新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「ルパンの消息」は謎と人間関係が幾重にもかさなるミステリー

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

某所にて「ルパンの消息」なる映画の様なドラマを見させて頂きました。
当然「ルパン」というタイトルに惹かれて見たのですがこれがまったくアニメ「ルパン三世」とは関係なく、
B級臭さを漂わせながらも非常に素晴らしいミステリー作品だったので紹介します。

何故「映画の様なドラマ」なのかというと映画館での上映は一切なく、WOWOWで放送されDVDで発売された作品なのです。
こんな作品放送しているんですねぇ。。WOWOW入ろかなぁ。。

□  ドラマW 横山秀夫「ルパンの消息」|WOWOW ONLINE

スポンサーリンク
 

この物語は3億円事件を舞台にしたフィクション。
3億円事件で時効寸前まで容疑者を追い込みながらも時効を成立させてしまった担当刑事が、新たな時効寸前の事件に挑む。
様々な人間が登場し、様々な人間関係を見せるその事件には、当時3億円事件の容疑者となっていた男も関係していた。
そこには愛情あり、憎しみあり。そしてそれぞれの関係が明らかになった時、そこからまた新たな謎が生まれる。
ただのサスペンスではない人間同士の心のぶつかりにハラハラドキドキさせられっぱなしでした。
そして最後のびっくりするような結末。

今となってはDVDでしか見れなくなってしまいましたが、ひょっとするとどこかでめぐり合うことがあるかもしれません。
世界は広いようで狭い。殊、インターネットの中においては。

PS. 熊谷出身の俳優「相島一之」さんも冒頭出てきてましたよ。

原作となっているのはミステリー作家「横山秀夫」氏のデビュー作「ルパンの消息」です。

その他の「横山秀夫」氏の作品はこちら

 - おススメ, レビュー・レポート

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

印刷業界はもうダメだ!? 中小印刷業の生きる道

印刷業界はもうダメなのだろうか? 大日本印刷および凸版印刷を中心に動いている印刷 …

故小松左京氏の「日本沈没」はノンフィクション?

先日、お亡くなりになりました小松左京氏の代表作「日本沈没」。 2度にわたり映画化 …

一般的な花火大会の穴場を熊谷花火大会から考察してみる

先日、地元埼玉県は熊谷市で花火大会が行われました。地元ということで、ほぼ毎年見さ …

駅前インドカレー「ビンディ(Bindi)」熊谷ティアラ店

年末にかみさんと行ってきたインド料理店。もう一度行ってからと思っていたのですがな …

no image
日本国民はそんなにも中国と戦争したいの?

渋谷で中国との尖閣諸島でのトラブルに関する大規模なデモが行われたらしい。らしいと …

熊谷発のパンクバンド「NANISAMA?」のライブに行ってきた!

都内に住んでいるときはちょくちょく渋谷の「La.mama(ラママ)」辺りには行っ …

Facebookページとグループの最大の違い

Facebook(フェイスブック)をビジネスで活かすに当たり注意しなければならな …

ソフトバンク「iPhone 5」で余計なサービスを解約する方法(UULA[ウーラ]編)

ソフトバンク「iPhone 5」で契約時に勝手に入らされるサービスを解約する方法 …

no image
レベルが低いのは日本のメディアか日本人か?

日本は裕福な国だ。 ほぼ全ての人がテレビを見ることができ、インターネットも技術的 …

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」が本になった!!

ブラック会社って凄いです。ここのアクセスキーワードの上位も「ブラック企業」。 そ …