新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

無料で全部入りのiPhone用ツイッタークライアント「TweetMe」

      2014/11/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

このiPhone(アイフォーン)のツイッタークライアントアプリは最近できたんでしょうか?
調べてみると18日付で以下の記事を発見。
音声入力や複数アカウントに対応――iPhone向けTwitterアプリ「TweetMe」、近日公開 – ITmedia +D モバイル
このとき、近日公開ということだったので、まだ、出たばかりということになりますね。

僕はツイッターのつぶやきでこのクライアントアプリを知り、「全部入り」で「無料」という言葉に惹かれさっそく使ってみています。
Twitter / まいまい: TweetMe試用中。無料で全部入り。使い勝手も直感 …

TweetMe

【PR】
Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
著者:津田 大介
販売元:洋泉社
発売日:2009-11-06
おすすめ度:4.5
レビューを見る

スポンサーリンク
 

結論からいうと僕はこのクライアントアプリを使い続けると思います。
ただし、メインでは使いません。
サブでしかもあるひとつの機能のために使い続けます。
それは、片思い表示。

全部入りのこのツイッタークライアント、「キーワード検索」や「音声によるツイート」、「翻訳」までできてしまうというなんともすごいアプリなのですが、僕が特にいいなぁと思ったのは片思い(こちらからフォローしているがあちらからはフォローされていない、もしくはその逆)の相手がすぐわかるところ。
片思いの相手はアイコンの右下に欠けたハートが表示されます。
意外とこの機能のあるツイッタークライアントはないのでは?

しかも、たまたま思い立って相互フォローを勧めようかなぁと思っていた矢先だったので、この機能は重宝しそうです。
今まではどちらかというと情報収集ツールとしてツイッターを活用していたのですがリストができたおかげで情報収集系のアカウントはリストに移行、今後はコミュニケーションツールとしてツイッターを活用していこうと考えていました。

そういう意味で「TweetMe」のフレンド管理機能はかなり使えます。
TweetMe03

TweetMe01 TweetMe02
一方で普通にTLを見たりツイートしたりすることに関してはちょっとだけ気になるところがありました。
それは、APIの制限に頻繁に引っかかってしまったところです。
いろいろな機能を求めるあまりの弊害か、何度かAPIの制限に引っかかったり、APIサーバーエラー等が起きていました。
導入時だったので色んなデータを読み込まなければならないからかもしれませんが。。

それと、こちらも機能を詰め込んだ弊害でしょう、ちょっとばかり重い気もしました。
それ以外は文字がちょっと小さめかなぁくらいで、リストにも対応しているし、RTの仕様は古いけど特に問題ないんじゃないでしょうか。

いずれにしても出たばかりですしなんといっても「無料」ってのは魅力です。
これからも、注目していきたいツイッタークライアントの一つであることは間違いないでしょうね。

 - iPhone, ツイッター(Twitter), レビュー・レポート, 告知・紹介・ニュース , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

mixiスマホ版がリニューアル。つぶやきがより前面に

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。mixiスマートフォン(iPh …

今年の参議院議員通常選挙はインターネット選挙解禁でFA

何日か前は今年の参院選には間に合わないかもと言われていましたね。

□ 自民公約,初黒星か「ネット選挙解禁が参院選に間に合わない可能性」 – ガジェット通信

この記事をみて少々落胆していたのですが、また自民党がやってくれましたね。
やはり失敗して学ぶことは多いようです。
これはもう、自民党は変わったんだと思わざるおえませんね。

なお、これにより、

  ホームページ、ツイッター、フェイスブックなどを選挙期間中も利用できるようにする。

とのことで一方で、

電子メールによる選挙運動は政党と候補者に限定。送信者の表示を義務づけ、虚偽表示には罰則を設けた。

とのこと。
これに対し、 

民主党とみんなの党はメールを有権者を含めて全面解禁する対案を提出しており、修正協議に入る。

と、これから詳細が詰められていくようです。

当初は色々面倒臭いことが起こりそうですが、これでネット選挙完全解禁に一歩踏み出したということ。
今後の動きに期待したいと思います。 

Android(アンドロイド)スマートフォンでデフラグはできるの?アプリは怪しいヤツばかり

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。年末といえば大掃除、パソコンの …

Google+ハングアウト(ビデオチャット)のすっぴん、寝ぐせ機能がすごい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。実は、これだけITインフラをブ …

mixi(ミクシィ)はWordPress(ワードプレス)で作られていた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。意外と大手さんでもワードプレス …

Flickr(フリッカー)がリニューアル。写真の位置情報を表示

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。画像共有サイトFlickr(フ …

カフェ(喫茶店)は「人気ブログランキング」が重要

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。かつて当サイトでも使わせていた …

秋葉原駅構内「味噌屋与六」はたぶん味噌が違う

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、打ち合わせ帰りに秋葉原で …

WiMAXで自宅サーバーが不可能に?グローバルIPからプライベートIPへ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今まで標準でグローバルIPアド …

おばあちゃんがソロバンを弾いてくれるパン屋さん「木村屋製パン」【浦和グルメ】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。さて、浦和グルメラーメン以外編 …

血液型オヤジ