新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

半サラリーマンになって「はてなブックマーク」を再開した理由

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

実は、随分前から自然と「はてなブックマーク」を使わなくなってしまっていました。
理由は他の媒体(ツイッターやFacebook)等でまかなえちゃうから。
もともと、はてなブックマークを使い始めたのはブログのネタを探すためで、
最近はツイッターでツイートしたり、Facebookで「いいね!」してネタとしてストックするようになってきたんです。
したがって、自然とはてなブックマークは使わなくなっていったとこういうわけでして。。

サラリーマンとOL

スポンサーリンク
 

ところが、半サラリーマン(派遣社員)になって再び「はてなブックマーク」を使い始めました。
理由は絡んでいる人がいないから。
(ツイッターでサラリーマンは無理でしたなんて言っていながら今の会社ならいけんじゃねーのなんて思っているのは秘密です。)

ツイッターにしろ、Facebookにしろ、SNSですから当然なのですが、ツイートしたり「いいね!」したりすると、それが友だちにシェアされるわけです。
もっとも、その機能がある意味素晴らしいのでもあるのですが。

ただ、以前タンブラーを積極的に使っていたときに絡んでいた人はわかると思いますが、脊髄反射で「いいね!」やツイートをしてしまうことが多く。場合によっては絡んでいる仕事の仲間に誤解されかねない。
まあ、自分も大人になったってことでしょうか。(50近くの男がなにをw)

簡単に言ってしまうと、あまり波及力のない共有ブックマークが欲しくなったということです。
会社での情報を自宅でも共有したくなったというか。。

あまり、仕事を自宅に持ち帰るのは良くないなんていう人もいますが、自分の場合、「人生」=「仕事」だと思っているので。
逆に言うと、仕事を仕事だと思っていないとも言えるかもしれません。趣味というかやってて楽しいことを仕事にしてしまったというか。

いずれにしても、いろいろなインフラがあってそれを状況によって使い分けるという意味で再び「はてなブックマーク」を始めたわけです。
そう考えると、「はてなブックマーク」っていうインフラはツイッターやFacebookと違い、日本独自のインフラであって、とっても日本的だなぁなんて思うわけです。

わかりにくいかもしれないので簡単に説明すると、
□ 13歳で渡英して気づいた、世界で通用しない「日本人の6つの常識」 | TABI LABO.
余計わかりにくくなりましたがすみません。要は色々やりづらいということです。

日本って変な国だよね。良くも悪くも。

 - Webサイト・サービス, おススメ, コラム ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

EeePC900HA vs AspireONE AOA150

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。会社で「Eee PC 900H …

関東一の祇園「熊谷うちわ祭」2014まとめ(その4)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。さて、二日目。二日目は歩行者天 …

熊谷の本格的インド料理(カレー)店 (2011/7/3追記)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。うちわ祭り以来の熊谷ネタです。 …

no image
ブログスクープがブックマークレットに

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。かつてライブドアブログにはブロ …

慶応大生が小学4年生になりすました政治キャンペーン #どうして解散するんですか? 【解散総選挙】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。解散総選挙ですね。 テレビなく …

最近のおきにいり

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ホントは温かいのをストレートで …

Feedtweetを試してみたら本当に簡単だった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。アメブロ始めたのは先日書いたと …

no image
[mixi×日本郵便] マイミクに年賀状が送れるサービス

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□住所不要、「マイミク」にリア …

「宇野千代きもの」の染色工房

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今回はホームページ及びブログの …

どうなる?正方形のINSTAGRAM(インスタグラム)が縦長・横長画像に対応

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。INSTAGRAM(インスタグ …