新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

ちょこちょこ見かけるテレビ番組解説系のネットニュースは危険だと感じた

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、テレビ番組であった出来事をニュースにするという記事をちょくちょく見かけます。
自分のうち、テレビがないので意外と重宝しているニュースなんですが、どうも実際テレビで見るのとはやっぱり違う気がしてきています。

というのは、半分ギャグ的、演出的に行っている行為もそのまま淡々と伝えているからなんです。
例えば以下の記事。

□ ダイノジの大地洋輔が番組内で突然ブチギレ 加藤浩次が注意 – ライブドアニュース

ブチギレって。多分、半分以上演技やネタで切れてるんだと思うんですよね。
ただ、こう書かれるとマジギレか? と勘違いしてしまう。

b09a85cb708a03ed42ab9c90540d7c3d_s

スポンサーリンク
 

こんな記事もありました。

□ 松本人志、”ラッスンゴレライ”を「別に面白くはなかった」「曲ですよ」 | マイナビニュース

こういうのも番組見てない人からするとまっちゃんが8.6秒バズーカーを否定したかのように思われるわけです。
実際は、さらっと「面白くはない」って言っただけなんですけどね。

で、こういうのがバズって婉曲されて伝わるのもネットであって。

テレビで放送した内容ですらこんな感じなんですから、
現実起きたことをツイッターやブログやらで記事にするというのは、
まず、書いた人のフィルターがあって、それを読んだ側のフィルターで伝わって。。
ぶっちゃけ、それぞれの主観が絡んでかなりフィルタリングされちゃうんじゃないでしょうかね。

そう考えると、実際この目で見たことしか信用できなくなってしまいます。

ブログなんかよりもむしろ写真や動画ってのは編集していない限りは全て本当なわけですから、
そちらを信じたほうがいいのかもしれないなどと思ったり。

いずれにしても、テレビがないというのはふつうじゃないと思うので、
今年こそはテレビを買おうかなぁとふと感じたりもしているわけです。

でも、見ないかもしれないなぁ。。

 - コラム, 企画・ディレクション, 会社経営 ,

アドセンス広告メイン

Comment

  1. eewano より:

    僕も、『~がヤバ過ぎる!』系のログ速とか『ブチギレ』系の動画を見る度に題名詐欺だと思い、今ではもう「くだらねぇ」と感じ、完全に見なくなりました。
    テレビは『ニュースも含めて』完全に娯楽として見ており、自分としてはテレビの価値は・・・無いです。たまに、家族皆でバラエティ番組を楽しむ位ですかね?

    自分としては、5年以上前にテレビを捨ててから、勉強に時間を当てられる様になって、確実に人生が良い方向に変わりました(・∀・)

    とはいえ、インターネットでテレビも普通に見られる時代が来るといいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

フランスのポルノ(AV)サイトの集客の手法があざとい

フランスのポルノ(AV)サイトで有料加入者を50倍にも増やしてきた手法がニュース …

no image
営業の目から見てみる

うちの場合、営業にはそもそも残業がつかない。 これって普通なのかな? ひょっとし …

付属池田小連続殺人事件犯「宅間(吉岡)守」の暴言【時事邂逅】

何も悪いことをしていない子どもが8名も殺戮された附属池田小事件。 子を持つ親とし …

マクドナルドや電機メーカーだけじゃない。ヤマダ電機も結構やばかった

これもアベノミクス効果の一端? マクドナルドがかなりやばいという話はおそらく多く …

本当に1%?私は「直観像記憶力」を持っているらしい

記憶力には通常の記憶力と直観像記憶力というものがあるらしく、直感記憶力のある人は …

株式市場がインターネットに弄ばれている

一昨日、1000円以上上げた日経平均株価が今日になってまた900円以上下がってい …

no image
ライセンス認証

最近のソフトウェアはインターネットを使ってのライセンス認証が多い、 マイクロソフ …

ホリエモン提案の定額給付金有効利用法

以前、経済対策をネタにしたときに「定額給付金」にも触れ、 「一番経済効果がある使 …

実際のところ電子タバコ、VAPE(ベイプ)は体に悪いのか?アメリカ(米国)とイギリス(英国)で相違

以前、関わっていた業界だけに気になるニュース。 □ 電子タバコ、禁煙効果を高める …

「秒刊SUNDAY」閉鎖騒動。結末は?

個人でやられているニュースサイトは数あれど、ここほど特異なニュースサイトはないと …