新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

ニッチな話題にかたよりそうだ(本の話)

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

本棚にあった文庫本自分だけにしか書けないブログにこだわると、
どうしてもニッチな話題。マイナーな話題にかたよりそうだ。
今回はぼくが文章を書くことに興味をもったきっかけにもなっている、
二人の作家の特にお気に入りの作品を紹介します。

スポンサーリンク
 

晩年 (新潮文庫)
まずは、中学、高校と読み漁った「太宰治」作品。その中でもお気に入りの作品「晩年」の紹介。
「晩年」というタイトルから後期の作品を思い浮かべるが、なんとこれは太宰治のデビュー作となっている。
短編のオムニバスとなっていて一つ一つが不思議な雰囲気を持っている。
これが太宰治の味なのだろうと思わせる作品。
今読んでも新鮮なので読んだことのない人は読んでみてください。
長編も好きだけど、太宰治の作品は短編集が特におススメです。
太宰治 – Wikipedia

残像に口紅を残像に口紅を (中公文庫)
続いて高校から20台前半に読み耽っていた筒井康隆氏の作品「残像に口紅を」
筒井康隆氏の作品も太宰治作品と同様どれもおススメなのだが、
これに関してはちょっとびっくりというかこんなのありえないって小説なので紹介させて頂いた。
というのは、話を進めるごとに使える文字(五十音)が減っていき最後には「ん」だけしか残らない。
もちろん終わり際の文章は「ん」のみ。いったいどんな話になっているのか興味ありませんか?
筒井康隆 – Wikipedia

考えてみたらちょっと古いけど全然ニッチな話題じゃなかった。
もっともスタンダードな純文学とSFを紹介してしまいました。

 - おススメ, 雑談

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

富士フイルムがエボラ出血熱を攻略!感染したフランス人看護師が完治!

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。これは嬉しいニュースです。 □ …

no image
どこまで落ちるの?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ライブドア株ですが取引が成立し …

no image
スパムがなくならない訳

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□全世界の電子メールの94%が …

ふたご座流星群を「Star Walk」で楽しもう【iPhoneアプリ】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。昨日と勘違いしていたのですが今 …

no image
「6÷2(1+2)=」は「9」ではなく「1」が正解

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。6÷2(1+2)= 上記問題の …

no image
東京電力による計画停電は当面行われないらしい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。東京電力が今後、計画停電を原則 …

no image
インターネットは強者のツール? #3

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。では、強者はどのようにインター …

no image
ググってはいけない検索ワード(絶対に検索してはいけないワード) part2

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。他にもこんなにあったググっては …

no image
違法コピーの密告に100万ドル

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Yahoo!ニュース &#82 …

no image
熊谷うちわ祭

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。その他の「うちわ祭」関連記事→ …

血液型オヤジ