新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

紙はなくならない。印刷がなくなる?

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一部ブロガーたちの間で紙談義が盛り上がっている様子。
その、元となっているのが以下の思い切った記事と思われる。
紙の本が100%亡くなると断言できる、たった一つの理由 – 今週の天牌

断言できる理由、それは紙の本が”印刷”という技術だからです。

これが「はてな」でたくさんのブックマークを得て多くのブロガーに飛び火したようだ。
僕もその一人

かわいい紙と布 素材集かわいい紙と布 素材集
著者:MdN Design
販売元:MdN
発売日:2008-11-21
おすすめ度:5.0
レビューを見る

スポンサーリンク
 

反論する以前に紙なんてなくなるわけがないのだが、印刷といった技術に関してはなくなる可能性があると言う意味で間違っていない部分もある。
もっとも、広義の印刷がなくなることはなく、印刷技術の中に淘汰されていくものが出てくるだろうと言うこと。

まずは、紙がなくなるわけがないと思う理由。
普通に考えればわかる。ティッシュペーパーがなくなるわけがない。
ものを書くといった文化もなくならないだろう。したがってノートやメモ帳もなくならない。
ノートに物語を書けば立派な「紙の本」の出来上がりだ。
おそらく筆者は「印刷物」という意味で「紙の本」という言葉を用いているのだろうが、そのあたりをハッキリさせないで安易に「亡くなる」なんていうから燃えるのだ。

次に印刷技術の中で淘汰されていくものが出てくると思う理由。
これに関しては実際、すでになくなりつつあるものがあるというのが一番の理由。
「写真植字(写植)」は殆ど見かけなくなり、「フィルム」もなくなりつつある。
おそらく、このままでは「オフセット印刷」という技術は「オンデマンド印刷」という技術に取って代わるだろう。
つまり、通常「印刷」と呼ばれている技術がなくなるのだ。

でも、間違っても「紙の本」はなくならない。それは人間が手を使って文字を書き続ける限り間違いない。
ただし、「印刷と言う技術」の一部はなくなり、弾さんが言っているように、その上にあぐらをかいている者(たとえば我々印刷会社社員とか?)がなくなるのも間違いないだろう。

【その他のブロガーさんたちの見解】
404 Blog Not Found:紙の本が90%亡くなって欲しいと弾言したくもなる、たった一つの理由 (小飼弾さんの見解)
紙が無くなるために必要なこと – IT戦記 (有名プログラマーの見解)
紙の本はなくなる?: 螢日記 (漫画家の見解)
紙の本 通常販売がなくなるのは意外と早いと思う。  – Gadgetize the world (ソフトウェア設計屋の見解)
katsukinoboru.jp ? 紙の本は99%なくなりますよ。株式会社デジカル社長の見解)
オタ医師の憂鬱日記。 紙の本が100%亡くならないと断言できる、たった一つの理由 (お医者さんの見解)

「紙の本は電子書籍に駆逐されない」と出版社CEO – ITmedia News

【自分で書いた関連記事】
新聞は本当になくなってしまうの?
ここ20年で無くなった職業
紙や印刷がこの世からなくなくなることはありません

 - 未分類

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
アンケート結果が信用できない理由

世の中には様々なアンケートが存在しますが、最近特に多いのがインターネットを使った …

no image
モチベーション

みんなはどこにモチベーションを持ってやっているんだろう?

ネット上の悪事自慢はこんなに怖い。もう、バカなことはやめよう

女子高生のコミュニティツールランキングでツイッター(Twitter)が2位という …

DTPシステムで使っているOS比率

当社DTPシステムの話。 実は、いまだに「Mac OS 9」が一番シェアを持って …

さようなら「愛生会病院」。老舗Webサイト閉鎖へ

まさかこんな名サイトを知らなかったなんて。。Webディレクター失格ですな。 □& …

no image
「魚」だけじゃない。妊娠中「果物」を取ると生まれてくる子どもの知能指数(IQ)が上がるらしい

いろいろ、解明されつつある現代においてもどんどん新しいことがどんどん発見されてい …

朝日新聞社員の質の低さ

なんか、新年度早々アングラな話題ばかりですいません。 これが最後、次回からはいつ …

今日からはじめるライブドアブログ

「今日からはじめるライブドアブログ」の2度目のレビューになります。なぜ、そうなっ …

no image
最新の技術では印刷・製本は余計な作業

電子書籍の「自炊」とやらが流行っているらしいがいったいなんのこと?そう思って調べ …

さすが中国3000年の歴史。なんともすごい性事情2つ

どうも最近、日本と仲のよろしくない中国ですが、やっちゃあいけないですが仮に戦争す …