す(取り込む)方法

個別授業の生徒さんの知り合いにプロの演歌歌手さんがいて、 その人のイメージムービ …

WordPressのテーマ、プラグインの読み込み速度を公開「WP Speedster」

自分がメインで使用しているCMSはWordPress(ワードプレス)です。 当ブ …

ツイッター(Twitter)でツイートを読まれたくなければ鍵かけて(ロックして)ブロック

過去に書いた記事シリーズ。今回はツイッター。 未だに意外と認識を間違っている人が …

no image
ネットで営業

リレーション・オプティマイズに関しては、筆者が文中で