新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

売上と検知率は反比例?(最近のウイルス対策ソフト状況)(10/13追記)

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

GIGAZINEさんでウイルス対策ソフトの検知率ランキングが紹介されていました。

最強のウイルス対策ソフトはどれなのかランキング2009年8月版 – GIGAZINE

ESET Smart Security V4.0ESET Smart Security V4.0
販売元:キヤノンITソリューションズ
発売日:2009-06-12
おすすめ度:5.0
レビューを見る

スポンサーリンク
 

◆検出力ランキング
1位 G Data AntiVirus(G Data インターネットセキュリティ 2010):99.8%
2位 AVIRA AntiVir Premium:99.4%
3位 McAfee VirusScan Plus(マカフィー):98.7%
4位 Symantec Norton Anti-Virus(ノートン アンチウイルス 2010):98.4%
5位 avast! Professional Edition:98.0%
6位 F-Secure Anti-Virus(エフセキュア アンチウイルス 2010):97.9%
7位 BitDefender Anti-Virus(Bitdefender 2010):97.8%
8位 eScan Anti-Virus:97.7%
9位 Trustport AntiVirus:97.6%
10位 ESET NOD32 AntiVirus(ESET NOD32アンチウイルス):97.2%
11位 Kaspersky Anti-Virus(カスペルスキー):94.7%
12位 AVG Anti-Virus:94.0%
13位 Sophos Anti-Virus(ソフォス):91.3%
14位 Microsoft Live OneCare(販売終了、無料版の「Security Essentials」が後継):90.0%
15位 Kingsoft AntiVirus(キングソフトアンチウイルス):86.4%
16位 Norman Antivirus & Anti-Spyware:84.8%

以上が8月度の結果。

別機関かもしれませんが、以下9月の結果。
AVテストによる検出率テスト結果(9月)-ウイルス対策ソフト情報

#1 G Data アンチウイルス―――――――――――99.91%
#2 McAfee ウイルススキャンプラス―――――――99.84%
#3 Norton アンチウイルス ――――――――――99.42%
#4 Microsoftセキュリティエッセンシャルズ――――98.35%
#5 NOD32 アンチウイルス ――――――――――97.54%
#6 ウイルスセキュリティ ZERO ――――――――97.35%
#7 Kaspersky アンチウイルス ―――――――――97.23%
#8 ウイルスバスター ―――――――――――――96.77%
#9 AVG アンチウイルス ――――――――――――96.22%
#10 ウイルスキラーゼロ ――――――――――――87.46%

「G Data アンチウイルス」の凄さは相変わらずですね。
僕が使っている「イーセットスマートセキュリティ」はNOD32になります。
したがって8月が10位、9月が5位ですね。
順位が上がっているからといって相手が違うみたいなので決して良くなっているというわけではないでしょう。

全体的に見てちょっとだけ気になったことがあります。
「イーセットスマートセキュリティ」に関してはまあ、そんなもんだったかなぁといった感じですが、
かつて検知率上位の常連だった「カスペルスキー」がかなり落としています。
9月にいたっては悪評高い「ウイルスセキュリティZERO」にも負けている。
ジャストシステムさんが日本での正規代理店になってから、マーケティング力をつけ、おそらく売上も上がってきたでしょう。
それに反比例するかのごとく検知率が下がってきちゃってるんですね。
もちろん、「イーセットスマートセキュリティ」も自慢できる数字じゃありません。
こちらもキヤノンさんががんばって売上は上がってきているでしょうけど。。

かつては、ウイルス対策ソフトNo1の「ノートン」も王者の油断で検知率が落ちてきたことがあったと記憶していますが、ここは一つ、売上に左右されず、かつての力を取り戻して欲しいと思います。

もっとも検知率が下がればまちがいなく商品価値は落ち、売上も落ちてくるでしょう。
だからこそ、「ノートン」も検知率で挽回してきたのでしょうから。

AV-Testによるウィルス検出率テストでカスペルスキー凋落のわけ -OKWave(13日追記)

 - セキュリティ, 告知・紹介・ニュース

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

熊谷桜堤にお花見散歩に行ってきた(熊谷散策昼の部)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。去る4月10日に小5になったば …

no image
twitter(ツイッター)が面白いということがよくわかる例

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「twitterは面白いのか? …

no image
遂に実用化?脳で動かすパソコン

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前、インターフェイスの記事「 …

これは怖い。会社情報まる分かりの「転職会議」が凄い!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。自社に限らずSEMの一環で社名 …

「宇野千代きもの」の染色工房

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今回はホームページ及びブログの …

復活!ツイッターでRSS「Twitter RSS」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ツイッターがRSSの提供を辞め …

Google Maps完全ナビ化。ネット接続のないオフライン状態でも完全利用可能に

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「Google maps」のナ …

ツイッターが完全オープンじゃなくなる。ささやきモードでツイートごとに公開設定か

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。このところ伸び悩んでいるツイッ …

遂に資本主義が終了へ 【今週のトピック】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。日本時間の5月6日深夜から7日 …

foursquare(フォースクエア)で写真添付、iPhoneアプリが対応

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。待っていたこの機能!位置情報S …

血液型オヤジ