新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

値切りの功罪(大阪府が借金だらけの理由)

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

うちのナンバー2の経営理念は資材に関してはとにかく値切れ。
顧客に関しては自社製品の品質よりもとにかく接待。だ。
つまり、大げさな話をすると、どんなものでもいいから売って、
社内コストを削って儲けを出せ。ということになる。
これじゃ、どう考えても給料あがんない。
一方、顧客の中にも普通に値切ってくる会社は結構多い。
今回はこの値切りに関して考えてみた。

スポンサーリンク
 

かつてはモノに対して支払われるお金が価格と呼ばれていた時代もあるかもしれないがそれは昔の話。
現在では価格はサービスや商品の質にたいして支払われる対価として考えたほうがいいと思っている。
そもそも、お金に価値はなく、商品に対しての価値の目安にしか過ぎない。
(お金に価値を植えつけて商売してきた金融が破綻してますがこれはある意味当たり前)
さらに、これだけモノがあふれている時代、モノにも価値がなくなってきていると考える。
つまり、商品であればその商品の、技術であればその技術の評価(対価)が価格になってくるわけだ。
そしてもちろんのことそれぞれの適正価格は商品の質や技術のレベルによって決まってくる。
(そういう意味で考えると携帯電話なんて安すぎるくらい安いと思うのですが。。)
実際は、それがベースとなり流通等のプラスアルファが上乗せされて販売価格が出てくるわけで、
本来価格と言うのはある程度決められているものであると考えている。

そういったことを踏まえて考えると、
自社商品に絶対の自信を持っている会社はそれにかかる資材等を購入する際値切ったりはしないだろう。
一方、そういったものをケチって値切る会社は自社製品に自信を持っていない。ということになる。
それはつまり、自社製品に値切る余地があるということで、同じ値段で商品を販売していて資材を一切値切らない会社に比べて質が低いと考えて間違いないと思っている。

で、どういうことがいいたいかというと。
値切りが蔓延すると商品や技術のレベルが下がり、果てには経済まで破綻すると思うわけです。
何でもかんでも値切ると言うイメージのある大阪府の財政が破綻しちゃってるのも、
実は、蔓延している「値切る」と言う風習のせいなのではないかと。

ちなみに、印刷業も同様です。
このままでは業界全体が破綻してしまうかもしれません。

 - マーケティング, 会社経営

アドセンス広告メイン

Comment

  1. ジョギング より:

    なるほど

  2. なおちゃん より:

    貴殿の言うとおり!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

インバウンドマーケティングとはどんなこと?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。あるところで、インバウンドマー …

no image
ブログ自動投稿君

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「ブログ自動投稿君」とやらが存 …

2014年8月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんか、今年の夏はあっという間 …

twitter(ツイッター)がビジネスモデルを発表【今週のトピック】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「ビジネスモデルが無い」といわ …

ネットカフェで違法ダウンロードはお店の罪

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。かつてちょっとだけインターネッ …

楽天倒産!?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。楽天が倒産するわけがありません …

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業【書評】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。調子に乗って再度書評。 バカシ …

最近の若者の傾向、Instagram↑、Facebook↓、ツイッター↕

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近の若者が好むSNSの傾向と …

no image
総務省や文科省もWikipediaを編集していた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。総務省や文科省もWikiped …

no image
やっぱり猫が好き?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。伝説のツッパリたちが25年ぶり …

血液型オヤジ