新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「ノラ電波」危険、暗号化されていないWi-FiにつなぐとFacebookが乗っ取られる恐れ

      2014/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

ノラ電波」というのを知っていますか?
セキュリティの設定のされていないWi-Fiのことで、要は外部からつなぎ放題の状態になったWi-Fi基地のことです。
どんな人が接続してくるかわからない上に、通信が暗号化されないため、色々と危険が伴います。 

ノラ電波
昔は逆にセキュアな接続に「鍵」をかけて表現していたのですが、
今はセキュアでない接続に「!(エクスクラメーションマーク)」を付けて表現しています。 

スポンサーリンク
 

「ノラ電波」とは違いますがカフェや公共施設においてもセキュリティの設定がされていないWi-Fiが結構あります。
スターバックスコーヒーなんかもそうみたいですね。

で、そういったところにつないでいると最悪Facebookのアカウントが乗っ取られる可能性があるそうです。

□ 半径300メートルのIT:「スタバでWi-Fi」→Facebookが乗っ取られる!? (1/2) – Business Media 誠

暗号化されていない公衆無線LAN(無料Wi-Fiサービス)では、とあるハッキングツールを使うことで同じサービスにつながっている人になりすませる

これを防ぐにはFacebookでのやりとりをこちら側で暗号化して行う必要があります。
以下、その設定です。

  1. まずはFacebookにログイン。左上、「歯車アイコン」→「アカウント設定」へ進みます。
    Facebookのセキュリティ設定01
  2. ①「セキュリティ」→②「セキュア接続」へ進み、③「セキュアな接続(https)を利用する(可能な場合)」にチェックが入っているか確認。
    入っていなければチェックを入れて④「変更を保存」をクリック。
    Facebookのセキュリティ設定02 
以上で、Facebook上で行われる通信は暗号化されるようになります。
まあ、完全じゃないのですがとりあえず、暗号化されていないWi-Fiにつなぐ可能性のある人は最低こちらの設定はしておいたほうがいいでしょうね。

 - Facebook(フェイスブック), セキュリティ, 覚え書き ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
中国ハッカー集団がサイバー攻撃の噂(9/18追記)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ある筋から得た情報。明日18日 …

no image
ワード(Word)の隠し文字の使い方

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。パソコン教室でワード(Word …

Flickrの画像にまとめてリンクを入れる方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ブログの被リンク対策の一貫とし …

「Google Play」でいつの間にやらアプリが自動更新(自動アップデート)になっていた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ゲームをやっていてどうも今ひと …

Facebook(フェイスブック)人口の多い街は活性化する

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日のGa-ya!さん主催の対 …

インバウンドマーケティングとはどんなこと?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。あるところで、インバウンドマー …

最近のイラストレーター(Illustrator)aiデータはAdobe Readerでプレビューできる【DTP】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Illustratorのデータ …

mixi年賀状もFacebookやツイッターの友達に送れた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここ数年、年賀状は娘にパソコン …

「Adobe Creative Cloud」ユーザー注意! クレジットカード情報が抜き取られた可能性

要約すると、「9月11日~9月17日にかけて一部の顧客注文情報に不正アクセスがあった」とのこと。
Adobeの調査によると「不正アクセスにより顧客名、クレジットカード番号、有効期限等が抜き取られた可能性」があるということです。
つまり、「クレジットカードの不正利用」 の可能性があるとのことで、ご自身で調べていただきたいとのこと。

さっそく調べてみたところ、自分は一先ず大丈夫だった様子。
ただし、今後も危険性は拭えないので、注意が必要だと思います。

自分の場合は「Adobe Creative Cloud」を契約しているためにAdobe社にクレジットカード情報を提供していました。
とりあえず、仕事で使ってるもんだから今更解約もできないし。。
あとは、定期的にチェックしながらもAdobeさんを信じて沈静化を待つしかないのかもしれないですね。

なお、ちょっと前にニュースになっていたようです。
□ Adobeへのサイバー攻撃、不正アクセスの影響は3800万人に – ITmedia ニュース 

まさかこういったことが自分の身に振りかかるとは。。 

WordPress(ワードプレス)+Google Analytics(グーグルアナリティクス)でサイト内検索を計測する設定

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。CMS(コンテンツマネジメント …

血液型オヤジ