新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

「Xperia AX」でカメラ起動時の強制シャッターを止める方法

      2014/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色々と問題もあった「Xperia AX」ですがようやく軌道に乗って来ました。
nanacoでのおサイフケータイエラーの件もコツを掴んだらもう、殆どエラーが起こらなくなりました。
最初からおサイフケータイマークの部分をnanacoの機械にピッタリとくっつけておけば大丈夫みたいです。

スポンサーリンク
 

さて、そんな「Xperia AX」ですが、スリープ状態から復活した際に、
直接カメラを起動させる機能があるのをご存知でしょうか?

通常の起動とは逆にスワイプするとカメラを起動してくれるのですが、
この時、同時にシャッターも切ってくれちゃうんですよね。
これは多分、シャッターチャンスを逃さないための機能なんでしょうけれど、こういうのってなんか盗撮用の機能みたいでちょっと嫌なんですよね。
というか、そもそもこの機能使ってとった写真にまともなのがない。

そこで、この機能を止めてしまえないか探してみたところ、止めることが出来ました。

  1. カメラアプリを起動して左上の「スパナとドライバーがクロスしている」アイコンをタップ。
    カメラの自動シャッターを止める01
  2. 真ん中「クイック起動」をタップ。
    カメラの自動シャッターを止める02
  3. ここで、初期設定では「起動&静止画撮影」になっているので「起動のみ(静止画)」に変える。
    カメラの自動シャッターを止める03
以上です。

他にも、たまにタップしてもすぐにシャッターが切れず、諦めて歩き出すとシャッターが切れることがあるのですが、これもある意味、盗撮的な行為と間違えられないかと気になってます。
まあ、「Xperia AX」にしたらそこは随分なくなったのですが、以前使っていた「iPhone 3GS」ではかなり酷かったです。
5回くらい連続でタップしてもなんも反応がないので諦めて歩き始めるとシャッターを切り始める。
あとでどんな写真がとれているか確認してみると5枚とも地面とかブレた変な景色とか。
まあ、待てない自分にも否はあるのかもしれませんけど、そこまで行っちゃうとちょっと違うカメラのような気がしちゃいますよねぇ。。

そういうせっかちさんには起動時にシャッターを切る機能は便利かとおもいきやスマホにはファインダーがないので、「起動」→「画面確認」→「シャッター」という流れを辿っていかないとろくな写真がとれないんですよね。
そこは技術でカバーしろって?
うーむ。それは一体どんな技術なんでしょうか?

 - Android, 携帯電話・スマホ, 覚え書き , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

やっぱりFlashは終わる?Androidケータイも非対応に

WebデザイナーにとってFlash(フラッシュ)は難しいながらもなかなか楽しいツ …

no image
携帯電話は癌(脳腫瘍)の元!?

ケータイ大国ニッポンではまず議論にもあがらないこちらもタブーな話題。 アメリカン …

no image
情報収集なら「ツイート検索」+「RSS登録」が最強!!

百式管理人さんのもうひとつのブログ「IDEA*IDEA」で紹介されていたこれ □ …

ワードプレス(WordPress)のアップグレードをちゃんとやってみた【さくらインターネットの場合】 #wp

ワードプレス(Wordpress)のアップグレード(更新・アップデート)はクリッ …

サラリーマンブロガー注意!ブログ収入が年間20万を超えたら確定申告が必要です

夢はブロガー一本で生計を立てていくことですが、さすがになかなかそうもいかなくて、 …

思ったよりもスマートフォン(スマホ)が普及してなかった

もう、殆どの人がスマートフォン(スマホ)を使っているんだろうなぁと思っていました …

「自撮り」もし過ぎに注意しよう。「身体醜形障害」から「自殺」の可能性も

何事もし過ぎは体にも精神的にも良くないという話。やっぱり、「いい加減」くらいがい …

LINE(ライン)アカウント乗っ取りの犯人は中国人

たまたま自分のところには被害は及んでいませんが、LINE(ライン)アカウントの乗 …

秀丸(テキストエディタ)で全文検索

知りませんでしたテキストエディタにこんなすばらしい機能があるなんて。。 Web制 …

海外で携帯サイトをやる人は注意

海外での携帯サイトサーフィン(死語?)は気をつけようという話。 □J-CASTニ …