新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

Androidタブレット+Google日本語入力+Bluetoothキーボード解決編。鍵は「Ctrl」+「Shift」

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

以前、Google日本語入力を使って日本語入力できなくなったときの対処法をかいたことがあります。
タブレットのBluetoothキーボードで日本語入力できなくなったら一旦入力アプリを別のアプリに切り替え戻す

が、これ、全くだめです。
ってか、当たり前すぎて根本解決になっていません。

そこで、自分が普段使っている日本語入力アプリに焦点をあてて根本解決していくことにしました。

スポンサーリンク
 

自分が普段使っている日本語入力アプリはGoogle日本語入力です。
こいつとBluetoothキーボード、そして、OSがAndroidのときに起こる事象としてもっとも困っていたのは時々、日本語入力ができなくなること。

この原因はいくつかあって、一つは「Caps Lock」がかかってしまった場合。
このときは「Shift」キー+「Caps Lock」キーで解決させることができます。
ただ、これでも解決しない場合もあって、これに困っていました。

そんなときはまず、「カタカナ/ひらがな」キーを押してみるのですが、これがなぜか、カタカナは入力できるけどひらがなが打てず、漢字変換もしてくれない。

で、いろいろ調べてみてわかったのが、Google日本語入力は「Ctrl」キー+「Shift」キーで日本語入力と英語入力が切り替わるということです。
これがわかるのに結構時間がかかってしまいました。

ただ、これだけ抑えておけばあとは大丈夫。

  1. 日本語入力のときに英語を入力したくなったら「Ctrl」+「Shift」。
  2. 英語入力のときに日本語入力したくなったら「Ctrl」+「Shift」。
  3. それでも入力できないときに初めて「Caps Lock」を解除してあげればOK。

という流れになります。

切り替えるたびにどちらに切り替わったか表示されるので、わからなくなったら一旦、「Ctrl」+「Shift」を押して確認してあげるのもいいかと思います。

ということで、Google日本語入力を使っていて日本語入力ができなくなったら「Ctrl」キー+「Shift」キーを押すということを覚えておきましょう。

 - パソコン教室, 覚え書き , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ブログやサイトにカレンダーを簡単に置く方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。お客さんに自分で編集できるカレ …

XPで新アカウントをつくったときまず最初にすること

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ちまたではWindows7が発 …

no image
マーケティングに使えそうなツール

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Webマーケティングに使えそう …

漢字の読みを調べる方法 パソコン編

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。恥ずかしながら「訃報」の読みが …

no image
「日本個人データ保護協会」って何?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。「日本個人データ保護協会」とい …

「use strict」に対応させる簡単な改造方法【perl】

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。色々なところでperlのプログ …

ツイッター(Twitter)を新しいレイアウトにしてみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近、ちょこちょこ今までのレイ …

no image
同一テーマからのリンクがYahoo!で上位表示させるコツ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いいニュースを見つけました。Y …

「Vishing(ビッシング)」「SMiShing(スミッシング)」とは何のこと?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。LINE(ライン)がフィッシン …

WordPress(ワードプレス)固定ページからコメント欄を消す方法 #wp

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。一筋縄ではいかなかった固定ペー …

血液型オヤジ