新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

Twitter(ツイッター)人気ハッシュタグランキング

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

ツイッター(Twitter)の人気ハッシュタグランキングというのが発表されています。

□ ツイッター、人気ハッシュタグランキング発表 「日本語ハッシュタグは長い」 (1/1):MarkeZine(マーケジン)

スポンサーリンク
 

まずは英語ハッシュタグから。

1位 #nowplaying 聞いている音楽
2位 #nicovideo ニコニコ動画
3位 #followmejp フォロー関連
4位 #theinterviews The interviews
5位 #sougofollow フォロー関連
6位 #tigerbunny タイガー&バニー
7位 #agqr 文化放送デジタルラジオ
8位 #followme フォロー関連
9位 #nhk NHK
10位 #30thou 自己管理ツール

この中で僕も日常的に使っているのは1位の「#nowplaying」。
Now Playing Friends」を使っていて、時たま聞いている音楽をツイートするのでその時に付くハッシュタグです。
他、3位に入った「#followmejp」は過去に使っていたことがあります。
これはみんなから積極的にフォローしてもらうときに使うハッシュタグ(日本版)です。
まだ残っていたのですね。しかも上位。

次に日本語ハッシュタグ。なぜが長いのが特徴。

1位 #好きな映画の特徴を3つ言って当ててもらう
2位 #きっとフォロワさんがヒトコト紹介rtしてくれる
3位 #分かる人には懐かしいものを挙げてみる
4位 #タイトルを100倍にすると盛り上がる
5位 #名を明かさずフォロワーさん紹介
6位 #なでしこ
7位 #ゲームのトラウマ
8位 #このアニメ知ってる人がrtしてくれる
9位 #その筋の人を確実に怒らせる一言
10位 #甲子園

さすが日本人一筋縄ではいきません。
ハッシュタグ自体をお題や質問にしてしまい、共通認識としてハッシュタグにしてしまう。
単語ごとにスペースのない日本語だからこそ出来る技でもありますけどね。
ちなみに、この中に僕が使ったことのあるハッシュタグは一つもありませんでした。

そういえば過去に「日本語ハッシュタグが大変なことになっていた」という記事を書きました。
この時はRTを絡めてくる新しいハッシュタグの使い方に感心しながらもちょっとひいてしまう部分もありました。
今回のランキングに全く同じハッシュタグはありませんでしたが2位、5位あたりに似たような臭いを感じます。
にしても、こうしてランキング上位に入ってきているところを見ると、こういった使い方もメジャーになりつつあるようです。
僕もたまにはやってみようかなぁ。。

 - SEO・SEM, ツイッター(Twitter), マーケティング ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2012年8月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今年の夏は(今年の夏も)暑かっ …

パケット定額制はメールにも適応されるよね?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。このニュースを見て、ふと疑問に …

ツイッターは公職選挙法違反の対象(7/30追記)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。衆議院が解散し、8月30日に総 …

最近のバカ発見器、「バカッター」別名ツイッターの業績

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここのところ従業員アルバイトが …

ツイッターの名前を「アドセンスクリックお願いします」にするとアフィブログに絶対転載されない

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これは目から鱗。かつ、注意しな …

ツイッター(Twitter)でバカ発見器(バカッター)に見つからないための8カ条

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ツイッター(Twitter)始 …

ツイッター(Twitter)のUIがリニューアル。ハッシュタグが前面に?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。昨日よりツイッターがデザインリ …

AD-Butterfly(アドバタフライ)終了のお知らせ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ずいぶん前に見切りをつけていた …

no image
2011年10月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。完全にプライベートな話で申し訳 …

謎のランディングページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。一時期、ある一つの記事でこのブ …