新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

6月のヒットキーワード及びヒットページ

      2014/11/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

先月、一気に1000PVオーバーしたもののその後一気に200くらいまで落ち込み、
それからは再び牛歩戦術で少しずつ少しずつアクセスをあげてきています。
そんな中でどんなキーワードがヒットしたのか? どんなページが人を読んだのか?
さっそく見てみましょう。

スポンサーリンク
 

まずはヒットキーワード。
01位(→同)印刷会社(印刷)
02位(↑06)flash
03位(↑04)ブラック企業(ブラック)
04位(↑外)ekrn
05位(↓02)メモリが~
06位(↑外)小学館
07位(↓03)P905i
08位(↓07)pdf
09位(↑外)サンデー(少年サンデー)
10位(↑外)NTT東日本(NTT)
11位(↓10)CSS
11位(↑外)ベルサポート
13位(↑外)携帯電話(携帯)
14位(↓08)outlook
15位(↑外)solution_eyes@yahoo
15位(↓13)docomo(ドコモ)
17位(↑外)openwave
18位(↓15)perl
19位(↓15)itの意味
20位(↑外)iPhone(アイフォーン)
目につくところといったら「Web」が完全に圏外に落ちた(やばっ)ということと、「携帯電話(携帯)」がランクインしてきたということ。
最近の記事の内容を見てみれば一目瞭然ですが、SEO熱が冷めてケータイサイト熱が燃え上がってきたことが一つの原因でしょう。

続いてヒットページです。
01位(↑新)タスクマネージャーでプロセスを調べてみた
02位(↑03)ブラック企業って知ってます?」。
03位(↑新)やっぱり漫画業界もそうなのか?(小学館少年サンデー訴訟問題)
04位(→同)ブラック企業にはもう優秀な人材は来ない
05位(↑07)メモリが"read"になることはできませんでした。
06位(↑新)ベルサポートってところから光回線の営業電話がかかってきた
07位(↑新)タスクマネージャーでプロセスを調べてみた part3
08位(↑新)イーセットスマートセキュリティで弾けないスパム
09位(↑11)新たなおススメセキュリティソフト登場!?
10位(↑新)タスクマネージャーでプロセスを調べてみた part2
11位(↑新)左下クイック起動アイコンに「デスクトップの表示」を再登録する方法
12位(↓10)最適化をしたらメールが消えたときの対処法
13位(↑新)Googleで隠しゲームが遊べる「魔法の言葉」
14位(↑外)FLASHでプルダウンメニュー(ポップアップメニュー) スクリプト編
15位(↑新)YouTubeで見つけたこの美少女は誰?
16位(↑新)秋葉原で通り魔。7人死亡10人以上が負傷
17位(↑新)ノートパソコン(INSPIRON 5150)がやばそうになってきた
18位(↑外)「携帯電話」各キャリアのエミュレータ
19位(↓15)FLASHでプルダウンメニュー(ポップアップメニュー)導入編
20位(↓16)テキストが選択できないPDFファイルからテキストを抽出する方法
ようやく、目的通りのページがランクインし始めました
今回特に目につくのがタスクマネージャー系の記事。
part2、part3に関しては意外と集客力があるということで後でシリーズ化したのですがそちらも予想に違わず集客力を見せてくれました。
他にはキーワードでもランクインしていますがスパムメール系の記事。
送信元のメールアドレスでのアクセスが多いようでこのあたりも今後使えそうです。
もちろん、そればっかりの記事でもダメなわけですけどね。

今月から過去のランキングへのリンクを入れておきます。
2007年 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月
2008年 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月

 - SEO・SEM, マーケティング ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
2012年4月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。さて、今月もあまり目に見えてい …

セブンイレブンの挽きたてコーヒーの買い方が色々あって面白い

実はセブンイレブンもこのドリップコーヒーを一部店舗でやっていた。
ただ、最近、機械を一新して多くの店舗に一気に取り入れているようだ。
また、それに追随してかローソンやその他コンビニエンスストアでもドリップコーヒーを販売し始めた。


