新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「SQLインジェクション」とはどんな意味?

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

これは、Webサーバーへの攻撃方法ですね。そこまでは分かります。
でも、どういった方法でどういった攻撃をするのか? そして、どうやったら防げるのかは分かりません。
そこで、調べてみました。

【改訂第3版】 SQLポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)【改訂第3版】 SQLポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)
著者:朝井 淳
販売元:技術評論社
発売日:2009-04-29
おすすめ度:5.0
レビューを見る

スポンサーリンク
 

その前にSQL(エスキューエル、シークェル)とは何ぞや?
これは、データベースとデータをやる取りする際の言語だと思っておけば問題ないでしょう。

SQLインジェクション – Wikipedia

アプリケーションが想定しないSQL文を実行させることにより、データベースシステムを不正に操作する攻撃方法(中略)
アプリケーションが入力値を適切にエスケープしないままSQL中に展開することで発生する。(中略)
入力値を適切にエスケープすることで防ぐことができる。

と、Wikipediaだけで解決してしまいました。

つまり、入力値にエスケープ文字を含めた「’ OR ‘t’ = ‘t」なんて文字列を入れると「’t’ = ‘t’」が抽出条件となるため全レコードが選択されてしまう。
と、こういった攻撃方法らしい。
ただ、これだけで何ができるのかは不明。

そこで、もうちょっとだけ調べてみる。

今夜分かるSQLインジェクション対策 - @IT

フォームから渡された値の特殊文字をエスケープしたり、PHPのmagic_quotes_gpcといった自動エスケープ機能をオンにするだけで対策したつもりになっていないだろうか。

さっきまで思ってました。

 フォームに入力可能な部分だけが対策個所ではない。不正な入力の可能性を考える必要があるのは、GETやPOSTなどのクエリーやCookieの値、 HTTPヘッダなど、HTTP経由で送られてくるもの“すべて”と、それに加えてデータベースやファイルなどに保存されたデータを呼び出す際にも対策を怠ってはならない。ここに問題があると、セカンドオーダーSQLインジェクションと呼ばれる脆弱性を持つことになる。

要するに徹底的に「入力値」をチェックし、適切にエスケープする必要があるということでしょう。
さもないと、セカンドオーダーSQLインジェクションと呼ばれる脆弱性を持ってしまうとのこと。

こちらの記事では、さらに「シングルクォーテーションと絡まないSQLインジェクション」や「マルチバイト文字の問題」等を上げ、最後に対策を示しています。これはうれしい。
が、あまりにも専門的すぎるのでここでは割愛させていただきます。

ポイントとなるのはデータベースに送る「入力値」です。
「入力値」に「不正な文字列」を使うことでアプリケーションに誤動作を起こさせるのが「SQLインジェクション」ということになります。

近頃、SQLインジェクションによるウェブサイト攻撃が流行っているようです。
注意しましょう。
SQLインジェクションによるウェブサイト攻撃が急増、IPAが対策を呼びかけ:ニュース – CNET Japan

 - サーバー・ネットワーク, セキュリティ

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

アメブロでメール投稿の設定をしたケータイメールにスパムが届くようになった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。生徒さんのアメブロ(Ameba …

ルーターをブリッジとして使うときの注意点(6/17修正)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。会社に無線対応のルーターが導入 …

FTP情報を盗み取る恐怖のガンブラー(Gumblar)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。かつてトピックでJR東日本のウ …

ネットワークのトラフィック状況を確認するコマンド

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日pingを紹介しましたがそ …

ツイッター(Twitter)で個人情報を収集する新しい手口

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。個人アカウントではフォローする …

no image
iモードフィルタはホワイトリスト方式?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。子どもがどうしてもGREEをや …

no image
恐怖のgoggle.com

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。googleじゃありません。g …

SNS(ソーシャルネットワーク)を使用する上で注意をすべきたった2つのポイント

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。スマホの情報漏洩は免れない旨、 …

HTML5は穴だらけ。まだまだ使うのはちと怖い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。HTML5に50件ものセキュリ …

一応やっておこう。LINE(ライン)が「PINコード」による2重認証を開始

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。一連のアカウント乗っ取り事件を …

血液型オヤジ