新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

ちょこちょこ見かけるテレビ番組解説系のネットニュースは危険だと感じた

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、テレビ番組であった出来事をニュースにするという記事をちょくちょく見かけます。
自分のうち、テレビがないので意外と重宝しているニュースなんですが、どうも実際テレビで見るのとはやっぱり違う気がしてきています。

というのは、半分ギャグ的、演出的に行っている行為もそのまま淡々と伝えているからなんです。
例えば以下の記事。

□ ダイノジの大地洋輔が番組内で突然ブチギレ 加藤浩次が注意 – ライブドアニュース

ブチギレって。多分、半分以上演技やネタで切れてるんだと思うんですよね。
ただ、こう書かれるとマジギレか? と勘違いしてしまう。

b09a85cb708a03ed42ab9c90540d7c3d_s

スポンサーリンク
 

こんな記事もありました。

□ 松本人志、”ラッスンゴレライ”を「別に面白くはなかった」「曲ですよ」 | マイナビニュース

こういうのも番組見てない人からするとまっちゃんが8.6秒バズーカーを否定したかのように思われるわけです。
実際は、さらっと「面白くはない」って言っただけなんですけどね。

で、こういうのがバズって婉曲されて伝わるのもネットであって。

テレビで放送した内容ですらこんな感じなんですから、
現実起きたことをツイッターやブログやらで記事にするというのは、
まず、書いた人のフィルターがあって、それを読んだ側のフィルターで伝わって。。
ぶっちゃけ、それぞれの主観が絡んでかなりフィルタリングされちゃうんじゃないでしょうかね。

そう考えると、実際この目で見たことしか信用できなくなってしまいます。

ブログなんかよりもむしろ写真や動画ってのは編集していない限りは全て本当なわけですから、
そちらを信じたほうがいいのかもしれないなどと思ったり。

いずれにしても、テレビがないというのはふつうじゃないと思うので、
今年こそはテレビを買おうかなぁとふと感じたりもしているわけです。

でも、見ないかもしれないなぁ。。

 - コラム, 企画・ディレクション, 会社経営 ,

アドセンス広告メイン

Comment

  1. eewano より:

    僕も、『~がヤバ過ぎる!』系のログ速とか『ブチギレ』系の動画を見る度に題名詐欺だと思い、今ではもう「くだらねぇ」と感じ、完全に見なくなりました。
    テレビは『ニュースも含めて』完全に娯楽として見ており、自分としてはテレビの価値は・・・無いです。たまに、家族皆でバラエティ番組を楽しむ位ですかね?

    自分としては、5年以上前にテレビを捨ててから、勉強に時間を当てられる様になって、確実に人生が良い方向に変わりました(・∀・)

    とはいえ、インターネットでテレビも普通に見られる時代が来るといいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

大阪府「泉佐野市」が市の名前を売っている

こんなことできるんですね。 □ 市の名前、売ります…破綻寸前の泉佐野、 …

タクシーで動画広告

人の記事を当てにして記事書いてばかりからダメなんだよなぁ。 自分で体験したことを …

ついに埼玉県熊谷市にGoogleストリートビューが来た!

え!? なんと、、知らない間に我が熊谷市にGoogleストリートビューが来てまし …

no image
iPod課金はやらないことになりそうだ

ある意味画期的だったiPod課金とは、本体購入時に上乗せして料金を取ることで音楽 …

今、人気の「ダダ漏れ女子」とは

ダダ漏れ女子って知ってます? つまりはライブチャット(もちろんH系じゃない)を無 …

Facebookで個人アカウントを取らずにFacebookページだけ作る方法(ビジネスアカウント取得方法)

Facebookといえば実名でのアカウント取得が必須となります。 ところが、アカ …

国会図書館の検索(サーチ)機能でヒットした書籍をシェアするとあなたの今いる居場所が分かるので注意

なんでも、そういった仕様らしいですね。 なんでそんな仕様にしたのでしょうか? 国 …

転職活動をする暇があったらブログを書け

先日、「転職熱再び」といったような内容の記事を書きましたが、コメントにもあったよ …

no image
大手ブラック企業&ホワイト企業ベスト10

GIGAZINE(ギガジン)でも記事になっていましたが愛社されている企業、愛社さ …

no image
復活!! 「恒陽社印刷所」

既得権益層を一掃するには一度倒産させるのが一番かもしれません。 かつて当ブログで …