新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

営業と制作はひとつになるべき

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おそらく、営業(的な会社)と制作(会社)でのコミュニケーション不足により、赤字レベルの安値だったり、先方のノリだったりでもらってきた仕事が多いだけで、制作部門(制作会社)は需要が高いと思いがちだという話。

web制作に需要があるような錯覚を起こす理由*ホームページを作る人のネタ帳

中間の人達っていうのは、仕事を取るためにどうしたらいいかという事を考えている。
現場の人達っていうのは、お客に喜んでもらえるためにどうしたらいいかという事を考えてる。
そんな違いがあります。
だから中間の人達って言うのは、全くwebを必要としてない企業にもアタックしてののしられようとも、日々仕事を取るために頭を使い続けて、その全くwebに興味の無いところからも仕事をもって来る。
(中略)
しかし、同時に現場側からしてみれば、需要があるという錯覚を起こしやすくなったといえる。

スポンサーリンク
 

言いたいことはわかるし同感です。

で、いきなり解決策を考えてみたのですが、
営業と制作という分け方をしないで営業もできる制作。制作もできる営業を作っていき、最終的には企画制作的な一部署(一会社)にしていく。
もちろん、根幹はいいものを作ってそれに見合うだけのお金を頂くといった方針。
これは、Web制作だけではなく、印刷でも同じようなことがいえると思います。
最近では小さな制作会社は営業がお客さんのところにノートパソコンを持っていき、その場でDTPでチラシを作ってしまうといったところもあるそうです。

ただし、問題は人材。
営業力と技術力を兼ね備えた人材はなかなかいません。
それが元ネタになっている以下の記事にも繋がってきます。
Web制作の需要はある。しかし、人が余るという不思議な状況 – それ図解で。・・・tohokuaikiのチラシの裏
つまり、そこまでできる人材がいないということです。

だったらそういった人材を育てるシステムが必要なわけで。。

営業を学ぶなら営業のプロに。制作を学ぶなら制作のプロに。
といった具合に、営業一筋の部署(会社)や制作一筋の部署(会社)もそういう意味では絶対必要なんですねぇ。

ただし、会社レベルで考えると、これからはそういった強みを持ちつつも、それだけに固執せず様々な知識や技術を取り入れていかなければならないでしょう。
一方で、個人のレベルではそういった様々なスキルを兼ね備えた人材こそ、今後重宝されていくのではないでしょうか?

 - 会社経営, 雑談

アドセンス広告メイン

Comment

  1. あまじろう より:

    両方できたら独立って事になるわけで、
    個々でそれぞれに(営業・製作に)特化した仕事を行うことで会社(共同体)という形態をとっているのではないでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ゆびとまも終了? 【今週のトピック】

5月31日~6月6日のトピックです。 近頃、多くの有名サイトが相次いで閉鎖してい …

個人のホームページは終わった? 12万件削除、ニフティ「@homepage」サービス終了

かつて、「ホームページ」という言葉が出始めていた頃、個人でホームページを持つのが …

思い立って「清須会議」は三谷幸喜監督作品としては異色

先日、月に一度の平日休みで紅葉でも見に行こうかなとネットで検索していると、どうも …

M-1グランプリ2016。優勝は過去に決勝戦で「笑い飯」とも戦ったことのある実力派「銀シャリ」

なんと、M-1グランプリ終わってしまっていました。 去年、5年ぶりに復活した際は …

ツイッターのTwitterステータスブログは「Tumblr(タンブラー)」

ツイッターとTumblr(タンブラー)ってどういう関係なのかなぁと気になっていた …

カニバリズムは神話なのか?

以前、「「Web(ウェブ)」と「印刷」カニバリゼーションの悲劇」という記事を書か …

果たして6月に雪は降るのか?21世紀最強寒波到来中

ここ数日暑いですね。 さすがに、上着を着ていくのは大変。とはいえ、夜は意外と寒か …

no image
繁栄あれば衰退あり。

Yahoo!ニュース – 産経新聞 村上被告に懲役2年 追徴金11億 …

今年の参議院議員通常選挙はインターネット選挙解禁でFA

何日か前は今年の参院選には間に合わないかもと言われていましたね。

□ 自民公約,初黒星か「ネット選挙解禁が参院選に間に合わない可能性」 – ガジェット通信

この記事をみて少々落胆していたのですが、また自民党がやってくれましたね。
やはり失敗して学ぶことは多いようです。
これはもう、自民党は変わったんだと思わざるおえませんね。

なお、これにより、

  ホームページ、ツイッター、フェイスブックなどを選挙期間中も利用できるようにする。

とのことで一方で、

電子メールによる選挙運動は政党と候補者に限定。送信者の表示を義務づけ、虚偽表示には罰則を設けた。

とのこと。
これに対し、 

民主党とみんなの党はメールを有権者を含めて全面解禁する対案を提出しており、修正協議に入る。

と、これから詳細が詰められていくようです。

当初は色々面倒臭いことが起こりそうですが、これでネット選挙完全解禁に一歩踏み出したということ。
今後の動きに期待したいと思います。 

森ガールに足りないもの

「森ガール」といった言葉が今、ファッション界でウケている。 決して小泉チルドレン …