新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

WordPress(ワードプレス)に「パンくずリスト」を付けてみた #wp

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここのところ立て続けにWordPress関連の記事が続いていますがご察しの通りWordPress(ワードプレス)のサイトを作っている最中なんですね。
完成したらいずれ、当ブログでも紹介したいと思います。

今回はWordPress(ワードプレス)にパンくずリストを設置する方法です。

スポンサーリンク
 

まずは「パンくずリスト」って何?という人のために解説すると、今、どこにいるのかが一目でわかるリストのこと。
具体的には以下の赤で囲った部分になります。
パンくずリスト
via : パソコン購入アドバイスサービス | パソコンスクール(パソコン教室)のプロット・ファクトリー

つまり

TOP > カテゴリー > サブカテゴリー > コンテンツ

といったヤツのこと。
「パンくずリスト」っていうのは今、サイト内のどの階層のどのコンテンツを見ているのかが一目でわかる賢いやつなんです。

でも、賢いが故に逆に厄介でもあったりします。
というのは、ページごとに変わってくるから。

WordPressにはテーマというのがありまして、それぞれテンプレートの集まりでできています。
テンプレートというのはページが変わっても変わらない部分をひとまとめにしたもの。
これを各ページが読み込まれるたびに流用して使うというやり方をとっています。
ところが、パンくずリストは全ページで変わってきてしまうので単純にテンプレート化することができないんです。
しっかりとしたプログラムを書いてあげないといけない。

が、そこはインターネット、既に出来のいいWordPress用のパンくずリストプログラムを探してみるとありました。
今回は全面的にそちらの協力を得てしまいましょう。

  1. まずは以下のコードを該当のテーマ内(今回は「Twenty Ten」を使っています)のfunction.php末尾に書きます。
    □ パンくずリスト

    function breadcrumb($divOption = array(“id” => “breadcrumb”, “class” => “clearfix”)){
    global $post;
    $str =”;
    if(!is_home()&&!is_admin()){ /* !is_admin は管理ページ以外という条件分岐 */
    $tagAttribute = ”;
    foreach($divOption as $attrName => $attrValue){
    $tagAttribute .= sprintf(‘ %s=”%s”‘, $attrName, $attrValue);
    }
    $str.= ‘<div’. $tagAttribute .’>’;
    $str.= ‘<ul>’;
    $str.= ‘<li><a href=”‘. home_url() .’/”>HOME</a></li>’;
    $str.= ‘<li>&gt;</li>’;
     
