新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

次のバブルは環境(CO2)

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

池田先生の意見が僕の意見と一緒だったので記事にしてしまいました。
以前、池田先生の「バブルはまた必ずやってくる」を読んで以来、次は何のバブルが起こるんだろうと期待に胸を膨らませているのですが、やっぱり環境関係かなぁと思ってます。
アメリカではオバマ大統領がグリーンニューディールを謳っていますし、CO2排出権を売買する(排出権取引)なんていう話も聞いたりします。
そこで真っ先に思いついたのが「環境バブル」というわけです。

グリーン革命 – 池田信夫 blog

バブルの生まれようとしているとき「これはバブルだ」というとバカ扱いされるが、あえてやると、私は環境が次のバブルだと思う。

スポンサーリンク
 

バカだと言われることを覚悟にもうちょっと掘り下げてみます。

まず真っ先に思いつくのが「CO2バブル」。
CO2排出権がどんどん高くなっていくのではないか?
次に思いつくのが各種燃料。
電気を中心に省エネ燃料がどんどん高くなっていくのではないか?
たとえば「太陽光発電システム」や現在法律で販売が禁止されている「ガイアックス」はじめ「高濃度アルコール燃料」や「バイオガソリン」等
また、発電システムに関しては発電により得た「電力バブル」も考えられる。
身近なところでは「エコグッズバブル」。
なんだかわからんエコグッズを売って大もうけする人が出てくるかもしれない。

なんて、100年に1度の不況時に前向きな夢を語ってみた。
そんな夢物語も描きながら日々精進して行かなければならないのが現実だが。。

グリーン革命(上)グリーン革命(上)
著者:トーマス・フリードマン
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03-20
おすすめ度:4.0
レビューを見る

 - 会社経営, 雑談

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ページランク「4」は50万円の価値

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。JKさやちゃんが83,000円 …

LINEログ流出のベッキーの素顔が酷すぎる。ってか、これは男(ゲスの極み乙女。「川谷絵音」)だろ酷いのは

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。好感度の高いタレントで人気のベ …

no image
残業。。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。昨日は子どもの遠足だったので有 …

御巣鷹山「日本航空123便墜落事故」は米軍の助けを得ていればもっと大勢助かったかもしれない【時事邂逅】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。情報化社会が進んで多くの情報が …

外国人の考える日本のイケてるところとイケてないところ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。日本在住の外国人が考える日本の …

人の心まで見透かす「Google」は怖い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いろんなところでGoogleの …

矢口真里さんは不倫騒動後、引きこもってLINEゲームをやりまくっているらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これは果たして真実なのでしょう …

充電要らずの携帯電話、中国で実用化?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。僕がかねてから提唱していた充電 …

北朝鮮がミサイル発射でJアラート発動。が、うちのiPhone無反応

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。朝から大騒ぎだったみたいですね …

no image
時間差崩壊

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。そろそろ始まりそうだ。 営業の …