新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

マジ、氷河期突入か? 太陽に異変。黒点が少なく地場転換が行われていない模様

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も寒いですね。
熊谷では本日、雪が降りました。

雪、降ってきちゃったね。

スポンサーリンク
 

覚えているでしょうか?
昨シーズン(今年2月)、熊谷市ではくまがやドームの屋根が抜けるほどの大雪がありました。
□ 60年に1度が一週間に2度。埼玉県熊谷市でまた積雪が30cmを超える(追記:最深積雪62cm) | ちほちゅう

ちなみに被害にあった「くまがやドーム」ですが、今現在もこの状態です。
吉と出るか凶と出るか、おそらく今シーズン中放置のくまがやドーム

ぶっちゃけ放置されている「くまがやドーム」ですが、これはこれでいいのではというのが自分の意見。
というのは、今シーズンもおそらく昨シーズン並みの降雪を記録するんじゃないかと思っているからです。
つまり、修理したところでまた抜けるなんてことが起きてしまうのではないかと。
(もっとも、修理するなら同じことが起きても耐えられるだけのかたちにするでしょうけど)

なぜそう思うのかはこの辺り。
□ 太陽元気なし 寒冷化予兆 11年周期の磁場転換起きず、黒点も最少(1/2ページ) – 産経ニュース

今後、太陽は活動の低調期に入り、併せて地球も寒冷化すると指摘する専門家もいる。

このところ太陽の元気が無いそうです。
具体的には黒点が異常に少なかったり、11年周期で訪れる地場転換が起きていなかったりという状態だそうです。

上記記事では以下のようにも触れています。

観測史上例がない「太陽の磁極の4極化」という異常現象さえ起きている。
(中略)「生存している科学者で、これほど弱い太陽周期(活動)を目にしたことがある人はいない」と指摘する。
(中略)今年と似た現象は17世紀にも起きている。その時は約70年間にわたって黒点がほとんど出現せず、地球は寒冷化した。記録によれば、当時、ロンドンのテムズ川では冬にスケートが楽しめたといい、日本でも京都のサクラの開花が極端に遅れていたことが文献によって分かっている。

とのこと。

個人的には先ほどの記事内でもちょこっと触れてますが、地球は徐々に寒冷化し、氷河期に突入する可能性もあるのではないかと思っています。
これは意外とマジなんじゃないかと。
ただし、時間が進むのが遅すぎて危機感を感じないだけなんじゃないかと。

つまり、何代か先の子孫の時代にはかつて恐竜を滅ぼした可能性のある氷河期が訪れるのではないか。
これは、過去の歴史をたどると自明の事実でもあるわけですね。
□ 氷河期 – Wikipedia

ですから、それまでに人類はそれを乗り越えるだけのエネルギーと技術、知識を身につけなければならない。
大袈裟に言うならば、場合によっては地球を出ることも想定していかないといけないのではないかと思うわけです。
もっとも、そこまで行くにはかなり長い期間が必要ではあるとは思いますが。。

話が飛躍しちゃってると思うかもしれませんが、あまりにも先の話なので現実味がないだけ。
後世に住みやすい地球を残していきたいと考えたらやはり、エネルギー問題って重要なんですよね。

マクロな視点から現実的な視点に切り替えると、先日行われた衆議院議員総選挙で与党が大勝したことが気がかりです。
これはある意味、原発再稼働、そして戦争のできる日本へという流れを国民が承認してしまったということになります。
果たしてこれが後世のためになるのか?

まあ、所詮人間なんてのはそんなものなのかもしれません。
形あるものは必ず滅ぶ。こうして、人類は間違った道を歩み、滅んでいくのでしょうか。
(書いている自分でも飛躍しすぎてる感は否めませんが、可能性としてありえない話ではないと思います。)

 - コラム , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「梅田悟」容疑者はなぜAKB48の「川栄李奈」さんと「入山杏奈」さんを襲ったのか?(追記あり)

昨日夕方、AKB48のビジネスモデルをも揺るがしかねない事件が起こりました。AK …

INGRESS(イングレス)は一人でやるゲームじゃない。1回のJARVISウイルスを使った反転とCOMMを使った呼びかけで豊洲の海が緑化

これ、ひょっとしたら本当はたまたまだったのかもしれませんが、ちょっと気分が良かっ …

イスラム過激派 vs アノニマス、デジタルはアナログに勝てるのか?

フランスの風刺雑誌「シャルリーエブド」の出版社がイスラム過激派に襲撃されました。 …

no image
今の日本で原発再稼働なんてありえない。真実は海外からやってくる

オウム真理教なんていうとんでもない宗教団体がありましたが、宗教は時にはなにか間違 …

イングレス(INGRESS)がツイッターと連携できるようになる? Googleのサービス利用にGoogle+アカウントが必要なくなる

Googleの各サービスの足かせとなってしまっている感が否めない、Google+ …

やはりApple(アップル)はスティーブ・ジョブスがいないとダメなのか?

Appleの株が急落というニュース。 企業の規模が大きいのでとんでもない額が飛ん …

マイクロソフトのAI(人工頭脳)「Tay」、たった1日で不良化、そして公開終了

マイクロソフトが公開した学習型人工知能会話ボットがとんでもないことになってしまっ …

女性より男性の方が脳が大きく知能指数(IQ)が高い(オランダエラスムス大学)

まあ、女性はそれ以上の力を持っていますからねぇ。。 IQとか脳の大きさとかあまり …

「今年の新語2016」大賞は「ほぼほぼ」。ほぼほぼ予想通りだった

毎年、流行語大賞(新語・流行語大賞)は扱っていましたがこういうのがあったのは知り …

楽な仕事はありません。夢の大手証券会社で心が病んでしまった人のリアルな声

大手証券会社「野村證券」に勤めていて心が病んでしまい、実際、辞めた方の記事があり …