    if(is_category()) { //カテゴリーのアーカイブページ
    $cat = get_queried_object();
    if($cat -> parent != 0){
    $ancestors = array_reverse(get_ancestors( $cat -> cat_ID, ‘category’ ));
    foreach($ancestors as $ancestor){
    $str.='<li><a href=”‘. get_category_link($ancestor) .'”>’. get_cat_name($ancestor) .'</a></li>’;
    $str.='<li>&gt;</li>’;
    }
    }
    $str.='<li>’. $cat -> name . ‘</li>’;
    } elseif(is_single()){ //ブログの個別記事ページ
    $categories = get_the_category($post->ID);
    $cat = $categories[0];
    if($cat -> parent != 0){
    $ancestors = array_reverse(get_ancestors( $cat -> cat_ID, ‘category’ ));
    foreach($ancestors as $ancestor){
    $str.='<li><a href=”‘. get_category_link($ancestor).'”>’. get_cat_name($ancestor). ‘</a></li>’;
    $str.='<li>&gt;</li>’;
    }
    }
    $str.='<li><a href=”‘. get_category_link($cat -> term_id). ‘”>’. $cat-> cat_name . ‘</a></li>’;
    $str.='<li>&gt;</li>’;
    $str.= ‘<li>’. $post -> post_title .'</li>’;
    } elseif(is_page()){ //固定ページ
    if($post -> post_parent != 0 ){
    $ancestors = array_reverse(get_post_ancestors( $post->ID ));
    foreach($ancestors as $ancestor){
    $str.='<li><a href=”‘. get_permalink($ancestor).'”>’. get_the_title($ancestor) .'</a></li>’;
    $str.='<li>&gt;</li>’;
    }
    }
    $str.= ‘<li>’. $post -> post_title .'</li>’;
    } elseif(is_date()){ //日付ベースのアーカイブページ
    if(get_query_var(‘day’) != 0){ //年別アーカイブ
    $str.='<li><a href=”‘. get_year_link(get_query_var(‘year’)). ‘”>’ . get_query_var(‘year’). ‘年</a></li>’;
    $str.='<li>&gt;</li>’;
    $str.='<li><a href=”‘. get_month_link(get_query_var(‘year’), get_query_var(‘monthnum’)). ‘”>’. get_query_var(‘monthnum’) .’月</a></li>’;
    $str.='<li>&gt;</li>’;
    $str.='<li>’. get_query_var(‘day’). ‘日</li>’;
    } elseif(get_query_var(‘monthnum’) != 0){ //月別アーカイブ
    $str.='<li><a href=”‘. get_year_link(get_query_var(‘year’)) .'”>’. get_query_var(‘year’) .’年</a></li>’;
    $str.='<li>&gt;</li>’;
    $str.='<li>’. get_query_var(‘monthnum’). ‘月</li>’;
    } else { //年別アーカイブ
    $str.='<li>’. get_query_var(‘year’) .’年</li>’;
    }
    } elseif(is_search()) { //検索結果表示ページ
    $str.='<li>「’. get_search_query() .’」で検索した結果</li>’;
    } elseif(is_author()){ //投稿者のアーカイブページ
    $str .='<li>投稿者 : ‘. get_the_author_meta(‘display_name’, get_query_var(‘author’)).'</li>’;
    } elseif(is_tag()){ //タグのアーカイブページ
    $str.='<li>タグ : ‘. single_tag_title( ” , false ). ‘</li>’;
    } elseif(is_attachment()){ //添付ファイルページ
    $str.= ‘<li>’. $post -> post_title .'</li>’;
    } elseif(is_404()){ //404 Not Found ページ
    $str.='<li>404 Not found</li>’;
    } else{ //その他
    $str.='<li>’. wp_title(”, true) .'</li>’;
    }
    $str.='</ul>’;
    $str.='</div>’;
    }
    echo $str;
    }

  2. 次に「パンくずリスト」を入れたいテンプレートの入れたい部分に以下のように書きます。
    □ パンくずリストを作ってみるとWordPress でのサイト構築のコツがつかめるかもしれない(コード 付き)

    <?php breadcrumb(); ?>

以上、とっても簡単でしたね。

via : [wordpress] パンくずリストをブログに設置する方法 | albatrus.com

 - CMS, WordPress, プログラミング, ユーザビリティ , ,

アドセンス広告メイン

Comment

  1. Tak より:

    はじめまして。
    php初心者です。参考にさせていただきました。
    質問ですが、HOMEの部分をサイトタイトルに変更するにはどうすれば良いでしょうか。
    また、アーカイブページの表示が0年となってしまいます。
    2013年6月のように表示させるにはどうすれば良いでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

携帯サイトの最大容量は5KB

全てのiモード対応ケータイで見れる携帯サイトの最大容量は5KB以下になります。 …

ワードプレス(WordPress)で「続きを読む」を実装する方法 #wp

ワードプレス(WordPress)にはもともと「続きを読む」ボタンを付ける機能が …

アマゾンアフィリエイトリンクツール4つ

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、先日より、アマゾンアフィリエイトリンクを …

no image
Google Maps API

Google Maps APIを使ってアクセスページを作りました。

コメント付き「いいね!」ボタンを確実に作る方法

5月以降、使えなくなる表記もあるというFacebookのいいね!ボタン。 □ F …

no image
携帯サイトでこれだけはやっておきたいこと

携帯サイトを作るうえで最低限これだけはやっておきたいことのメモ。 通常のサイトで …

携帯メールでFlickrに画像をアップする方法3つ

過去に携帯メールでFlickrを経由してTwitterに画像リンクを送信する方法 …

「twitter」vs「mixiボイス」【最終章】

twitterとmixiボイスの連動に関するトラブルに終止符が討たれた。かもしれ …

復活! 「twitter2mixi」。「Amebaなう」と同期

世の中何が起こるかわからないですからね。やらないよりはやる。やれば何かが起こる可 …

twitter(ツイッター)リストの正しい使い方

今まで、あまり活用していなかったtwitter(ツイッター)のリスト機能ですが、 …