新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

三波春夫「お客様は神様です」の功罪

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

固有名詞に「さん」をつける基準ってどこにあるんでしょうね?
故人や有名人(ことお笑い芸人)には付けないことも多い気がします。
今回タイトルに三波春夫さんを使うに当たって「さん」や「氏」をつけたほうがいいのかなぁとも考えましたが既に故人でもありますしタイトルにつき敬称略させていただきました。

【PR】
歌芸の天地―歌謡曲の源流を辿る (PHP文庫)歌芸の天地―歌謡曲の源流を辿る (PHP文庫)
著者:三波 春夫
販売元:PHP研究所
発売日:2001-07
レビューを見る

それでもお客様は神様ですか?―電器売場店員のクレーム日記
それでもお客様は神様ですか?―電器売場店員のクレーム日記
著者:青木 詠一
販売元:大和書房
発売日:2004-01
おすすめ度:4.5
レビューを見る

サービス発展途上国日本―“お客様は神様です”の勘違いが、日本を駄目にする
サービス発展途上国日本―“お客様は神様です”の勘違いが、日本を駄目にする
著者:奥谷 啓介
販売元:オータパブリケイションズ
発売日:2009-05
おすすめ度:4.5
レビューを見る

スポンサーリンク
 

三波春夫さんといえば「お客様は神様です」といった言葉が有名です。
この言葉が最近ネットで取り上げられ、ブラック企業を生み出した元凶であるという話になりかけています。
はてには、今の日本の破綻を招いた言葉の一つであるという話にもなりかねません。

いまさらこの話が出たのは、テレビで放送した「餃子の王将」の新人研修が惨いってのが発端になっているみたいです。
番組内で「お客様は神様です」という言葉でも使われていたのでしょうか?
 「餃子の王将」の新人研修ブラック杉ワロタ│ニュース2ちゃんねる

で、「お客様は神様」問題。
以下の2ちゃんねるまとめブログにうまくまとめられています。
□ 暇人\(^o^)/速報 : 【お客様は神様だ!】なぜ、日本では客が神なのか – livedoor Blog(ブログ)

三波春夫と勘違いした偽善経営者のせいで馬鹿野郎が量産されることになった

うーむ。言われちゃってますね。
まあ、通常は対等であるはずの顧客と企業の立場のバランスが崩れ、顧客側が異様に強いのが今の日本であって、だからこそブラック企業ができあがり、それが社会悪となってはびこっているということでしょう。
なるほど、確かです。

クレーマーとサービス料の問題も語られています。
サービスがいいのは当たり前、「俺は客だぞ!」を決まり文句に好き放題。
海外ではサービスがいいとチップをわたすという文化もあるくらいですね。
日本にはモノにしかお金は払わない。サービスに対してお金を払うという文化がないのかもしれません。
当社でも印刷物(色のついた紙)に対してのお金はしっかり取っているのにデザイン料、企画料等になると、顧客以前に営業が渋るんです。そういうお金を取るってことがある意味信じられない人もいるくらい。

ここでちょっとした問題発言を。
売春を合法化しちゃってはどうでしょう?
あれはまさにサービスを売っているわけですから、「売春合法化」=「サービス料」の一般化に繋がらないですかねぇ?
いやいや、買っている人は女性を使い捨てのモノ程度にしか考えていないのかもしれません。
仮に僕だったら会話などでその人との人間味あふれるふれあいなんかも楽しみたいと思いますが。。

あと、もうひとつ感じたのは「お金」に対する価値観の問題。
お金に価値基準を置いているからお金を払った方が「神」になってしまう。
勘違いしないように、お金なんて単なる紙切れです。
価値があるのはサービス、技術、製品(商品)です。

僕の意見をまとめるとこんな感じかな。

  • 顧客と企業は対等。決してお客様は神様ではありません。
  • お金に価値はない。ただの紙切れである。
  • 価値があるのはサービス、技術、製品。

Tumblrでクリッピングさせていただいたこの言葉がすべてを解決に導いてくれるかもしれない。
のりさんぶらー, 別に経営者(だけ)が悪いんじゃない 経営者だけ見たら日本の経営者の取り分は大企業でもきわめて低い …

高労働の主犯は日本の消費者(≒労働者)だよ
お客様は神様という消費者の気持ちが自分が労働者の時の首を閉めてる

なんでもそうですがつまりは自分に返ってくるってことです。
子どもの頃から何度となくいわれていることにも関わらず、これを理解出来ていない大人の何たる多いことか!

それから、最後に三波春夫さん側の「お客様は神様です」のついての意見です。
これだけ社会問題化されちゃうとさすがに真意を語っておかないとですものね。
□ 「お客様は神様です」について

三波春夫にとっての「お客様」とは、聴衆・オーディエンスのことです。客席にいらっしゃるお客様とステージに立つ演者、という形の中から生まれたフレーズです。三波が言う「お客様」は、商店や飲食店などのお客様のことではないのです。

 - 未分類

アドセンス広告メイン

Comment

  1. 稼頭央 より:

     『三波が言う「お客様」は、聴衆・オーディエンスのことで、商店や飲食店などのお客様のことではないのです。』と引用致しましたが、大変に誤解を招きかねないフレーズであるし、私自身も誤解しました。聴衆・オーディエンスの中にもモンスターのようなモラルの悪い悪質客もいるかもしれません。三波が発言した「お客様は神様」とは、何とも後世に悪弊(=具体的に言えば悪質でモラルの悪く、筋違いなクレームを主張するモンスター客を増長させて蔓延らせた弊害)を招いた問題発言として決して褒められるものではありません。
     札幌のタクシーで、後部客席から運転席を蹴っ飛ばしてパネルボードを壊した挙句に運賃990円を払わずに倒したような悪質客でも、決して「お客様は神様」と言えるでしょうか?この言葉が何時何処で誰にでも常に通用すると言えるのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
今度は「GREE」と「ひろゆき」がターゲット。この国ではイノベーションは起こらない

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。出る杭は打たれるこの国では平々 …

no image
つぶやけばソフトバンクの電波が改善するかもしれない

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今までも何度かつぶやいていたソ …

一番不幸な40代が一番頑張らなければならない

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。40代は一番不幸だという。 □ …

ライブセンスのジョブナビ(JobNavi)は手の込んだリクルート詐欺?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。リブセンスのジョブセンスが今、 …

1日最大500円の駐車場(コインパーキング)、5日間とめたら8700円の謎

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これは普通1日500円&#10 …

no image
そろそろ人がいらなくなりはじめた【今週のトピック】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。グーグルが人のいない自動車を走 …

洒落にならない「児童ポルノ」。我が子の裸でも注意が必要

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。児童ポルノが話題になっていて、 …

「美味しんぼ」で話題。放射線(放射能)の低線量被曝で鼻血が出るのは本当

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。まあ、でも鼻血が出るだけです。 …

no image
ワンセグとは何のこと?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いまさらながらワンセグって言葉 …

「火の鳥」「ブラック・ジャック」「ブッダ」が無料。Yahoo!ブックストアをダウンロード!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。手塚治虫さんの名作、「火の鳥」 …