新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

STAP細胞はありま~す。その考え方を評価したハーバード大学、全世界で特許出願

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでシェアされてきたのでネタにしましたがなんでもこの話、6月くらいに話題になっていた話でして、自分も「STAP細胞ありません。」と瞬殺していた気がするのですが、せっかくなのでちょっと深ぼってみようと思います。

で、どこの記事を引っ張ってこようかなぁと迷ったのですが、やはり、こういうのはTOCANA(トカナ)でしょうかね。

アメリカのハーバード大学の付属病院が、STAP細胞に関する特許出願を世界各地で継続しているという情報だ。論文発表時点でハーバードは米国、欧州、カナダ、オーストラリア、そして日本でSTAP細胞の特許を出願したのだが、不思議なことに理化学研究所が論文を取り下げた後も、なぜかハーバードは特許の実態審査やその範囲の補強に10万ドル以上の費用をかけ続けているというのだ。

情報源: 「STAP細胞ビジネス」がついに欧米で始まった! 小保方潰しに没頭した日本は巨大マネーもノーベル賞も逃す羽目に? – TOCANA


STAP細胞が医療現場で活躍できる日はくるのか?

スポンサーリンク
 

日本でSTAP細胞はないと結論づけられたその後、アメリカはハーバード大学の附属病院がSTAP細胞に関する特許を世界各地で行なっていたとの話。
この話に尾ひれがついて「STAP細胞は存在した」なんて言うことを言い出している人もちらほら見かけました。

ハーバード大学なんていうと、超有名大学。
そんな大学の関連施設がなぜ、日本では存在しないと結論付けられたSTAP細胞にそこまでお金を掛け続けるのかというと、おそらく、その考え方を評価してのことなんじゃないかと思います。
というのは以下。

たとえば小保方晴子氏の実験プロトコルではオレンジ果汁程度の酸度の弱い酸に細胞を浸すことで細胞の初期化が行われるという手順が世界中で再試され「それはありえ無い」という結論が出ている。しかし、ハーバードが特許を出願している範囲は実はそれよりも広い。
ハーバードではより広い範囲を特許の対象として「さまざまな方法で細胞にストレスを与えることで起きる細胞の初期化全体」を特許の範囲としているのだ。

つまり、現段階ではSTAP細胞は証明されていないがその現象はありえるとして、その考え方を評価。
実現される前に特許を取ってしまおうという考えなんじゃないかと思います。

実際、STAP細胞に似た細胞を別の大学が作ったという話も出ているみたいですし。

今年3月にもうひとつの情報が飛び込んできた。ドイツのハイデルベルク大学の研究グループが、小保方氏と異なる条件下で実験を行ったところ、STAP細胞ができたというのだ。

まあ、この情報に関しては果てしなく怪しい気もしますが。。

細胞って、人間みたいに気まぐれ。
ちゃんとできてくれるときもあれば、まったくうんともすんとも言ってくれないこともある。
なんていう感じなのかもしれません。

ということで、結論から言うとSTAP細胞は現段階では存在ないと思います。
ただし、STAP現象と言われるさまざまな方法で細胞にストレスを与えることで起きる細胞の初期化はひょっとするとありえる。
そう考えたハーバード大学がとりあえず、ビジネスとしての可能性にかけ、特許を出願しているんじゃないか、というのが自分の考えです。

はたして、STAP細胞は実現できるのでしょうか?
上記記事が出てから6ヶ月、なんにも話題にならないところを見ると、まだSTAP細胞は確認できていないみたいですね。

 - コラム, 会社経営 ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

いまどきの履歴書サイズは「B4二つ折り」ではなく「A4」

訳あって、履歴書などを書いているのですが、最近ではどの企業も職務経歴書も添付する …

民主主義(多数決)ではプロフェッショナルの意見は反映されない

先日の衆議院議員総選挙で原発、戦争推進の与党が大勝した理由が分かりました。 それ …

資本主義の崩壊と3人の賢者

ネタとして暖めておいたのですが、最近ちょくちょくコメントいただいている真坊さんか …

顧客を5段階のレベルで考えてみる

ひとえにお客様(顧客)といっても色々なタイプがある。 これを5段階のレベルに分け …

ヤクザウマーー!! 山口組の年収2.4兆円。世界1位

ヤクザ屋さんの年収が兆を超えているという話。もちろん、組織全体でということでしょ …

今年の漢字は「安」、安倍政権や安保法案が理由

毎年ネタにしていたので今年も。今年の漢字は「安」だそうです。 これ聞いた、第一印 …

no image
まじめに今後を考えてみる

当面の選択肢としてあるのは、 1.早めに東京に戻る(子供が小学生に上がるくらいが …

地域コミュニティの勝利、幸手市の寿司屋「葉菜和」(思い出しレビューその6)

もう、これで最後といっていながらもう一つ思い出してしましました。 何故いまさら思 …

班編成などでランダムにグループ分け(グルーピング)したいときに便利なツール

職業訓練校等でグループワークをする際に一番頭を悩ませるのがグループ分け。仲のいい …

これからクレジットカード利用者はどんどん減っていくと思う

アメリカでは若年層のクレジットカード離れが加速しているそうです。 □  …