新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「当選なう」は選挙違反?もう、そんな馬鹿な法律(公職選挙法)改正しよう

      2015/01/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎回毎回選挙のたびに何バカなことやってんだと悲しくなりますが、またまたニュースになってます。
ちなみにタイトルに使わせていただいた「当選なう(当選確実なう)」は2009年の衆院選で逢坂誠二氏がつぶやいて話題になったツイートから拝借してきました。

□ つぶやけば選挙違反? ツイッターでの「当選御礼」公職選挙法違反の可能性 – 政治・社会 – ZAKZAK

山井氏は《京都6区の小選挙区で何とか当選することができました。有難うございました》、松井氏は《結果が出ました。国民の皆様、お世話になりました。感謝》とそれぞれ綴った。
こうしたインターネット上での「当選御礼」は公職選挙法に抵触する疑いがある。

実はですね。
当選はできなかったのですが僕が支持していた候補者の方からも直接ではありませんがツイッターでお礼いただきました。
その時はチラッと「公職選挙法」の文字がよぎりましたがやはり抵触する可能性があったようです。

あ~あ。

スポンサーリンク
 

同法第178条では、「選挙期日後のあいさつ行為の制限」が規定され、その中で選挙結果について、立候補する者が有権者にお礼を書いた「文書図画」を頒布し掲示することを禁じている。

とのこと。
「お礼」というところがポイントのようで、表題の「当選なう」は問題ないようです。

で、そこを理解している候補者は以下のようにつぶやいています。

東京4区で当選した平将明氏(45)=自民=は、《当選しました》とつぶやいた上で、《ネットで当選御礼は公職選挙法違反の恐れがあるので、ご無礼します》と続けた。

でも、なんでお礼言っちゃダメなの?
っていうか、今日あたりも熊谷駅では「共産党」の方が、浦和駅では「みんなの党」の方が通勤時にあわせ、わざわざ駅前まで来てお礼言ってたんだけど。。
どちらも当選できなかった方なので問題なしかのか?
(注:言ってもいいんです。書いちゃダメなんです。)

なんだか、わけわからん糞法律結構ありますね。
自民党政権になって憲法改正の流れになっていきそうですが、もう、こうなったらいっそのこと何から何まで変えちゃってください。
公職選挙法もそうですが一票の格差が云々とかよく言われている選挙制度も変えたほうがいいと思います。

ただし、戦争だけはいけません。そこだけはくれぐれもよろしくお願いいたします。

 - コラム, 未分類

アドセンス広告メイン

Comment

  1. 異端乃月 より:

    選挙違反がドーって話ぢゃないんだけぼね…。
    うんうん!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Facebookで話題の計算式。この問題、解けますか?

時々、Facebookやツイッターなんかでこういった問題がバズることありますね。 …

「今年の新語2016」大賞は「ほぼほぼ」。ほぼほぼ予想通りだった

毎年、流行語大賞(新語・流行語大賞)は扱っていましたがこういうのがあったのは知り …

そろそろネタ切れ?今年の漢字も「金」。前回オリンピックの年も金だった

今年の漢字が発表されましたね。 なんでも、リオデジャネイロ五輪にちなんで「金」だ …

一番不幸な40代が一番頑張らなければならない

40代は一番不幸だという。 □ 最も不幸な年齢層は40代前後であること …

これは貴重。原発工事の現場監督が語る原子力発電所の真実

原発建設に一番近い人が原子力発電所の真実について語っています。実はすでに癌で亡く …

no image
やっぱりこちらも。Googleのギター型ロゴ無期限で公開

パックマンもそうでした。いまだにこちらで遊べますね。 先日、ロックの日に公開され …

「ゆうちょ銀行」の振り込み先は支店名が漢数字でよくわからない

なぜ、ゆうちょ銀行だけが他の銀行と仕様が違うんでしょうね。 まずは、ゆうちょ銀行 …

やはり金は人の心を荒らす。現金バラまき社会実験「Hidden Cash」で公園破壊

以前紹介した「@Hidden Cash」に置いてトラブルが発生していたようです。 …

「4月バカ」ネタで書いた8.6秒バズーカー「ラッスンゴレライ」原爆陰謀説がマジの様子

エイプリルフールネタで書いた8.6秒バズーカーネタがひょっとしたら本当かもしれな …

no image
「TechCrunch」が色々なものを殺しちゃってて面白い

ちょっと前の記事なのだが「TechCrunch」が色々なものを終了させてしまって …