新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

いつの間にかIE6のシェアがこんなに減っていた

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう、IE6(Internet Explorer 6)対策はいいんじゃなかろうか?

□ 米国のIE6シェアが1%以下に、日本は5.9% | エンタープライズ | マイナビニュース

IE6のシェアが、すでに1%を下回っている国はオーストリア、ポーランド、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェーがあり、今回これに米国が加わったことになる。米国はインターネット人口が多い国であり、IE6のシェアが1%を下回ったことには興味深いマイルストーンといえる。
2011年12月にIE6のシェアが1%を下回った国としては、米国のほかに、チェコ、ポルトガル、フィリピン、ウクライナ、メキシコが挙げられている。

スポンサーリンク
 

何とも多くの国で既にIE6のシェアは1%以下となっているそうだ。
世界平均が7.7%、日本は5.9%と平均以下だが中国が平均を上げているそうで、

中国を除いた場合には、韓国に次ぐ高いシェアとなっており、IE6が多く使用されている国のひとつとなっている。

とのこと。
ただ、以前調べた時(2009年10月7日)は20%を超えていたのでこれは予想以上に減っているようだ。

ちなみに当ブログ直近一ヶ月のIE6を使ったアクセス数を調べてみたのが以下。

□ ブラウザ別
ちほちゅうのブラウザシェア01

□ IEのみバージョン別
ちほちゅうのブラウザシェア02

以上より、総ブラウザにおけるIE6のシェアは50.99%×0.0912≒4.65%。
上記記事の数字(5.9%)より当ブログのユーザーの方がよりIE6離れが進んでいるようだ。

いずれにしても、もうそろそろいい加減にIE6対策はしなくてもいいような気がする。

 - マーケティング, 告知・紹介・ニュース

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
twitter(ツイッター)が面白いということがよくわかる例

「twitterは面白いのか?」と言われるとなんと答えますか?「面白いよ」という …

印刷会社の年賀状印刷 (12/2追記)

みなさんは「年賀状印刷」はどこにお願いしているだろうか? かつては写真屋さんに写 …

広がる地域系ツイッターポータルサイトの輪 (8/30追記)

「つぶくま」がオープンして10日たちました。 その間も「つぶくま応援団」が登場し …

2014年1月のヒットキーワードとヒットページ

そうそう、ヒットキーワードとヒットページの記事を書かないとですね。これだけは、必 …

ウイルスセキュリティZEROが意外といい

かつて(2年ほど前)検知力が弱すぎと評したウイルスセキュリティの後継、「ウイルス …

no image
このCMの続きはWebにはありません

ロナウジーニョの起用。Webサイトの充実等で注目していたコニカミノルタさんがやっ …

それでも広告(CM)は必要? テレビCM、YouTube広告ともにスキップされる傾向に

今までも何度となくこういった話ネタにしてきたと思いますが、2つならんで似たような …

自宅にいながら世界旅行。「Googleストリートビュー」でグランドキャニオン散策

Google Mapsのストリートビュー機能がアメリカ(米)はグランドキャニオン …

余計なお世話?それとも便利?終電逃しても大丈夫「終電なくしたくん」登場

どうもね。 終電までがデフォルトっていうのもどうかと思うんですよ。 でも、業界に …

ボートマッチもやってみた 【衆院選】

ライフハッカーで「衆院選の投票前にチェックしておきたいサイト」が紹介されていた。 …