新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

最近の若者の傾向、Instagram↑、Facebook↓、ツイッター↕

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

最近の若者が好むSNSの傾向としてツイッター、Instagramは伸びているそうですが、Facebookが随分と落としてきているようです。

□ 落ち目の傾向!? 72% → 45%と10代のFacebook離れが顕著に / InstagramとTwitter人気は上昇中! | ロケットニュース24

1位:Instagram(画像共有サイト) 69% → 76%
2位:Twitter(短文投稿サイト) 63% → 59%
3位:Facebook(ソーシャルネットワーキングサイト) 72% → 45%
4位:Pinterest(スクラップブックツール) 21% → 22%
5位:Tumblr(マイクロブログサービス) 21% → 21%

本

スポンサーリンク
 
ここ半年間で調査した結果が上記の通り。

1位だったFacebookは72%から45%にまでシェアを落とし、3位になっています。
一方、2位だったInstagramはシェアを伸ばして1位に踊り出ました。
3位だったツイッターはシェアは落としたものの、Facebookの落ち込みが激しすぎて漁夫の利で2位にランクアップしていますね。

これ、アメリカの若者(10代)の傾向だそうです。

日本ではどうかというとおそらく同じような流れをたどるんじゃないでしょうか?
ただし、日本ではここにLINEが絡んでくるのでまた変わってくるかもしれません。

ちなみにうちの娘ですが、現在、LINEとツイッターを併用中。
Instagramはまだ初めていないようです。
Instagramの代わりがLINEって感じなんでしょうかね?

意外とツイッターが強いのがツイッター好きオヤジとしては嬉しいです。
もっとも、LINE同様、ツイッターに関してはインフラ化しちゃっているところありますもんね。

そういう意味ではFacebookは複雑かつ個人情報の温床であるだけに、若い人には避けられがちになってしまったのかもしれません。
ほんと、IT業界一寸先は闇ですねぇ。。
もっとも、その程度じゃちょっと太陽が雲に隠れたくらいなんでしょうけどね。

 - Facebook(フェイスブック), ツイッター(Twitter), マーケティング , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
コミック・ガンボは何を間違えたの?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。無料漫画誌「コミック・ガンボ」 …

埼玉県熊谷市のカラオケスナック「居酒屋風スナック夕子」お客様の声

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今までも何度か紹介させていただ …

no image
2011年12月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。去年12月は10月、11月と比 …

no image
アクセスだけを稼ぐためのページを考えてみる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。海外サイトに日本の地名をローマ …

ツイッターのツイートはURL偽装ができる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。偽装ったってURL偽装です。ア …

2012年度年間アクセスランキング

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。すみません、忘れてました。20 …

これからの音楽購入のカタチ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ま、進んでいる人はとっくにやっ …

2015年7月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。7月、と言うと熊谷ではうちわ祭 …

ステマ(ステルスマーケティング)とは何のこと?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。久しぶりに「何のこと?」シリー …

間に合った?ツイッター(Twitter)の全ツイート取得が一部ユーザー対象で始まった(3/23追記)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ツイッターのCEOが宣言した通 …

血液型オヤジ