新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「パーフェクトブルー」の今敏監督、筒井康隆原作、劇場版アニメ「パプリカ」

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに何もない日曜日、天気もあまり良くなかったので、Huluで映画を見ることにしました。

今回、見たのはアニメ映画、大好きな筒井康隆氏が原作で亡くなられた今敏氏が脚本、監督をした「パプリカ」です。
今敏氏の作品は「パーフェクトブルー」を一度レビューしてますね。
□ 海外で評価の高い故「今敏」監督デビュー作「パーフェクトブルー」は夢と現実とドラマとネットが入り混じる名作ミステリーアニメーション | ちほちゅう

スポンサーリンク
 

このアニメはもちろん原作から入りました。
しかも、原作を読んだのはかなり前のこと。
高校生から二十歳くらいまでの間だったと思います。

実は、ここだけの話、筒井康隆氏の作品に初めてであったのは高校生の時、居酒屋ででした。
いや、今でこそ問題になるのでしょうが当時は高校生も結構お酒を飲んでいて、お店も平気で出したりするところあったんですよね。
自分の行っていた高校は私服の男子校だったのですが、仲の良い女子校は制服で、当然飲み会なんだから男ばっかりというわけじゃ盛り上がらないので呼ぶわけです。
文化祭の打ち上げだったりして制服のまま登場。お店側も全然OKだったりと、いい時代、もとい、とんでもない時代だったもんです。

そんな飲み屋で女子とも馴染めす、ふと目をやった本棚に置いてあったのが筒井康隆氏原作の「笑うな」でした。
今まで、太宰治や三島由紀夫など、純文学ばかり読んでいた自分にとって、筒井康隆氏の小説は衝撃でした。
ただただ、笑い声ばかりたくさんの「笑うな」。こんな小説もあるのだと。

で、「虚航船団」や「残像に口紅を」など、ありとあらゆる筒井康隆作品を読み漁ったわけです。
うん。高校生の時だったかなぁ。。

そんな筒井康隆作品にあって、最も有名なのが「時をかける少女」でしょうね。
映画化もされ、話題になりました。

さらに、「七瀬」シリーズも有名。
筒井康隆作品のアイドルといえば、「時をかける少女」と「七瀬」、そしてもう一人がこの「パプリカ」でしょう。

そんなパプリカが映画化されたのは2006年。
実に10年近く前となるわけです。

これが今、Huluでみれるということですね。

さて、さっそく感想を述べさせてもらいたいと思います。
まず、感じたのはアニメとは言え、これは大人向きのアニメだなぁと感じました。
途中、ちょっとHなシーンもあったりして、親子で見るにはちょっとといった感じ。

内容も難しめ。
とはいえ、全部夢という「夢オチ」として考えればまあ、そんな難しくもないのですが。。

読んでずいぶん経つので、原作がどんなだったから断片的にしか思い出せませんが、やはり、このアニメはパプリカに付きます。
映像化されてしまっているのでビジュアルが限定されてしまうのが非常に残念ですがとにかく魅力のある女性。
美人かつ聡明、それでいてかわいい部分もある、そんな女性が時田と子どものまま大人になったような太った天才に惹かれるわけです。
ここ、一つポイント高い部分じゃないかなぁと感じてます。

夢を具現化させるという意味で、中学生の時見た、押井守作品の名作「うる星やつらビューティフル・ドリーマー」を彷彿させる良作となっています。
(「パプリカ」見て良かったと感じた人は是非見てみてください。)
もちろん、「夢オチ」一言で片付けちゃう人にはナニコレ?といったアニメなんでしょうけど、それを差し置いても映像は魅力的なものになっていると思います。
「千と千尋の神隠し」なんかにハマった人にも向いてるかもしれないですね。

なんて書いていて、やっぱりこれは小説読んでほしいなぁと感じましたね。
夢はやはり夢、映像化させるのはなかなか難しいのかもしれません。
アニメ見てからでもいいと思います。是非、小説版「パプリカ」読んでみてください。

アニメのイメージがこびり付いちゃっていてなんですが、主人公「パプリカ」に関しての小説を読んでいた時のイメージはもうちょっと幼いイメージがありました。
ネタバレになっちゃうからあまりいいたくないんだけど、本当は大人の女性なんですけどね。

こんな女性、いないですかねぇ。。
いないか。

 - エンタメ, レビュー・レポート, 映画, 本・書籍 , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

転職活動をする暇があったらブログを書け

先日、「転職熱再び」といったような内容の記事を書きましたが、コメントにもあったよ …

no image
レベルが低いのは日本のメディアか日本人か?

日本は裕福な国だ。 ほぼ全ての人がテレビを見ることができ、インターネットも技術的 …

VR(ヴァーチャルリアリティ)ついに匂いの領域へ。「PlayStation VR」対応の外付け匂いデバイス「VAQSO VR」

このままVRが進化していくと、人間が人間でなくなってしまいそうで怖い。 VRスタ …

お惣菜バーが新しい「赤城おろし豚精肉店」(埼玉県北本市) (2011/8/30追記)

昨日に引き続き懐かしのグルメをお送りいたします。今回は8月2日行った「赤城おろし …

関東一の祇園「熊谷うちわ祭」2014まとめ(その4)

さて、二日目。二日目は歩行者天国が広がり、昼間から17号国道が歩行者天国となりま …

「テルマエ・ロマエ」で上戸彩さんが平たい顔族にしか思えなくなった

阿部寛さんや北村一輝さん、宍戸開さん、市村正親さんらが古代ローマ人を演じた「テル …

no image
消え行く老舗ソフト

ここのところ、老舗ソフトの開発終了や発売終了が続いている。

no image
年末スペシャル

年末スペシャルなイベント関連サイトを紹介

国内のブログ数はなんと1,690万(総務省調査)

省庁の発表したデータは宛てにならないという記事。 □総務省が発表した数字は本当に …

李明博(イミョンバク)韓国大統領の竹島上陸を受けて新大久保が過疎化しているらしい

何年か前に僕も行ったことあるのですが、あの頃が最盛期だったんでしょうかね? □& …