新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「Adobe Bridge」侮れじ、画像をまとめてPhotoshopのレイヤーにできる機能が便利

      2014/11/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前使っていたマシン、及び以前使っていたCS2では「Adobe Bridge」が余りにも遅かったのであまり活用していませんでした。
マシンを買い換え、「Adobe Cloud」と契約して、 改めて最新の「Adobe Bridge」を使い始めましたが、これがなかなか便利。
中でも、jpeg画像をまとめてPhotoshopのレイヤーにできる機能はブロガーには眼から鱗ツールでしたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

やり方は非常に簡単です。
1枚画像で説明できちゃいました。

「Adobe Bridge」を起動します。
Bridgeで画像をレイヤーにして開く01
① まず、ひとつのファイルにまとめたい画像をShift+クリック(またはCtrl+クリック)で複数選択します。
② 「ツール」→「Photoshop」→「ファイルをPhotoshopレイヤーとして読み込み」を選びます。

するとPhotoshopが起動し、自動処理を行います。
Bridgeで画像をレイヤーにして開く02
③ 暫し待つと分割されていたjpegファイルがレイヤーとして一つのPhotoshopファイルに統合されました。

と言った感じです。

で、どんなときに使うかですが、自分の場合、ブログで使う画像に使用することが多いです。
たとえばスクリーンショット等を使って何かの手順を説明するとき、全て同じサイズの画像に説明書きを書き加えるのですが、その際、別ファイルになっているよりも1つのファイルになっている方がパーツの使い周しもできたりと便利なんです。
他にも素材をベースにあたらしいデザインをPhotoshopで組み立てるときなどにも役に立ちそうですね。

他にも使えそうな機能がありそうなので、またなにか新しい便利な機能を発見したら記事にしたいと思います。
これからは、「Adobe Bridge」も積極的に使っていこう!

 - Photoshop(フォトショップ), パソコン教室, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ブログで紹介された商品は売れる!いいものはどんどん紹介していこう

完全な職業ブロガーというわけではないのですがブログもあてにしなければならない生活 …

人気が出る写真の法則。人の顔はNG。背景は控えめに等

インターネット上には数多くのデジタルデータが転がっているわけですが、おそらく、一 …

Facebook(フェイスブック)のプロフィールに旧姓を付ける方法

うちのかみさんが何を血迷ったのか今年からFacebook(フェイスブック)を始め …

no image
JavaScriptでありがちな9つのシマッタ

「JavaScriptでありがちな9つのシマッタ」だそうです。 しまったと思うほ …

「テールワード」と「ロングテールワード」

先日のSEO記事で出てきたテールワードに関して詳しく調べてみました。あわせてロン …

リニューアル後のFlickr(フリッカー)でsetのスライドショーを埋め込む方法【その1】

リニューアル後のFlickr(フリッカー)のsetでスライドショーのソースが入手 …

no image
Internet Explorer 7にGoogle maps APIのバグ?

Google Maps APIを使うときはHTMLをユニコードで書かなければなら …

「JAF(ジャフ)」のツイッターアカウントがつぶやく自動車豆知識がすごく役に立つ

「JAF(ジャフ)」とは「JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION …

Windowsキー(Windowsロゴキー)を使った便利なショートカット

先日書いた記事「左下クイック起動アイコンに「デスクトップの表示」を再登録する方法 …

no image
内部SEO(SEOコーディング)まとめ

ここのところちょっと手を離れがちな内部SEO(SEOコーディング)をまとめておく …