新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

SNSで借金や投資?お金をシェアできる「Puddle」【Facebook】

      2014/11/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドファンディングやこういったサービスが一般化してくるとまた、お金に対する価値観も変わってきて人類はまた一歩進化していくんじゃないかなぁと思っているのですが。。

□ SNSの友人と「お金」をシェアする時代 – ZDNet Japan

スポンサーリンク
 

このサービスがクラウドファンディングと違うのは出資者と出資を受ける側がハッキリとわかれていないところ、
つまり、みんなから出資を得てそこから使いたい人が使っていくというコンセプト。

たとえば身近な所ではボランディアで成り立っている「つぶくま」などの資金に「Puddle」というコンセプトを使わせてもらって、メンバーがやりたいことをやっていくなんてことができるかもしれない。

と思ったのだが、どうもちょっと違う。

  1. Facebookアカウントを利用してPuddleに口座を開設し、お金を借りた場合の金利を設定する
  2. Facebookの友人を招待し、資金の拠出を求める
  3. 参加者は拠出された資金プールからお金を借り、定められた金利を付加して返済を行う
  4. 資金プールに残高がある限り、参加者は必要に応じて借りる、返済する、を繰り返すことができる。お金のやり取りはPayPalかデビットカードで行われ、拠出された資金はWells Fargo銀行で管理される

えーつまり、金利を付けて返さなければならないとのこと。
ということは、借りる回数の多い人は最終的に損をして、借りる回数の少ない人は金利で得をするといったシステムになるのかな?
これはつまり、ネット上にちょっとした小さな銀行と同じビジネスモデルが展開しているということとしても考えられそう。

うん!いいと思う。

前者ですと、使われることが前提にあるのでその団体に関して前向きな人でないとなかなか出資してくれなそうだが、 「Puddle」のコンセプトはしっかりと出資者にもバックが有るシステムになっているみたいだ。

ただ、どの程度法的拘束力があるのかが分からない。
銀行などだったらおそらくしっかり法律で守られるんだろうけど、使い逃げされ損なんて状態になったりしたらたまったもんじゃない。
まあ、そのあたりはSNSなのでつながりの深い信頼出来る友達を選んで運営しましょうといったところかもしれない。

いずれにしても、日本で始まるのはずっと先の話しなんだろうなぁ。。

 - Facebook(フェイスブック), Webサイト・サービス, マーケティング, 告知・紹介・ニュース , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

なんとツイッターのツイートを縦書きに変換してくれるサイトが登場!

ツイッターのツイートに改行を入れることができるようになったのがつい最近。実は、以 …

no image
YouTubeとFacebookを連携させる方法

ここのところ連携を止める方法を何度かネタにしましたが、久しぶりに連携をする方法を …

固いリンクを作るためのプラグイン「Click Storm 2000」for Google Chrome

硬いリンクって何? とお思いの方はまずはプラグインをインストールしてみて下さい。 …

事故物件データベース「大島てる」にスマホアプリ登場!

以前、当ブログでも紹介させて頂いた事故物件データベース「大島てる」がスマホアプリ …

モリサワフォント(MORISAWA PASSPORT)がアップグレードして書体がめちゃくちゃ増えている

モリサワフォントをパッケージ化した年間ライセンス「MORISAWA PASSPO …

初スキャンダルも好感度アップ!? AKB48「渡辺麻友」さんのプライベートInstagram(インスタグラム)が流出

遅かれ早かれいずれは流出しますわな。 □ AKB渡辺麻友インスタ裏アカ …

Facebook及びツイッターからの当ブログへの流入

先日、mixiチェックからの当ブログへの流入が殆どないという記事を書きました。 …

仕事してるふりしながらツイッター「さらそば岬」

時々こういったツール出回りますよね。以前は、EXCEL風2ちゃんねるビューワや、 …

「ぐるなび」は無料で店舗情報を掲載できた

「ぐるなび」に店舗情報を載せるのは基本有料だと思っていたのですが、なんと、無料で …

no image
出会い系サイト規制法にガイドライン―全掲示板及びSNSが出会い系サイトに!?

国が出会い系サイトを出会い系サイト規制法のガイドラインの中で定義しました。 それ …