新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

5月1日「livedoor Blog(ライブドアブログ)」が完全無料化!独自ドメイン設定も無料!

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人的には長年使ってきたlivedoorBlog(有料版)を去年の10月ごろに解約してしまったのですが、
なんと、5月1日から有料版をなくし、有料版でしか使えなかった機能を無料で提供する旨、LINEが発表しています。

「livedoor Blog」有料機能が全ユーザーに解放–独自ドメイン設定など可能に – CNET Japan

LINEは、ブログサービス「livedoor Blog」の有料プランを5月1日に撤廃し、プレミアム機能を無料で提供すると発表した。サービス価値の向上とユーザー規模の拡大が目的という。

喜び

スポンサーリンク
 

livedoorBlogってLINEがやってたの知ってました?
かつてのlivedoorは韓国の企業に買われ、LINEとなって復活したんです。
と、そんな話はさておき。

ということは、今まで使っていた「webdirector.livedoor.biz」を再び復活させることができるということになります。
まあ、さほどPVに変化はないでしょうが、上記ドメインからの流入が再び得られるということで、多少はPVが増えるんじゃないかと予測しています。

というか、そもそも、「webdirector.livedoor.biz」がまた取れるのかという問題もありますが。。

このドメイン(URL)ですが実は結構バカにならなくて、未だにGoogleで検索すると数千件ヒットしてるんですよね。

webdirector.livedoor

実際、「webdirector.livedoor.biz」を止められてからPV少々落ちたりしています。
ただ、上記ドメインでは広告配信止められているんで、そちらに関しては期待できません。

一方で、もともと無料のURLというのがあってそれが「http://blog.livedoor.jp/norisa1/」。
こちらはしっかり広告も貼られているのですが、そもそもPVが少なすぎるという問題が。

「webdirector.livedoor.biz」を復活させこちらに力を入れるか、広告の配信されている「http://blog.livedoor.jp/norisa1/」に力を入れるか。。
いずれにしても、メインはWordPressの「http://chihochu.jp/」なわけですから、どっちにしてもそんなに頑張らなくていいんですけどねぇ。

まあ、なんにしてもlivedoorBlog完全無料化はブロガーにとっては嬉しいことこの上ありません。
FC2からの受け入れも進めているみたいですし、再度、ブログポータルNo.1を目指して頑張って欲しいですね。

 - 会社経営, 告知・紹介・ニュース , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「フツー」は「マズい」?ラーメン店のライターに対するツイートが炎上

思ったことを口にするのは簡単ですがツイートにすると色々面倒くさいことになります。 …

iPhone等スマホ(スマートフォン)をレンジでチンすると壊れる

なんでこんな当たり前のことを記事にしているかって?それは、iPhoneをレンジで …

楽天倒産!?

楽天が倒産するわけがありません。 楽天と名のつく別の会社が特別清算開始決定を受け …

no image
ハマコー逮捕だう! 最後のツイートに暗号が【今週のトピック】

いずれは辞めると宣言していたツイッターで人気の元政治家ハマコー(浜田幸一)さんで …

秩父鉄道(秩父線)の踏切が長いことを訴え続ける「くまがやくん」

面白いツイッターアカウントを見つけたので紹介します。 と言っても地域限定ネタにな …

なんじゃこれ? 「iPhone 6」カバーの携帯電話(ガラケー)。どっち使ったらいいの?

世の中にはいろいろ変わったものがありますが、これも一体何のために作ったのかがよく …

結局日本から「ブラック企業」はなくならない

4月6日、この記事をストックし始めた当初、この記事のタイトルは「ネットの功績。ブ …

モリサワフォントに使用期限通知機能が付いていた

モリサワフォントといえば今はフォント(書体)のスタンダード、 写植時代はモリサワ …

熊谷スポーツ文化公園近くでソフトクリーム「八木牧パークハウス」【熊谷グルメ】

そういえば、ここレビューしてなかったですねぇ。

ツイッターから本?ツイッターを本?Twitterが角川書店と連携

かつては2ちゃんねるやmixiから数多くの小説が生まれたように、ツイッターからも …