新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

地下鉄無料Wi-Fiの第一歩。「MANTA(マンタ)」は15分間×5回アクセス可能

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つい最近、全区間でケータイが使えるようになった都営地下鉄とは対照的に、東京メトロではWi-Fi(公衆無線LAN)のサービスを展開しているようです。

□ 都営地下鉄の全区間で携帯電話サービスの利用が可能に! | 東京都交通局

□ 東京メトロ、公衆無線LANサービス『MANTA』をほぼ全駅で提供開始 – ガジェット通信

スポンサーリンク
 

今年の7月31日までは試験サービスとして行なっている「MANTA(マンタ)」というこのサービスは、
専用アプリをインストールすることで1回15分間以内のアクセスを1日5回まで無料で利用できるというものです。
アプリが必要ということでどこまでできるのかが読めませんが、時間指定があるためにブログを書いたりネットサーフィン等には使うことは無理そうな気がします。
そもそも、アプリがスマートフォン対応(Androidアプリ及びiPhoneアプリ)ということなのでパソコンで接続するのは技術的には無理ではないにしてもちょっと難しそうですね。
ただ、そういったサービスが試験として執り行われるのはこれはいい事だと思います。

以下、記事引用。

東京メトロとNTT BPは4月1日、東京メトロの公衆無線LANサービス『MANTA』を同日より東京メトロの(ほぼ)全駅で開始したと発表しました。
『MANTA』は東京メトロの無線LANを活用した情報配信サービス。専用アプリをインストールすることで、無料のインターネットアクセス(1回のアクセスは15分以内、1日5回まで利用可能)はもちろん、最新情報や滞在駅に関する情報が配信されています。今年2月14日より一部の駅で試験提供されていましたが、昨日4月1日より他社運営の4駅(和光市駅、目黒駅、日比谷線北千住駅、副都心線渋谷駅)を除く全駅で開始されました。当初の予定通り2013年7月31日までは試験サービスとして提供されます。
『MANTA』のSSIDは「Metro_Free_Wi-Fi」で、専用アプリ『MANTA』(Google Playストア)をインストールすることで利用できるようになります。対応機種はAndroid 2.3以上(Honeyocomb以外)/iOS 5.1以上を搭載したスマートフォン(タブレットは動作保証外となっています)。

そういえば、以前は地下鉄ではケータイは使えないなんて言われていた時期がありましたねぇ。。
あれは、何だったんでしょうか? 

 - ユーザビリティ, 告知・紹介・ニュース

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

深谷市市議会議員の「ミルクおやじ」氏とはどんな人?

深谷市議会議員選挙にて見事当選された「ミルクおやじ」氏とは誰なのか?気になったの …

埼玉県熊谷市のカラオケスナック「居酒屋風スナック夕子」お客様の声

今までも何度か紹介させていただいた「居酒屋風スナック夕子」ですが、結構、色々なお …

え? Evernoteも? ケータイ対応「Evernote for i-mode」

i-modeってことなのでdocomoケータイしか対応してなさそうですが、なんと …

no image
当ブログをリンクさせて頂いたサイト(常時更新)

相互リンク用のページです。常時更新されます。

剛力彩芽さんツイッター(Twitter)を始める【本物】

以前、偽物が逮捕されたとおもいきやネタだったという話をした剛力彩芽さんですが、な …

年内にスマホ(スマートフォン)でテレビが見れるようになる(サイマルテレビ)

【注意】サイマル放送ではなく専用機からの転送みたいです。以下、記事はそのままにさ …

no image
あなたのほしい物はみんなに知られているかもしれない

アマゾン「自分がほしい物リスト」 全部公開されて大騒動(J-CASTニュース) …

ドメインはどこまで長くできるのか?

当ブログのタイトルはちょっと長い。 実は、ブログ界の「こち亀」を目指している。な …

LINE電話の発信元、docomo(ドコモ)は非通知、AU、ソフトバンクはスマホ(スマートフォン)の番号

気になっていたLINE電話の相手先に通知される(発信元通知の)電話番号が分かりま …

あなたの会社はあった? 過去10年トータルで赤字だった会社

あっという間に2000年代も10年以上経ってしまいましたね。 ノストラダムスの大 …