新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

物語調の経営書「仕事は楽しいかね?」【書評】

      2014/11/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レイモンド・ブリッグズの「さむがりやのサンタ」とよく似た表紙絵が印象的な「仕事は楽しいかね?
当初は表紙から絵本的な話なのかなぁと想像していたのですが、そうではないにせよ物語調の話で非常に読みやすかったです。

スポンサーリンク
 

経営書なんて言ってますがそういうふうに捉えないほうがいいかもしれませんね。
人生を楽しくすごすための極意といったほうがいいかもしれません。
結果として経営に成功するためのヒントがここにはたくさん詰まっているのです。
「人生のバイブル」なんていい方のほうがしっくり来るかもしれません。

物語はビジネスマンの主人公が雪のため飛行機が離陸できなくなってしまった飛行場である一人の老人と出会うところから始まります。
そして、飛行機が離陸できるようになるまでの一日を描いた作品。
時間的にはたったの一日ですが、主人公はこの経験がきっかけで人生がガラリと変わることになります。
さて、どんなふうに変わってしまったのか?実際本を読んでみてのお楽しみということにしておきましょう。

物語なんだけどそれぞれの章が老人から発せられた名言で成り立っています。
そして、そのどれもがいつまでも覚えておきたい言葉。
物語でありながらもいつまでも手元においておきたい一冊。
それがこの「仕事は楽しいかね?」です。

実はこの作品、中間管理職になった主人公が再び老人にアドバイスを求める続編もあります。
いずれ、こちらも読んでみたいと思っています。

僕もこれからの人生、「試してみる」ことを「喜び」に変えられるように生きていきたいと思いました。

 - おススメ, 会社経営, 本・書籍

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

貧乏人はバカ。裕福な学生の脳の大脳皮質は低所得の学生の脳よりも厚い

ぶっちゃけ、あまり裕福ではない方だと思うのでこれにはちょっと頭来ました。 そもそ …

no image
やっぱりフェイスブック(Facebook)は凄かった

先日、15日金曜日の夜20時から翌16日朝5時までの間、amachang氏による …

花火大会で「雪くま」初体験

またまたローカル(熊谷)ネタです。 「雪くま」というのは「あついぞ熊谷」の熊谷市 …

ネットとリアル、どんどん繫がる。電通、丸紅が新サービス

知らないところでネットとリアルがどんどん繫がっていっています。LI …

Facebookでシェア、Bitstrips(ビットストリップス)の漫画がシュールでいいっ!

今までもアバター系のアプリはいろいろありましたが、Facebookと連携できるB …

Livedoor Reederのヘッドラインモードが便利

最近、RSSリーダーに登録しているブログやニュースの数がかなり多くなってきて、読 …

ボートマッチもやってみた 【衆院選】

ライフハッカーで「衆院選の投票前にチェックしておきたいサイト」が紹介されていた。 …

カニバリズムは神話なのか?

以前、「「Web(ウェブ)」と「印刷」カニバリゼーションの悲劇」という記事を書か …

子どものためにみんなに気づいてもらおう!!

これは一大事だ。 □404 Blog Not Found:まさかここまでひどいと …

単純だけどハマっちゃう「Doodle Jump」【iPhoneアプリ】

今まで遊んで来てこれは是非、皆さんにも遊んで欲しいというiPhoneアプリのゲー …