新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

ピースサインで指紋が盗まれる。指紋認証に穴

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなことができるのでしたら、顔認証なんては穴だらけってことですよね。
なんでも、ピースサインをした写真から指紋を読み取り、指紋認証を破る事が可能だとのこと。

国立情報学研究所の実験では3メートルの距離で撮影した画像でも読み取れることが判明しており、「自撮り」のピース写真をネットに掲示すると、簡単に盗まれてしまう。

情報源: 【指紋ネット盗難】「ピースサインは危険!!」 3メートル離れて撮影でも読み取り可能


ヤバい、指紋抜かれる~。

スポンサーリンク
 

いちばん身近なところではスマホの指紋認証があると思います。
これを、画像から取り出した指紋情報を使って抜くことが可能かどうか考えたのですが、たとえば、シリコンなどで同じ指紋の指先を作ってそれをかざすなどという七面倒臭いことをしなければならないんじゃないでしょうか。

で、そこまでやって指紋認証を通過させる必要があるかというと、一般人には殆どありえない。
強いて言えば安倍総理やトランプ次期大統領辺りはこういったことをやってまでも指紋データを抜き出す価値があるかもしれません。
したがって、個人レベルでは全く今のままでも問題ないんじゃないかと思われ。。

とは言っても、日進月歩技術は進んできていますから、画像から簡単にスマホの指紋認証を通過させてしまう代物が出てこないとも限らないので、頭のなかにおいておくくらいはしておいたほうがいいでしょう。
まあ、仮に指紋認証を通過されたとしても見られて困るようなものがあるかと言ったら別にないんじゃないでしょうかね。

ということで、個人的にはあまり気にしないことにしました。
もっとも、自分が指紋認証を使っているのはスマホだけ。
顔認証なんてのがパソコンに勝手にインストールされましたが当然すぐ削除しましたしね。

なお、銀行では静脈認証を使っているのですが、そう考えると手のひらや指を使った「静脈認証」や目を使った「虹彩認証」なんてのは「指紋認証」、「顔認証」などと比べると随分セキュアなんですねぇ。。

 - セキュリティ , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Macでウイルス対策は必要か?

Macで初めてDDoS攻撃を開始するウイルスが発見されたそうです。 ウイルスとい …

またまた新しい認識(認証)技術。今度は目でユーザーを判断 【Eyeprint ID】

虹彩認識ってやつですかね。と、最初思ったのですが違ったようです。 □  …

100円パソコン詐欺にあったら

以前話題にしたイーモバイルがやっている100円パソコンで詐欺騒動があったそうだ。 …

さすがに変なところから電話やSMSがきたので美女子アカウントを友達から外した【Facebook】

いや、だから会ったことのない女子は友達にしちゃいけないんですよ。 女子だけに限ら …

期待したけどやっぱりスパム。「~@docomo.ne.jp」からのメール

「スパムメールの中には本物もあるという話」でスパムに反応したら本物の女子中学生が …

no image
クラウドに個人情報を置いておくのは危険

あのFacebook(フェイスブック)で個人情報の流出騒ぎがありました。□&nb …

シマンテック「ノートン」のアンチウイルスアプリに脆弱性。メールを受信するだけでパソコンが乗っ取られる危険性

こういう事象が起きてしまうと、なんのためのアンチウイルスなんだと思ってしまいます …

おすすめセキュリティソフトは?

ニュース・特集-BCNランキング 三つ巴のセキュリティソフト、更新料無料と複数台 …

「Adobe Creative Cloud」ユーザー注意! クレジットカード情報が抜き取られた可能性

要約すると、「9月11日~9月17日にかけて一部の顧客注文情報に不正アクセスがあった」とのこと。
Adobeの調査によると「不正アクセスにより顧客名、クレジットカード番号、有効期限等が抜き取られた可能性」があるということです。
つまり、「クレジットカードの不正利用」 の可能性があるとのことで、ご自身で調べていただきたいとのこと。

さっそく調べてみたところ、自分は一先ず大丈夫だった様子。
ただし、今後も危険性は拭えないので、注意が必要だと思います。

自分の場合は「Adobe Creative Cloud」を契約しているためにAdobe社にクレジットカード情報を提供していました。
とりあえず、仕事で使ってるもんだから今更解約もできないし。。
あとは、定期的にチェックしながらもAdobeさんを信じて沈静化を待つしかないのかもしれないですね。

なお、ちょっと前にニュースになっていたようです。
□ Adobeへのサイバー攻撃、不正アクセスの影響は3800万人に – ITmedia ニュース 

まさかこういったことが自分の身に振りかかるとは。。 

SNSでアップした画像は削除できないことがある

SNSでは、画像を削除してもしっかり削除できないことがあるようです。 □削除した …