新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

Androidユーザーは「Gcogle Play」に注意!

      2014/11/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Androidユーザーはみな、「Google Play」からアプリをダウンロード、インストールしていると思うんです。
「Playストア」アプリを起動すると「Google Play」にログインしますよね。
ただ、Webブラウザを使っても「Google Play」にアクセス、ログインできるんですよね。
当然アプリのダウンロードやインストールもできてしまうわけです。

そういったWebブラウザを使って「Google Play」にアクセスしている人は、そこが本当に「Google Play」なのか確認してみたほうがいいかもしれません。

□ みんな気をつけろ! ニセ「Google Play」がウイルスを散布中 : ギズモード・ジャパン

スポンサーリンク
 

なんとですね。「Google Play」ならぬ「Gcogle Play」というサイトが登場したそうです。
で、そのサイトでもAndroidアプリはダウンロードできるみたいなのですが。。

同サイトで配布されているアプリ「アプリ福袋」「最速充電」などは実際に利用することができず、インストールして起動してしまうと個人情報の収集・迷惑メールの送付などが行われてしまいます。

とのこと。

つまり、個人情報を収集するために「Google Play」に似せて作られたのが「Gcogle Play」なのです。

「Gcogle Play」には日本語のアプリも置いてあって特に以下のアプリには注意したほうがいいとのことです。

ってか、そんな偽サイトには行かない。
行ってもアプリなんてダウンロードしない。
それが一番大事。

んなこと言っても、偽サイトかどうかわからんよ。という方は以下のサイトが参考になります。
□ 【重要】Google Playの「偽サイト」に注意、偽物を見破る3つの方法 | andronavi スマホアプリが見つかる!

そういや昔、goggleっていう怖いサイトがあったことを思い出しました。
媒体は変われど、悪い人のやることは変わらないんですねぇ。。

□ Android.Exprespam の出現は地検の不起訴が引き金か | Symantec Connect Community (Gcogle playに関するSymantecの記事)

 - Android, セキュリティ, 告知・紹介・ニュース , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

新聞とスマホ(スマートフォン)が連携。朝日新聞紙面にスマホをかざすと高校野球動画が見れるサービス

朝日新聞をとっている方はぜひ、試してみてはどうでしょうか?  朝日新聞社は、スマ …

やっぱりまだあった。Googleで「let it snow」と検索すると雪が降る

Google(グーグル)の裏コマンド(裏技)シリーズ。「tilt」、「do a …

no image
NISSAN GT-Rのマーケティング手法

J-WAVEで今まさに放送していたので車を止めてとりあえず送信。 帰って来て現在 …

ステーキ専門店-和牛[松坂]ログ亭 (埼玉県熊谷市)

焼肉ログ亭としてリニューアルされました。 お休み中にステーキ専門店「和牛ログ亭」 …

一度見たらおしまい残らない写真が送れる「Snapchat」【iPhoneアプリ】

一度見たら数秒で見れなくなってしまう写真が送れるiPhoneアプリがあるらしい。 …

東京電力、原発事故の影響を受け料金で沖縄電力を抜き日本一高い大手電力会社に

原発事故から3年以上たった今、いつの間にか東電が再びやりたい放題のようです。   …

人気ブログランキング終了

「はてな」をはじめたことをきっかけに全体的にブログの集客方法を見直しました。

今年の参議院議員通常選挙はインターネット選挙解禁でFA

何日か前は今年の参院選には間に合わないかもと言われていましたね。

□ 自民公約,初黒星か「ネット選挙解禁が参院選に間に合わない可能性」 – ガジェット通信

この記事をみて少々落胆していたのですが、また自民党がやってくれましたね。
やはり失敗して学ぶことは多いようです。
これはもう、自民党は変わったんだと思わざるおえませんね。

なお、これにより、

  ホームページ、ツイッター、フェイスブックなどを選挙期間中も利用できるようにする。

とのことで一方で、

電子メールによる選挙運動は政党と候補者に限定。送信者の表示を義務づけ、虚偽表示には罰則を設けた。

とのこと。
これに対し、 

民主党とみんなの党はメールを有権者を含めて全面解禁する対案を提出しており、修正協議に入る。

と、これから詳細が詰められていくようです。

当初は色々面倒臭いことが起こりそうですが、これでネット選挙完全解禁に一歩踏み出したということ。
今後の動きに期待したいと思います。 

HDD(ハードディスク)終了か? 韓国SAMSUNG(サムスン)から15TBのSSD(フラッシュディスク)登場

このところ、ケータイ電話の技術革新の話題をいくつか紹介しましたが、PC回りでも大 …

Googleのクリスマス(ホリデーロゴやサンタ探し)

Googleのホリデーロゴ(Doodle)がすっごいことになってます。 □&nb …