新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

投稿後すぐ同じ記事を更新するときはトラックバックに注意

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事でトラックバックを大量に送ったのですが、
そのときにちょっとしたトラブルが発生したのでご報告。
おそらくライブドアブログだけの現象ではないかと思われますが、
ひょっとするとMovableType系のブログでは同じ現象が起こるかもしれません。

スポンサーリンク
 

ライブドアブログでは投稿時に一度に10記事までトラックバックを送ることができます。
10記事以上トラックバックを送りたい場合は一度「投稿」をしてから「投稿したブログを編集する」で同じ記事を選び、再度トラックバック先を入力します。
ところが、今回その手法を使ったことで同じ記事に2度トラックバックを送ってしまうという事態が発生しました。
ことの流れは以下のとおり。

(1) まず、トラックバック先を10入れて「投稿」します。
(2) 投稿時の進行を表すバーが表示されます。トラックバックもしっかり送っているようです。
(3) 投稿が完了したので「投稿したブログを編集する」で同じ記事を選んで残りのトラックバックを行ないます。
(4) が、ここでなぜかトラックバック先URLに先ほど送ったはずの「トラックバック先」が残って表示されてしまっています。「送信履歴」も前のままです。
(5) しかたがないので、もう一度「投稿」します。このとき記事の内容もちょこっと変えました。
(6) その後、再び「投稿したブログを編集する」で同じ記事を選んで残りのトラックバックの準備をします。
(7) ここで記事の内容を読み直したりとちょこっと時間を置きました。
投稿前にトラックバックの「送信履歴」を見てみると。なんと、同じトラックバックを2回してしまったことが判明。
(8) 仕方がないので「投稿」して残りのトラックバックも送ります。

原因はおそらくタイムラグだと思います。
ライブドアのブログでは進行を表すバーでトラックバックを送ったと表示されて(2)から、サーバー側で内部的な処理を行なうのでしょう。
その処理が終わる前に同じ記事を修正しようとした(3)ものだから、まだ送られていない(送っている最中の)トラックバックとして「トラックバック先」に残ってしまった。
それをもう一度「投稿」してしまったのでトラックバックが2度送られてしまったようです。

今後は大量のトラックバックの際には気をつけたいと思いました。

 - トラブル, ユーザビリティ

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

まずはアダルト。VR(バーチャルリアリティ)を使ったアダルトグッズがすごくいいw かも

昨日、PlayStationVRの話題を出したところでVRの可能性を辿って行くと …

no image
街中で携帯の電池が切れたときどうする?

以前、街中充電器を紹介しましたが、こいつが近くにあるのだったらまだしも、 ないと …

Facebook(フェイスブック)とブログとの連携方法

今まで、Facebook(フェイスブック)にはタンブラー経由でブログの更新情報を …

インデザインのブックレット印刷で面付けされた状態で印刷範囲指定

どういうことかというと、InDesign CS2よりInBooklet SEとい …

no image
inputタグ(type=”image”)の謎

submitボタンをどうしても画像にしたいらしい。

ブログタイトルの(追記あり)について

最近、ブログの記事のタイトルに(追記あり)といった表記のあるものをよく見かける。 …

復活! 「twitter2mixi」。「Amebaなう」と同期

世の中何が起こるかわからないですからね。やらないよりはやる。やれば何かが起こる可 …

東京ディズニーリゾートチケットはネットで購入が楽でいい【チケット購入編】

1. ユーザー登録編 > 2. チケット購入編 > …

no image
meta refreshを使わずに自動でリンクに飛ばす方法

CGIスクリプトの仕様で、1つのHTML内に2つ分のページ要素を入れ込み、 最初 …

偽twitter(ツイッター)からウイルスのお誘い

twitter(ツイッター)からやたらとメールが届く。こいつを開いてみようとする …