新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「ヒつぶやく」ボタンをTwitter公式のものに変えてみた

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

当ブログタイトルのすぐ横に「ヒつぶやく」ボタンがあるのに気づいていますか?
このボタンは、クリックすると該当の記事に対してツイッターで呟くことができるといったものなのですが、実はこれ、自分でかってに作った非公式のボタンです。
そんななか、どうも最近公式ボタンができたらしいとの情報を得たのでさっそく導入してみました。
Twitterブログ: ツイートボタンでリンクを簡単に共有しよう

スポンサーリンク
 

設置は非常に簡単。

  1. まずは以下のサイトに行く。
    Twitter / ツイートボタン
  2. こちらでいろいろ設定。
    ボタンの基本デザインを3つの中から選択
    tweetボタン1
    通常はページタイトルですが自由に設定することも可能。
    tweetボタン2
    ここは大事。リンクを入れることができます。自動で短縮URLに変換。
    tweetボタン3
    ここはもちろん日本語で。tweetボタン4
    @をつけて返信にすることもできます。また、このときフォローを促します。(これは自作ツイートボタンにはない機能)
    tweetボタン5
  3. できたソースをコピー
    tweetボタン6
  4. 今まで「ヒつぶやく」の入っていた部分を該当のソースと入れ替える。 

以上。

旧ツイートボタン
設置前の状態

新ツイートボタン
設置後の状態

「拍手ボタン」を取ってしまったのは「ツイートボタン」は後ろにスペースができるので格好悪くなってしまうから。
もしかするとそのうち、facebookの「いいね!」ボタンを付けるかもしれないし、だとしたら拍手ともかぶるからもう使わないかもと思ったのも原因の一つ。。
それにしても意外とでかいね。もうちょっと絞ってもらっても良かったような。。

で、颯爽とクリックしてみるとちょっと変。
というのも、個別記事に関しては問題ないのですがカテゴリやトップページ等、複数の記事が1ページに含まれるものに関してはそのページ(カテゴリのページ)がツイートされてしまい個別記事がツイートされない。
したがって、個別記事以外は元に戻す。

実は細かい設定をすればできるのですがそれに関しては次回に回します。

 - ユーザビリティ, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
正月早々

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。自宅兼会社で使っているノートパ …

モバイルサイトのスクリーンショット

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「モバイルサイトを本格的に始め …

Facebookの画像をiPhoneの連絡先に使う方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。iPhoneの連絡先には画像( …

ブログとツイッター(twitter)の連携について一部変更

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いろいろなサービスを使っていま …

ZIP圧縮すると音楽データが劣化するとツイッターで話題に

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。圧縮には可逆圧縮と非可逆圧縮の …

やっぱりGoogleは正しい。広告スペースが大きいければ収益は上がる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こんなの当然といえば当然なのか …

全角英数字を半角にしてくれる「Google Chrome」のアドオン「さよなら全角英数」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。かみさんがうれしそうにメール送 …

エスカレーターは歩いちゃいけない。急いでいるときは、階段走るのがベスト

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、ワンダーフェスティバル開 …

ライブドアブログで「○ん○ん」を実現する方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、ライブドアブログで丸数字 …

no image
デザインイメージは9パターン用意しろ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。本日、打ち合わせでかつてソニー …

血液型オヤジ