こちらがセブンイレブンの新しいコーヒードリッパー。
個人でも欲しいくらいだが多分メンテナンスが大変なんだろうなぁと思う。

自分もいろいろなところのドリップコーヒーを頂いたが、今のところセブンイレブンの新機械のドリップコーヒーが一番お気に入り。
最近は、どこもコーヒーが美味しくなってきてコンビニだけではなくファーストフード店なんかでも結構美味しいコーヒーが飲めるようになってきた。
そんな中でもセブンイレブンのコーヒーはトップレベルだと思う。

さて、今回はそんな自分の一番のお気に入りであるセブンイレブンのコーヒーについて。
実は、色々なところで購入させていただいているのだが、店舗によって販売の仕方が違うようなのだ。
これはおそらく本部にもなにか狙いがあるのかもしれないが、販売方法はあえて店舗側に任せてしまっているらしい。
といったところで、自分が今まで寄ったことのあるお店でどんな販売方法をとっているのかを紹介。
自分なりの解説を付けていこうと思う。

1. カップを店頭まで持っていく

うちの近所なんかではこの方式が一番多く取り入れられているような気がする。
中にはパンのコーナーの上部にホット用のカップを並べたり、
アイス用の氷入りのカップをアイスクリームのボックスの半分に敷き詰めているような店舗もあった。

2. カードを店頭まで持っていく

これは浦和でいつも利用している駅近くのお店で使っている方法。
たしか、古い機械で以前からドリップコーヒーを売っていた森林公園近くの店舗もこの形だったような気がする。
個人的には、カップを持っていくのよりもスムーズでいいと思う。

3. 店頭で注文する

どの店舗でも通用するのがこの方法。
一度でも購入したことがある人はこれでいいんじゃないかなぁ。
ただし、アイスの場合は店員さんがいちいちアイス用のカップを取りに行かなければならなくなる店舗もあるので、そういったところはちゃんと持って行ってあげたほうがいいかもしれない。

ついでに、販売したての店舗は店員さんが機械に付いて操作方法を教えてくれたりもしているのだが、個人的にはこれはいらないんじゃないかなぁと思う。
というのは、分からない方はレジで聞くと思うからだ。

が、しかし、先日、これをくつがえるような初老男性に遭遇した。
彼は、何を思ったのかレジにいかず、カップも貰わず、ドリップボタンを押してしまったのだ。
当然カップがないのでそのままボタボタと100円分のコーヒーを無駄にしてしまったわけだ。
ひょっとすると自動販売機かなにかだと思ったのかもしれない。
にしても、お金を入れるところがないので先に商品を持って、レジに行くんだと思っていたのかもしれない。

もう、押してしまったものは仕方がないので終わった頃に、「あ、それ、先にカップ購入するんですよ」とだけ言っておいた。
まあ、おそらくそういったこともあるだろうからそれくらいで故障するような作りにはなっていないはず。 

とまあ、色々な売り方、いろいろな人がいるという話。
自動販売機でもない、店頭販売でもない、新しい販売の形を浸透させるのはなかなか大変。
でも、こういった形でどんどん新しい形が生まれてくればそれにともなって人の価値観も変わってくる。
大切な価値観もあれば無駄な価値観もあったりするので、身近なところから少しずつ変えていけば、
無駄なものはフェードアウトし、大切なものだけ残っていくと思う。
なんていうわけの分からない深い話になったところで、さようなら。 

【追記】 
先日、セブンイレブンのアルバイトの女の子に聞いたのですが、ホットと アイスで豆が違うそうです。
ホットは3種類の豆のブレンド、アイスは4種類の豆のブレンドだと言っていました。 
なるほど、おいしいわけです。 

Yahoo!がGoogleの検索エンジンを採用して得したサイト損したサイト

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、ヒットキーワードの記事で …

「ケータイサイト」は「携帯サイト」のほうがいい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんのことやらわからない方もい …

2016年11月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。え?もう年末? なんか、毎回そ …

ビットコインは広がるのか?「三菱東京UFJ銀行」がビットコイン取引所「Coinbase」に出資

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前から、現金が無くなってしま …

no image
SEOは難しい。

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。久々にSEOの話。

SNSでもっとも影響力のあるニュースサイト(メディア)は「日経新聞電子版」、「秒刊SUNDAY」も上位

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Facebookのいいね!やツ …

2009年5月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今月は新たな集客法を見つけるこ …

「アドセンス(Adsense)」緑→青→緑の軌跡

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こちらの記事でやると言っていた …

血液型オヤジ