新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

投稿後すぐ同じ記事を更新するときはトラックバックに注意

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

こちらの記事でトラックバックを大量に送ったのですが、
そのときにちょっとしたトラブルが発生したのでご報告。
おそらくライブドアブログだけの現象ではないかと思われますが、
ひょっとするとMovableType系のブログでは同じ現象が起こるかもしれません。

スポンサーリンク
 

ライブドアブログでは投稿時に一度に10記事までトラックバックを送ることができます。
10記事以上トラックバックを送りたい場合は一度「投稿」をしてから「投稿したブログを編集する」で同じ記事を選び、再度トラックバック先を入力します。
ところが、今回その手法を使ったことで同じ記事に2度トラックバックを送ってしまうという事態が発生しました。
ことの流れは以下のとおり。

(1) まず、トラックバック先を10入れて「投稿」します。
(2) 投稿時の進行を表すバーが表示されます。トラックバックもしっかり送っているようです。
(3) 投稿が完了したので「投稿したブログを編集する」で同じ記事を選んで残りのトラックバックを行ないます。
(4) が、ここでなぜかトラックバック先URLに先ほど送ったはずの「トラックバック先」が残って表示されてしまっています。「送信履歴」も前のままです。
(5) しかたがないので、もう一度「投稿」します。このとき記事の内容もちょこっと変えました。
(6) その後、再び「投稿したブログを編集する」で同じ記事を選んで残りのトラックバックの準備をします。
(7) ここで記事の内容を読み直したりとちょこっと時間を置きました。
投稿前にトラックバックの「送信履歴」を見てみると。なんと、同じトラックバックを2回してしまったことが判明。
(8) 仕方がないので「投稿」して残りのトラックバックも送ります。

原因はおそらくタイムラグだと思います。
ライブドアのブログでは進行を表すバーでトラックバックを送ったと表示されて(2)から、サーバー側で内部的な処理を行なうのでしょう。
その処理が終わる前に同じ記事を修正しようとした(3)ものだから、まだ送られていない(送っている最中の)トラックバックとして「トラックバック先」に残ってしまった。
それをもう一度「投稿」してしまったのでトラックバックが2度送られてしまったようです。

今後は大量のトラックバックの際には気をつけたいと思いました。

 - トラブル, ユーザビリティ

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「ネットプリント」とはなんなのか?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。さてさて、今までセブンイレブン …

「Windows 8」を入れるとモニターがタッチパネルになるの?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。新しいWindowsマシン購入 …

no image
久々に。。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。システム関連の仕事をしました。 …

iPhoneのSiriよりもGoogleの音声認識のほうが優秀らしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。iPhone(アイフォーン)の …

最近の雑誌は2種類のサイズで売っているらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。たまたま見かけた日経トレンディ …

6月11日をもって一部のツイッターのつぶやき窓(ツイート表示ウインドウ)は動かなくなりました

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ありゃりゃ。「つぶくま」がまっ …

プロット・ファクトリートップページがYahooでスパム判定

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。プロット・ファクトリートップペ …

百度(バイドゥ)で「ちほちゅう」を検索するとエラーになる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日(2月18日15:40頃) …

mixi(mixiボイス)のツイッター連携をmixi標準のものに変えた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今までは「twitter2mi …

女子小学生の間でAKB48メンバーを装う偽ブログが流行ってるの?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんかどうも女子小学生の間でA …

血液型オヤジ