新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

投稿後すぐ同じ記事を更新するときはトラックバックに注意

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事でトラックバックを大量に送ったのですが、
そのときにちょっとしたトラブルが発生したのでご報告。
おそらくライブドアブログだけの現象ではないかと思われますが、
ひょっとするとMovableType系のブログでは同じ現象が起こるかもしれません。

スポンサーリンク
 

ライブドアブログでは投稿時に一度に10記事までトラックバックを送ることができます。
10記事以上トラックバックを送りたい場合は一度「投稿」をしてから「投稿したブログを編集する」で同じ記事を選び、再度トラックバック先を入力します。
ところが、今回その手法を使ったことで同じ記事に2度トラックバックを送ってしまうという事態が発生しました。
ことの流れは以下のとおり。

(1) まず、トラックバック先を10入れて「投稿」します。
(2) 投稿時の進行を表すバーが表示されます。トラックバックもしっかり送っているようです。
(3) 投稿が完了したので「投稿したブログを編集する」で同じ記事を選んで残りのトラックバックを行ないます。
(4) が、ここでなぜかトラックバック先URLに先ほど送ったはずの「トラックバック先」が残って表示されてしまっています。「送信履歴」も前のままです。
(5) しかたがないので、もう一度「投稿」します。このとき記事の内容もちょこっと変えました。
(6) その後、再び「投稿したブログを編集する」で同じ記事を選んで残りのトラックバックの準備をします。
(7) ここで記事の内容を読み直したりとちょこっと時間を置きました。
投稿前にトラックバックの「送信履歴」を見てみると。なんと、同じトラックバックを2回してしまったことが判明。
(8) 仕方がないので「投稿」して残りのトラックバックも送ります。

原因はおそらくタイムラグだと思います。
ライブドアのブログでは進行を表すバーでトラックバックを送ったと表示されて(2)から、サーバー側で内部的な処理を行なうのでしょう。
その処理が終わる前に同じ記事を修正しようとした(3)ものだから、まだ送られていない(送っている最中の)トラックバックとして「トラックバック先」に残ってしまった。
それをもう一度「投稿」してしまったのでトラックバックが2度送られてしまったようです。

今後は大量のトラックバックの際には気をつけたいと思いました。

 - トラブル, ユーザビリティ

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Remember The Milk(RTM)のタスクをTwitter(ツイッター)と連携する方法

以前、Twitter(ツイッター)にブログの更新情報を流すために使っていたTwi …

資本主義すげぇ!! 電話料金支払い済んで5分でインターネット

お恥ずかしい話なのですが、このところ、電話料金の支払いをし忘れ、止められることが …

iPhone3GSだけじゃ無料の「iPhoneを探す」は使えない

iOSがiOS 4.2(正確にはiOS 4.2.1)にアップグレードして「iPh …

災害時はツイッター(Twitter)が最強かもしれない

今日、2時過ぎに東北太平洋沖を震源としたマグニチュード8.8(のちに9.0に修正 …

mixi年賀状。住所入力は慎重に

mixi年賀状はmixi上でお互いに住所を教えることなく年賀状が送りあえるのが特 …

mixiとブログのアンオフィシャルな連携方法 (2011/10/25追記)

mixiにブログを登録するとmixi日記がブログと入れ替わる。 これが、一番簡単 …

「Google Chrome」の画像検索がとてつもなく簡単になっていた

これはいつからなのでしょうか?「Google Chrome」で画像上で右クリック …

Facebookとツイッターの連携はこれで行く!「Selective Tweets」

以前、記事にしていたFacebook(フェイスブック)とツイッター(Twitte …

「OpenOffice(オープンオフィス)」の罠。画像が全て消えてしまった

MicrosoftのOfficeがクラウド化した今、OpenOfficeなんて使 …

転職、就職を考えている方は注意。採用スパムがいやらしい

たまたま転職を本格的に考えていることもあって、これ、一歩間違えれば引っかかってま …