新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

最近の若者の傾向、Instagram↑、Facebook↓、ツイッター↕

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

最近の若者が好むSNSの傾向としてツイッター、Instagramは伸びているそうですが、Facebookが随分と落としてきているようです。

□ 落ち目の傾向!? 72% → 45%と10代のFacebook離れが顕著に / InstagramとTwitter人気は上昇中! | ロケットニュース24

1位:Instagram(画像共有サイト) 69% → 76%
2位:Twitter(短文投稿サイト) 63% → 59%
3位:Facebook(ソーシャルネットワーキングサイト) 72% → 45%
4位:Pinterest(スクラップブックツール) 21% → 22%
5位:Tumblr(マイクロブログサービス) 21% → 21%

本

スポンサーリンク
 
ここ半年間で調査した結果が上記の通り。

1位だったFacebookは72%から45%にまでシェアを落とし、3位になっています。
一方、2位だったInstagramはシェアを伸ばして1位に踊り出ました。
3位だったツイッターはシェアは落としたものの、Facebookの落ち込みが激しすぎて漁夫の利で2位にランクアップしていますね。

これ、アメリカの若者(10代)の傾向だそうです。

日本ではどうかというとおそらく同じような流れをたどるんじゃないでしょうか?
ただし、日本ではここにLINEが絡んでくるのでまた変わってくるかもしれません。

ちなみにうちの娘ですが、現在、LINEとツイッターを併用中。
Instagramはまだ初めていないようです。
Instagramの代わりがLINEって感じなんでしょうかね?

意外とツイッターが強いのがツイッター好きオヤジとしては嬉しいです。
もっとも、LINE同様、ツイッターに関してはインフラ化しちゃっているところありますもんね。

そういう意味ではFacebookは複雑かつ個人情報の温床であるだけに、若い人には避けられがちになってしまったのかもしれません。
ほんと、IT業界一寸先は闇ですねぇ。。
もっとも、その程度じゃちょっと太陽が雲に隠れたくらいなんでしょうけどね。

 - Facebook(フェイスブック), ツイッター(Twitter), マーケティング , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

mixiページにアクセス解析、が意味があるのか疑問

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。mixiページにアクセス解析機 …

「缶コーヒー」マーケティング対決最強はどこ?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。普段は「UCCブラック」>「R …

ツイッター(Twitter)のUIがリニューアル。ハッシュタグが前面に?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。昨日よりツイッターがデザインリ …

ネットの価値観は変わりつつある? Facebook利用率が2ちゃんねるを超えた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。匿名の星「2ちゃんねる」が実名 …

2015年12月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。あけましておめでとうございます …

宝探しで地方を活性化(次世代マーケティング)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ずいぶん前に読んだ記事ですがそ …

悪質ランディングブログ(広告ブログ・偽ブログ)は右クリックで見抜け

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いやいや、最近はFaceboo …

ツイッター(Twitter)顔文字用の文字が探せるサイト「Shapecatcher」が便利

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ツイッター(Twitter)は …

地域限定ポータルサイトはビジネスとしてはどうなのか

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。僕自身埼玉県熊谷市のツイッター …

新宿出張 まとめ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。コラブロさんのご紹介で、 リク …

血液型オヤジ