新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

次期Office(オフィス)はWebブラウザと合体するらしい

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

最初、以下の記事を読んだときはどういうことか今ひとつわからなかった。
livedoor ニュース – 次のMicrosoft Officeにはウェブ機能がついてきます

次のバージョンのMicrosoft Officeではウェブ機能が追加される、というもの。

ワードとかエクセルとかでインターネットにアクセスできるのかなぁと漠然と思っていたのだが、それってインターネットエクスプローラーじゃん。とか思いながらも今ひとつピンと来ませんでした。

ところが、以下の記事を読んで理解できました。
MSのウェブ版Officeが登場–オフィス製品の行く末は?:CNET Japan オンラインパネルディスカッション – CNET Japan

スポンサーリンク
 

 Microsoftがウェブブラウザで動作するOfficeアプリケーションを披露しました。Internet Explorer、Firefox、Safariなどの一般的なウェブブラウザで動作し、モバイル版、PC版などとシームレスに切り替えながら、ドキュメントを編集できるそうです。

つまり、オンライン上にアプリケーションを置いちゃったということのようです。
たとえば↓こんな感じ。
投資案件計算書 フォーマット – オンライン表計算OnSheet

じつは、他社製のものでは上記も含め、すでにいくつかあったようです。
ソースネクスト、Web上で利用できる無料のOfficeサービス「ThinkFree」
窓の杜 – 【NEWS】Web上のOffice文書を“Google ドキュメント”などで直接開けるFirefox拡張機能
松井幹彦の「Officeソフト」ウォッチング ? ● Web上で(オンラインで)利用できるOfficeソフト一覧

しかし、本家MicroSoft(マイクロソフト)さんがやるというのだから、反響がまったく変わってくるでしょうね。
これからは、アプリケーションもネット上に置かれる時代がやってくるのでしょうか?

 - Webデザイン, 告知・紹介・ニュース

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
DMOZ(OPD)のエディタになってみる?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。DMOZの印刷カテゴリに会社の …

Adobe(アドビ)のDTP3種の神器「Creative Suite 2(CS2)」が無料でダウンロードできるらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。随分前からうわさで聞いていたの …

元味噌屋?熊谷市の四華郷(しかご)は意外と昔からあるラーメン店

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。実はこのラーメン店。自分がまだ …

選挙は「適当」。「次世代の党」の票が「共産党」の票に。等、ミス相次ぐ【衆議院議員総選挙2014】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。意外と選挙って適当なのね。 池 …

またまた新しい認識(認証)技術。今度は目でユーザーを判断 【Eyeprint ID】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。虹彩認識ってやつですかね。と、 …

docomo(ドコモ)の逆襲。今より3倍早いLTEを導入。Xi(クロッシィ)はどうすんの?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここのところいい話のないdoc …

フォルダも下の4つのアイコンに登録できた【iPhone】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これ、誰もが知っていることかも …

何のため?パソコンを破壊するUSBメモリ「USB Killer」。ってか、普通に電流流せば壊れね

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんだかまたわけのわからんガジ …

Yahoo!検索 サイトエクスプローラー日本版登場!!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ついにYahoo!のサイトエク …

「Windows 10」への無償アップグレード、「7月29日」に絶対終了。有償化へ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。当ブログでもうるさいとネタにさ …

血液型オヤジ