新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

Google+ページとWordPressを連携させた時、記事を一般公開設定にする方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

今まで使っていたブログサービスではブログからGoogle+ページヘの連携ができませんでした。
そこで、去年の10月にWordPressにインフラを変えた際、Google+ページヘの連携設定だけはしておいたのです。

これは「jetpack」というWordPressのプラグインを使うと非常に簡単で、いずれこちらの方法も紹介させていただこうと思ってます。

が、しかしこれでは全く不十分でした。
なんと、限定公開になっていてGoogle+でフォローしていない人には記事を読ませることができなかったのです。

Google+で公開設定できてない フォローすれば最新記事も読めますが、フォローしていないと10月26日(同期設定)をした日の記事しか見れない状態に。

スポンサーリンク
 

実は「Google+ページ」ですが、GoogleやGoogle+(ぐぐたす)と連携しているだけあって結構効果が高いんです。
ただ、限定公開だと全く意味が無い。
ということで、連携時に一般公開設定で連携させるように設定を変えてあげることにしました。

以下手順です。

  1. Google+ページのアカウントでログイン(一般的にはGoogle+ページに入ると自動でGoogle+ページのアカウントに切り替わります。)右上アイコンをクリックして「設定」をクリック。
    Google+で公開設定01
  2. 一般的には最初から「設定」タグが選ばれているはずですが、なっていなければ「設定」をクリック。下に降りて行って「アプリとアクティビティを管理」をクリック。
    Google+で公開設定02
  3. 「アプリ」をクリックして「WordPress」の閲覧できるユーザーにある「設定」をクリック。
    Google+で公開設定03
  4. ここで「あなたのサークル」となっているのを「一般公開」に変えて「保存」をクリック。
    Google+で公開設定04
  5. 「閲覧できるユーザー」のところが「公開」に変わっていればOKです。
    Google+で公開設定05

以上。

これで検索にもヒットするし、フォローしてない人にもGoogle+ページを訪れさえすれば記事を読ませることができるようになります。
とりあえず、この記事から反映されると思うので、公開後に画像、貼っておきますね。

そんなちほちゅうのGoogle+ページは以下です。
□ ちほちゅう – Google+
「Google+」やってる人はぜひ、フォローして下さいね~。

 - CMS, Webデザイン, WordPress, 覚え書き , , , , , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ツイッター(Twitter)の9つのルールが参考になる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ロケットニュースさんで扱ってい …

「float」で親要素の高さがなくなってしまったときは親要素に「float」【CSS】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。HTML・CSSコーディングで …

「Adobe Bridge」侮れじ、画像をまとめてPhotoshopのレイヤーにできる機能が便利

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前使っていたマシン、及び以前 …

ブログ(WordPress)とgoogle+の連携ができなくなっていたらチェックすること

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ブログ(WordPress)と …

パーソナルスペースを意識するとコミュニケーションスキルがアップする

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、ビジネスマナーの講師の方 …

サラリーマンブロガー注意!ブログ収入が年間20万を超えたら確定申告が必要です

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。夢はブロガー一本で生計を立てて …

no image
もうひとつのプルダウンメニュー

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そもそも、なんでFLASHでプ …

殆どのスマホユーザーの個人情報はFacebookに握られている

そう、それがシャドープロファイルと言われているものです。
そして怖いのはこのシャドープロファイル、Facebookアカウントを作ったことのない人のものまで作られているとのことです。

あるFacebookユーザーの連絡先にあなたの個人情報が書かれていたら注意。
その方がFacebookに連絡先へのアクセスを許可していたらあなたがFacebookをやっていなくてもアウトです。 

ではどうやったら防げるのか?
最近ではFacebookアプリがプリインストールされているスマホ(スマートフォン)も多いのでほぼ防ぐことは不可能でしょうね。

つまり、

過去にFacebookのアカウントを作ったことがなく、Facebookを利用している人とアドレスなどの交換をしていないという場合のみ「あなたのシャドープロファイルは作られていません」

とのこと。
Facebookのアカウントを作ったことがない人は結構いるんじゃないかと思います。
ただ、Facebookを利用している人とアドレス交換をしていない人なんて殆どいないんじゃないでしょうか?
そもそも、その人がFacebookをやっているのかどうか調べてアドレス交換するなんてことできないでしょうし。。

これから、こういった情報が一般的になってくると、自分のようにFacebookやってる感を前面に出している人なんかは逆に、嫌厭されてしまうような時代がきてしまうのかもしれません。
でもね。
結局は架空請求や先日被害にあった債権回収詐欺等、それを使う悪いやつがいなければ別に個人情報何ら問題ないんですよね。
だって、かつては電話帳(ハローページ)に普通に電話番号が載っていた時代があるんですから。
嫌な時代になっちゃいましたねぇ。。

あとはFacebookの技術を信じて、そういった悪い輩に個人情報が流れないようにしてもらうしかないですね。
よく、「あとは神のみぞ知る」なんてこと言うことがありますが、Facebookもそういう意味では神の領域に入りつつあるのでしょうか?
人間が神の領域に足を踏み入れるとどうなってしまうのか? 注目して行きましょう。 

池袋駅⇔赤羽駅間の電車移動、各駅停車でも「湘南新宿ライン」よりも「埼京線」の方が早い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。毎日電車を使って東京まで行って …

no image
Safari(javascriptのバグ?)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。またまた「safari」に関し …

血液型オヤジ