新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

中国人は間違い電話に対してひどく怒るらしい

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

この前、ケータイに見ず知らずの番号からコールがあり、出てみると間違い電話だった。
僕はあまり間違い電話に対して怒るほうじゃないので「はいそうですか」で終わったのだが、そのときその場にいた人に聞いた話では、中国人は間違い電話にひどく怒るらしい。
で、その理由なんだが、

怒りのセルフコントロール怒りのセルフコントロール
著者:レッドフォード ウィリアムズ
販売元:創元社
発売日:1995-05
おすすめ度:4.5
レビューを見る

スポンサーリンク
 

中国人が間違い電話にひどく怒る理由

中国ではケータイの通話料金が日本と違い、かけたほうだけではなく、かけられた相手からも徴収されるそうなのだ。

中国の携帯課金方法 – 中国株香港市場

日本では、電話をかけた人がお金の支払いを行う「発信者単方向課金」がとられていますが、中国では電話をかけた側と取った側が双方に支払いを行う「双方向課金」となっています。

で、この記事なんだがいつ(何年)の記事か書いていない。
そこでさらに調べてみると以下のような記事も見つけた。

中国の携帯電話は双方向課金なのか単方向課金なのか?

携帯番号の高値取引が再び加熱、単方向課金の影響か 【CBM-ch】 | アウンコンサルティング

中国の携帯電話は従来、発信側と受信側の双方に課金される「双方向課金方式」だった。しかしユーザーからの不満に動かされる形で、発信側だけが課金対象となる単方向課金サービスがスタート。

こちらの記事には「2007/07/03」としっかり日付が入っていた。
つまり、現在は単方向課金になっていると言うのが実情らしい。

世界的には双方向課金が多い?

ところが、最初に紹介した記事にもあるが、日本のように発信者のみ料金を取られる国は逆に珍しいらしい。
移動体通信 – Wikipedia

携帯電話の音声通話・回線交換データ通信の場合、世界的には双方向課金が主流で、日本は発信者単方向課金である。

そこで、アメリカはどうなのか調べてみた。
アメリカ携帯電話の特徴4 -アメリカの課金システム- – アメリカ携帯電話 HanaCellの日記~アメリカの携帯電話を中心に、米国や英国の情報をお届けします~

アメリカでは、携帯電話を受信すると、受信者に通話料金がかかります。つまり、日本や英国では「携帯電話にかかる費用を発信者が全て負担する」方式を採用しており、アメリカでは「発信者も受信者も費用を負担する」という方式をとっています。

こちらの記事の日付は「2009-06-08」となっているのでアメリカは双方向課金で間違いないようだ。

有名ブロガーのちきりんさんも言っていますが「日付」って大切。
はてなで書き始めた理由 – Chikirinの日記

「日付をこんなに大事に思っている人も世の中にはいる」

中国人が間違い電話にひどく怒る理由は課金方法にはない

なんにしても、もし「中国人は間違い電話にひどく怒る」と思っている方がいるとしたら、それは課金方法の違いが原因ではないということです。
もしかすると、当事(双方向課金だった時代)の癖が抜け切れてないのかもしれませんねぇ。

 - レビュー・レポート, 雑談

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

富士山、軍艦島等、Googleストリートビューがますます充実

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近、Googleストリートビ …

「メール便」と「定形外郵便」。どっちが安い?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。当ブログの「今日からはじめるラ …

no image
横になりながらネットブックをいじっていたらiPadが欲しくなった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ネットブックはベッドで横になり …

no image
ネットの不思議話02 ヤフオクにあった変なモノ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。01は、6月21日にやってます …

no image
「WEP」に加えて「WPA」までも解読か?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんやらパッと見わけわからんタ …

no image
【ドキュメンタリー】リクルートエージェントで転職05

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。さて、今回はリクルートエージェ …

「桃の天然水」CMの呪いがローラにもという噂

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「JT(日本たばこ産業株式会社 …

元ライブドア社長がライブドアブログを批判

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。元ライブドア社長といったらホリ …

ネットメディアが間違いを犯さない理由

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、「日本メディアがまっぷた …

no image
サーバー機がほしい。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。実は、うちにはサーバー専用マシ …