新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

営業と制作はひとつになるべき

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おそらく、営業(的な会社)と制作(会社)でのコミュニケーション不足により、赤字レベルの安値だったり、先方のノリだったりでもらってきた仕事が多いだけで、制作部門(制作会社)は需要が高いと思いがちだという話。

web制作に需要があるような錯覚を起こす理由*ホームページを作る人のネタ帳

中間の人達っていうのは、仕事を取るためにどうしたらいいかという事を考えている。
現場の人達っていうのは、お客に喜んでもらえるためにどうしたらいいかという事を考えてる。
そんな違いがあります。
だから中間の人達って言うのは、全くwebを必要としてない企業にもアタックしてののしられようとも、日々仕事を取るために頭を使い続けて、その全くwebに興味の無いところからも仕事をもって来る。
(中略)
しかし、同時に現場側からしてみれば、需要があるという錯覚を起こしやすくなったといえる。

スポンサーリンク
 

言いたいことはわかるし同感です。

で、いきなり解決策を考えてみたのですが、
営業と制作という分け方をしないで営業もできる制作。制作もできる営業を作っていき、最終的には企画制作的な一部署(一会社)にしていく。
もちろん、根幹はいいものを作ってそれに見合うだけのお金を頂くといった方針。
これは、Web制作だけではなく、印刷でも同じようなことがいえると思います。
最近では小さな制作会社は営業がお客さんのところにノートパソコンを持っていき、その場でDTPでチラシを作ってしまうといったところもあるそうです。

ただし、問題は人材。
営業力と技術力を兼ね備えた人材はなかなかいません。
それが元ネタになっている以下の記事にも繋がってきます。
Web制作の需要はある。しかし、人が余るという不思議な状況 – それ図解で。・・・tohokuaikiのチラシの裏
つまり、そこまでできる人材がいないということです。

だったらそういった人材を育てるシステムが必要なわけで。。

営業を学ぶなら営業のプロに。制作を学ぶなら制作のプロに。
といった具合に、営業一筋の部署(会社)や制作一筋の部署(会社)もそういう意味では絶対必要なんですねぇ。

ただし、会社レベルで考えると、これからはそういった強みを持ちつつも、それだけに固執せず様々な知識や技術を取り入れていかなければならないでしょう。
一方で、個人のレベルではそういった様々なスキルを兼ね備えた人材こそ、今後重宝されていくのではないでしょうか?

 - 会社経営, 雑談

アドセンス広告メイン

Comment

  1. あまじろう より:

    両方できたら独立って事になるわけで、
    個々でそれぞれに(営業・製作に)特化した仕事を行うことで会社(共同体)という形態をとっているのではないでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ビッグサイト、エスカレーター事故の真相

ビッグサイトでエスカレーター事故があったのは記憶に新しい。 僕も以下の記事でネタ …

日本にはエリートはいない

日本にはエリートはいないと言うようなことを小飼弾氏が言っています。 エリートに対 …

no image
twitter(ツイッター)が面白いということがよくわかる例

「twitterは面白いのか?」と言われるとなんと答えますか?「面白いよ」という …

no image
懐かしい! 静岡県浜松市に今秋3日間「ドライブインシアター」が復活!!

これ、一回だけ行ったことがあります。大磯ロングビーチだったかなぁ。。当時は色んな …

ゆびとまも終了? 【今週のトピック】

5月31日~6月6日のトピックです。 近頃、多くの有名サイトが相次いで閉鎖してい …

RSSリーダーは終わった?「Google Reader」7月1日で終了

びっくりしました。今日、Google Readerでニュースを読もうとしたらこん …

no image
タイムリミット

タイムリミットが迫っている、 これを逃すと、おそらくあと数年は同じ環境から抜け出 …

14文字と1400文字のツイッター(twitter) (10/26追記)

ツイッター(twitter)では140文字という制限の中で会話を展開していく。 …

no image
景気回復?

の兆しを見せている様子。 当社では景気がいいのは一部大企業のみだといってごまかし …

no image
ネットの不思議話01 クリック募金

ネットの世界は不思議なことがいっぱいあります。 今日は、そんななかから「クリック …