新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

これはもはやiPhoneの仕様。ロックしてても写真や個人情報は見れます

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

もう、なんどこのネタ書いたでしょうね。
OSがアップデート。または新しいiPhoneが出る度に書いている気がします。
もうこれ、iPhoneの仕様って考えちゃったほうがいいかもしれませんね。

iPhoneのロック画面を解除することなく、連絡先の情報を調べたり、端末内のすべての写真をのぞき見したりできるバイパス方法が発見されました。これは次期アップデートのiOS10.2(ベータ3)でもふさがれていない穴なので、Appleによる対策は不可避です。

情報源: ロックがかかったiPhone内の全写真や個人情報を簡単にのぞき見されてしまうバイパス法が発見される

驚く女性

スポンサーリンク
 

動画を見ていただければどうやればロックを解除せずに写真を見たりできるかがわかります。
どうも、Siriを使うみたいですね。

なお、一応防ぐ方法はあるようでして、

・Siriに「自分の情報」を登録しない
・Siriの「ロック画面でのアクセス」を無効化しておく
・Siriに「写真」へのアクセスを許可しない
・Siri機能自体をOFFにしておく
・FaceTimeを無効にしておく

等の設定をしておけば問題ないとのこと。

ただ、これだけバージョンアップを重ね、新しい機種が出る度に起きる事象であるだけにぶっちゃけ完全に防ぐ方法はないと思ったほうがいいいかもしれません。
結論、iPhoneは落とさない。人に渡さないということでFA(ファイアル・アンサー)でいいんじゃないでしょうか。

 - iPhone, セキュリティ, 未分類 ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ふたご座流星群を「Star Walk」で楽しもう【iPhoneアプリ】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。昨日と勘違いしていたのですが今 …

iPhoneのツイッタークライアントをTwitBirdに戻した

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここのところTweetDeck …

「iOS5」にしたらiPhoneのみでOSのアップデートができた【iPhone】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。バッテリー(電池)の持ちの問題 …

花粉症を悪化させるかもしれない食品

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。昨日、花粉症に効果のある食品を …

「確定申告」はいつでもできる。でも、早めのほうがお得です

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。一昨年は収入が殆ど講師収入のみ …

印刷会社なんて大手でも似たようなものらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。二階堂.comさんに某大手印刷 …

福島第一原子力発電所の現状(東芝が四足歩行ロボットを開発)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。日本国内に人が立ち入れない場所 …

mixi年賀状。住所入力は慎重に

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。mixi年賀状はmixi上でお …

楽天ダウンロードショッピングは便利?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。うちにおける年賀状制作の話。 …

勝手にインストールの更新プログラムに不具合。酷いよ「Windows 7」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。自分はタイミングが良かったのか …

血液型オヤジ