新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

モリサワフォントインストーラ(管理)アプリ「Mフォントスターター」を削除する方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今時、フォントを使わないという人はあまりいないと思います。
特にモリサワフォントと言えば、デザイン系の仕事をしている人には必須。
最近では一般企業でも取り入れているところは結構あるんじゃないでしょうか。

そんなモリサワフォントですが、インストールするのには「Mフォントスターター」というフォントインストーラアプリを使います。

スポンサーリンク
 

この「Mフォントスターター」を使うとフォントのインストールだけではなく、フォントの管理も楽になるようです。
が、実際はフォントをインストールしてしまえば用無しとなってしまうんですよね。

そこで、あってもリソースを喰うだけということで、削除しようとしたのですが。。
なんと、この「Mフォントスターター」というアプリ、Windowsに標準で付いている「プログラムと機能」では削除できない事に気づきました。

フォントといえばシステムの一部なんで別に削除できなくてもいいんでしょうけれど、とは言え、こうなってくると逆に削除してやりたいと思う気持ちが燃え上がりまして。。
ということで、なんとか削除に成功。その手順を解説します。

まずは、以下にあるモリサワ関係のアプリをごっそり削除していまいましょう。
ここには、現在使っているフォントは入っていないので大丈夫です。

C:\Program Files (x86)\Morisawa

ちょっと古めのパソコンですと、以下の場所になっている場合があります。

C:\Program Files\Morisawa

「Program Files」フォルダ内にある「Morisawa」フォルダ。
これをフォルダごとごっそり削除してしまうのが手っ取り早いと思います。

これだけでアプリ本体は消えてくれるのですが、これだけでは起動時に表示されるアラートが消えないことがあります。
そんなときは、以下のファイルを削除しておきましょう。

C:\Windows\SysWOW64\mswfmon.exe

もしくは

C:\Windows\System32\mswfmon.exe

以上です。

にしても、Windows標準の「プログラムと機能」で消せないなんて、ぶっちゃけ、マルウェアかと思ってしまいましたよ。
買い取り形式からライセンス形式に変えたというのも一つの理由かもしれません。
ライセンスを管理するのって大変なんでしょうね。

 - 印刷・DTP, 覚え書き , , ,

アドセンス広告メイン

Comment

  1. 腰白海燕 より:

    私はtext file・EXCEL・Wordでは、フォトンは主に「MS ゴシック」(固定幅)を使ってます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

アメブロ(アメーバブログ)をちょっといじってみた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。先日、アメブロを本格的に始めた …

有料会員じゃないと見れないCOOKPAD(クックパッド)の人気順レシビをGoogleの検索結果で見る方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。COOKPAD(クックパッド) …

kwout対策されているサイトから画像を引用する方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。自分はサイトから画像を引用する …

no image
タスクマネージャーでプロセスを調べてみた(Acer編)

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。いよいよ自分のAcerマシンが …

Facebook(フェイスブック)とブログとの連携方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。今まで、Facebook(フェ …

ケータイに掛かってきた電話をiPhoneに転送するようにした

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。iPhoneを買ってこのかた、 …

Flickrで「保険」と検索したらヤバい画像がたくさん出てきた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。この前の記事を書くに当たり、F …

Facebookページを完全に永遠に削除する方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。念のため作っておいたFaceb …

自宅サーバーをやめてレンタルサーバーに変えた

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。たぶん、気づいている人は殆どい …

現役ヤクザが解説する絶対見つからない死体の処理方法

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。インターネットも良し悪しです。 …