新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

思ったより日本経済新聞電子版が売れている

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

□ 日経電子版、有料会員7万人超え 「日本で電子版が離陸期に」 – ITmedia News

日本経済新聞 電子版の有料会員数が7月7日に7万人を超えた。無料会員を含めた登録会員数は44万人という。

パートナー

スポンサーリンク
 

7月7日に7万なんて非常におめでたい。
7万人がどれほどのものかというと、仮に7万人全員が本誌を購読している人だと仮定すると、
+1000円で電子版がフルに使えるので7万×1000円=7000万円が毎月入ってくることになる。
本誌を購読していない人の場合4000円となるので実際はもっと入ってきていることだろう。
大きいのはこれが全部プラスだということ。
もちろん、電子版にかかわる人件費もあるだろうから一概には言えないかもしれないがこの数字を見ればこのビジネスモデルもひとまず成功したといっていいのではないか?
さすが新聞の底力を感じる出来事だ。 

一方でリンク問題なんてのも日経電子版にはあったりする。
□ ASCII.jp:新聞社が「無断リンク」を禁止する3つの理由|編集者の眼
日経新聞の場合はリンクを張る場合は連絡をしないといけない。
引用、転載ではなくリンクである。
面倒くさい。

でも、リンクを張られるとやっぱりうれしいらしい。
のりさんぶらー, いち早く報道した日本経済新聞電子版の記事はミニブログ「Twitter(ツイッター)」などを通じて瞬く間…

いち早く報道した日本経済新聞電子版の記事はミニブログ「Twitter(ツイッター)」などを通じて瞬く間にユーザーに広まり、大きな反響を呼んだ。
ドコモ社長「全機種SIMロック解除」宣言の衝撃 :日本経済新聞
日経新聞はリンク禁止なのかリンク歓迎なのかどっちなんだろう?
(via otsune) (via tomine) (via mtakeshi) (via mynote0)
あはは。それでもTwitterで広がるとうれしいんだ。
(via nakano) (via ssbt) (via oosawatechnica)

これに対しての僕の考えだが、
このあたり、ある意味新聞社のブランディング戦略でないかとすら思える。
そういう硬いところなんだよという姿を見せ続けることで新聞に対する信頼度を保っているのではないか?
だからこそ、1000円(もしくは4000円)でも電子版が7万人もの多くのユーザーを獲得できたのではないか。
そう、思えるのであった。

 - マーケティング, 印刷・DTP

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ツイートでPontaポイントが貯まる。自由なツイッターも資本主義に変わる?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。もう、既にソエンドなんてサービ …

mixi(ミクシィ)、mixiページに引き続きmixiコミュニティも一部オープン、検索にヒットする様に

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。笠原さんが社長を退いたmixi …

Facebook(フェイスブック)で一度シェアした情報を書き換える方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、感動逸話をパクり、「いい …

2012年ヒット商品ベスト30、1位東京スカイツリー、2位LINE

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「日経トレンディ」が、「年間ヒ …

no image
印刷営業は身体じゃなくて頭を動かせ!!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こちらのブログを興味深く読ませ …

no image
2010年10月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。10月は9月に伸びたPVを安定 …

これからの音楽購入のカタチ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ま、進んでいる人はとっくにやっ …

no image
2011年10月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。完全にプライベートな話で申し訳 …

no image
2012年1月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前の実績から12月PVが落ち …

ブログで紹介された商品は売れる!いいものはどんどん紹介していこう

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。完全な職業ブロガーというわけで …