新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「Aterm WM3600R」でインターネットに繋がりにくくなったときに確認したほうが良い設定

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この頃、モバイルWi-Fiルーターの「Aterm WM3600R」の調子が良くない。
インターネット接続に異様に時間が掛かる。
状態としてはアンテナアイコンがずっと点滅したままになる。
場所を移動したり、しばらく待っていたりすると直るので電波状況に原因があるのかと思っていた。

スポンサーリンク
 

ところが先日、点滅したままいつまで待っても繋がらなくなってしまった。
連休中なので使用頻度が上がり、電波状況が極端に悪いのかなぁとも思ったがさすがに変だと思い、いろいろ設定を確認してみると怪しい設定を見つけた。
※設定を確認するのはパソコン等をルーターに接続し、ルーターのIPアドレスをブラウザのアドレスバーに入力、
移動後ユーザー名とパスワードを入力してあげれば良い。

それは「その他の設定」にある「補助設定」の「更新通知先IPアドレス」だ。
いつまでもインターネットに繋がらないときに見るべき設定
この更新通知先IPアドレスが初期値で「192.168.0.2」になっていてそこに問題が潜んでいたようだ。

実は、先日記事にしたように僕の「Aterm WM3600R」は設定を少々いじっている。
具体的にはルーター本体のIPアドレスを「192.168.10.1」に変えているのだが、これがよくなかったようだ。
つまり、本体のIPアドレスと更新通知先IPアドレスの階層が違い、
更新通知先IPアドレスに通知が送れず、そこで障害を起こしてしまっていたのだと推測される。

解決策は簡単。
「ファームウェア更新通知機能」を使わなければ良い。
ということで、「使用する」のチェックを外して「設定」後、忘れずに「保存」。

これで問題は解決。
その後、ファームウェアをアップデートし、安定して使えるようになっている。

ちなみに、「ファームウェア更新通知機能」が使いたい場合はIPアドレスを合わせてあげれば良い。
たとえば、上記設定の場合は「192.168.10.2」にでも変えておけばいいだろう。
でも、この機能って必要あるのかなぁ。。

 - トラブル, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Gポイント(G-Point)で本を買ってみた

何度か過去のブログでも紹介してきました「Gポイント」は、様々なポイントと相互交換 …

フォローされているかされていないかを確認する簡単な方法【ツイッター】

埼玉県熊谷市のツイッター(Twitter)ポータルサイト「つぶくま」。 こちらの …

SSL証明書の切り替え、引き継ぎに注意しよう。危険なサイトと判断されPV激減

SSL化早まったかなぁ。。 先日、SSL証明書の期限が1月中で切れるので引き続き …

「JAF(ジャフ)」のツイッターアカウントがつぶやく自動車豆知識がすごく役に立つ

「JAF(ジャフ)」とは「JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION …

no image
いい加減イラストレータ8はやめようよぅ。。

最近おとなしくなっていた(全体的に仕事量減ってるからねぇ。。)出力トラブルが発生 …

Flicksquareの設定を復活させる方法(foursquare→Flickr連携)

Flicksquareの設定が復活していたのでその方法を書いておきます。何もせず …

Youtubeでファイルをダウンロードする裏技

Youtubeの動画がダウンロードできたらいいと考えたことはありませんか? 実は …

no image
HDDは今のところ2TBが最高

気になるハードディスクの現段階での最大容量がわかりました。 □世界最大容量更新、 …

書けば書くほど人がくるの法則

「後藤真希が硫化水素自殺は本当か?」以来ちょくちょく読ませていただいている「ネッ …

「ワークフォースマネジメント」とは何のこと?

「アクティビティストリーム」に続いては「ワークフォースマネジメント」。直訳すると …