新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「小悪魔ageha」のインフォレストが倒産。今までの出版倒産とは毛色が違う

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前まではアゲアゲだった「小悪魔ageha」。
やはり、いつまでもアゲアゲではいられなかったようで、なんと、出版元のインフォレストが倒産だそうです。

□ 「小悪魔ageha」などを出版していたインフォレストが倒産、負債30億円 – GIGAZINE

↓これが最終号となってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク
 

出版、印刷業界といえばIT化により、インターネットに需要を奪われ、
一時期は様々な企業が倒産に追いやられていました。
当ブログの「倒産」タグを見ると、様々な企業が倒産してきたことがわかります。
□ 倒産 – ちほちゅう 
この頃は本当にひどかった。

ただ、ここ数年はアベノミクス等で盛り返していたはず。
そんな、アベノミクス真っ盛りのこの時期になぜ、小悪魔agehaのインフォレストは倒産となってしまったんでしょうか?

個人的な見解になってしまいますが、ここに関しては一般的な印刷、出版不況とはまた違った要因で倒産となってしまったのではないかと感じています。
つまり、不況時代を勝ち残ってきた企業でありながらも倒産してしまった。
ここの場合は勝ち残ってきたというよりも、不況を糧に輝き始めた感もありますが。。

いずれにしても、当時は出版業界にイノベーションを引き起こすといった勢いのある企業だったのです。
ただですね。イノベーションを起こし続けることはできないわけです。
これがこの企業が倒産に陥ってしまった理由なのではないかと思ったわけです。

つまり、次から次へをイノベーションを目指して行くといったビジネスモデルではいずれ疲れて倒れてしまうわけです。
どこかから軌道修正をし、積み上げた既存のビジネスモデルをしっかりと継承していくといった方向性に変えていかないといけない。
そうしながらもイノベーションを引き起こす為の準備も当然必要でしょうが、
前述のとおり、この企業に関してはイノベーションしかビジネスモデルがなかったのではないか?
したがって、力尽きて倒れてしまったのではないかと。

たしかに「小悪魔ageha」は革命的な雑誌でしたもんね。
 

 - 会社経営, 印刷・DTP

アドセンス広告メイン

Comment

  1. 時代遅れの大和撫子 より:

    agehaバブル崩壊ww

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

景気回復?日本の広告費が5年ぶりに増加へ

これは我々メディア業界にとってもプラスのニュースなんじゃないでしょうか。 □&n …

Webデザインはグラフィックデザインに近づく(と言っている人もいる)

Webデザインとグラフィックデザインは違うというのが持論の僕ですが、なかにはWe …

no image
「非モテタイムズ」&「ケツダンポトフ」に閉鎖のおそれ【今週のトピック】

先日ネタにしたツイッター→ダダ漏れ騒動ですがかなりおおごとになっている …

Macintoshが「OS 9」から「OS X」になって変化したこと【Illustrator】

最近はDTPの方はめっきりなのですがパソコン教室で教えたりしている関係で色々情報 …

最新ブラック企業就職偏差値ランキングver.20091228

今年もあと少しとなったところで、毎年恒例のブラック企業偏差値ランキングを紹介しま …

ホリエモンのブログに「スリッパの法則」

なんかうれしいですねぇ。 ぼくが以前オススメしていた「スリッパの法則」がホリエモ …

コンビニ印刷始まる。netprint(ネットプリント)が進化!

遂に恐れていたことが起こってしまいました。コンビニエンスストアが印刷会社になるた …

no image
チラシ

うちは地方の印刷会社なので、当然のことながらチラシをやってます。 っていうか、パ …

思ったより日本経済新聞電子版が売れている

□ 日経電子版、有料会員7万人超え 「日本で電子版が離陸期に」 &#8 …

御社、御校、御店、文書では貴社、貴校、貴店

お客さんにメールを送る際、会社であれば御社として送ればいいのでしょうが、 会社に …