新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

コメントに対しての当ブログの考え

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

最近コメントもいただけるようになりうれしい限りです。
すべてのコメントにお返事は返せていないのですがしっかり読んで参考にさせていただいています。
なぜ私のコメントには返事がないの? と思う方もいるかもしれませんので、 当ブログでのコメントに関しての考えを述べてみようと思います。

スポンサーリンク
 

  1. お礼だけのコメントは基本的にはしません。
    非常に参考になるアドバイス等をいただき、お礼をしたくなることもあるのですが、お礼だけのコメントはしないようにしています。
    これに関しては「お礼のコメントには対象者以外なんの価値もない」というのが1点。
    そして「SEO上あまり余計な文章は入れたくない」という2点の理由からになります。
    ただし、お仕事上お付き合いのある方や、顔見知りの方に関しては例外を厭いません。
    かつてすばらしいフリーのCGIスクリプトを提供されている方の掲示板にお礼のコメントを書きに行ったことがあったのですが、 トップページの注意書きに「お礼のコメントはやめてください」みたいなことが書いてあって「ハッ!!」としたことがあります。
    それとはちょっと違いますが。。
  2. 追加情報や誤報の指摘等は、本記事を追記、更新することでお礼と代えさせていただきます。
    上記のような有益なコメントはコメント欄だけだと目立たないので、本記事を更新することで対応することがあります。
    その場合、更新(追記)日時をはっきりとさせ、元記事もなるべく残す方針です。
    中には検証が必要となる場合もありますので、更新時期に関しては未定です。
    (新しいコメントのほうが対応が速くなる場合もあります)
  3. 参考になるコメントに関しては後日、記事のネタにすることがあります。
    ライブドアと当ブログの関係に似ているところでもありますが、 当ブログにいただいたコメントは、当ブログでネタになる場合もあります。
    ご了承ください。

最後にブログコメントに関して以下のような記事を見かけたのでご紹介します。
アメブロのブログマナー定義がどうも腑に落ちない*ホームページを作る人のネタ帳

基本的にブログのマナーとして、読者になってもらったら、自分も読者になったり、コメントをもらったら、「コメント返し」を、「ペタ」をつけてもらったら「ペタ返し」をしに行くというマナーがあります

妙にタレントブログの多いアメブロのブログマナーだそうです。
この場合は「コメントをした人のブログに行ってコメントを返せ」ということなので、ちょっと内容が違ってきます。
上記記事内で「ホームページを作る人のネタ帳」さんはこう言っています。

『見たならコメントすれ』
『コメントしないなら見に来るな』
こういう風潮に一時期なった某SNS。
これらをマナーと言ってしまうと、ものすごいやりにくい人たちも沢山いる。
-中略-
ブロガーさんはそんな事より、書きたいことを書く。伝えたい事を伝えるという事に集中して、書いていった方が、はるかに有意義なブログの使い方が出来ると思いますよ!

まさにそのとおりだと思います。
某SNSってのもなんとなく検討つきますね。
ただ、馴れ合い、コミュニティは日本人の特性です。
現実の世界ではそれがないと生きていけない人たちがたくさんいます。
決していいことじゃないんだけど、今の日本では必要不可欠となってしまっているんですよねぇ。。
ま、それをルール化しようどうのってのとはちょっと違うと思いますけどね。

 - 告知・紹介・ニュース, 覚え書き

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

5月1日「livedoor Blog(ライブドアブログ)」が完全無料化!独自ドメイン設定も無料!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。個人的には長年使ってきたliv …

上野駅ビル居酒屋「月の雫」。ここも意外と穴場かも

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、浦和駅前デパ地下居酒屋「 …

殆どのスマホユーザーの個人情報はFacebookに握られている

そう、それがシャドープロファイルと言われているものです。
そして怖いのはこのシャドープロファイル、Facebookアカウントを作ったことのない人のものまで作られているとのことです。

あるFacebookユーザーの連絡先にあなたの個人情報が書かれていたら注意。
その方がFacebookに連絡先へのアクセスを許可していたらあなたがFacebookをやっていなくてもアウトです。 

ではどうやったら防げるのか?
最近ではFacebookアプリがプリインストールされているスマホ(スマートフォン)も多いのでほぼ防ぐことは不可能でしょうね。

つまり、

過去にFacebookのアカウントを作ったことがなく、Facebookを利用している人とアドレスなどの交換をしていないという場合のみ「あなたのシャドープロファイルは作られていません」

とのこと。
Facebookのアカウントを作ったことがない人は結構いるんじゃないかと思います。
ただ、Facebookを利用している人とアドレス交換をしていない人なんて殆どいないんじゃないでしょうか?
そもそも、その人がFacebookをやっているのかどうか調べてアドレス交換するなんてことできないでしょうし。。

これから、こういった情報が一般的になってくると、自分のようにFacebookやってる感を前面に出している人なんかは逆に、嫌厭されてしまうような時代がきてしまうのかもしれません。
でもね。
結局は架空請求や先日被害にあった債権回収詐欺等、それを使う悪いやつがいなければ別に個人情報何ら問題ないんですよね。
だって、かつては電話帳(ハローページ)に普通に電話番号が載っていた時代があるんですから。
嫌な時代になっちゃいましたねぇ。。

あとはFacebookの技術を信じて、そういった悪い輩に個人情報が流れないようにしてもらうしかないですね。
よく、「あとは神のみぞ知る」なんてこと言うことがありますが、Facebookもそういう意味では神の領域に入りつつあるのでしょうか?
人間が神の領域に足を踏み入れるとどうなってしまうのか? 注目して行きましょう。 

no image
各少年マンガ誌がこぞって無料配信へ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。口火を切ったのは「少年ジャンプ …

no image
「居酒屋風スナック夕子」が更に進化。若手経営者の集う会も

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。以前から何度か紹介している埼玉 …

「iPhoneを探す」は回線契約を解約しても使える

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なくしたときは電源を切っていた …

Googleストリートビューで福島県の帰宅困難地域の様子が全域見れるようになった

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。わが町、熊谷でも去年の2月から …

WordPress(ワードプレス)のヘッドライン表示は「query_posts」じゃなくて「get_posts」 #wp

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。プログラムのプロではないのです …

なんか色々やばい。iOS7はパスコードを設定しないとパスワード、クレジットカード番号等が丸見え【iPhone】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、「iOS 7」にパスコー …

山梨県旅行記(甲府市、南アルプス市へふらり一人旅)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、山梨県甲府市及び南アルプ …

血液型オヤジ