新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

コンバージョンを生んだキーワードの探し方【Google Analytics】

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。

「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」でコンバージョンを生んだキーワードを調べる方法です。
先日、ちょっと分からなくなっていたので改めてメモ。

まあ、単純にコンバージョンを生んだキーワードでSEOするとコンバージョン率(CVR)の高い良いサイトが作れるんじゃないかという浅はかな考えから、コンバージョンを生んだキーワードを知っておくことは非常に重要なのではないかと思ったわけです。

なお、コンバージョンとはサイトの閲覧者が、会員登録や資料請求、商品購入など企業の望む行動を起こすこと
Google Analytics(グーグルアナリティクス)の場合は問い合わせ後のサンクスページ等を閲覧したことをコンバージョンとするように事前に設定する必要があります。
(上記のように設定した場合は「お問合せメール」が送信されたことがコンバージョンになります)

↓僕が唯一持っているGoogle Analytics関連の本。良書です。

スポンサーリンク
 

さっそく手順です。

左側に「コンバージョン」というメニューがありますが、これにこだわっているとなかなかたどり着けません。
コンバージョンメニューにないなら次はキーワード。
そう、キーワードのメニューから確認できるのでした。
キーワードは「トラフィック」の配下にあるのですがこちらを使います。

  1. ということで、「トラフィック」→「キーワード」へと進む。
    コンバージョンを生んだキーワードを確認する方法01
  2. コンバージョンの設定がされていれば中程のタグに「目標セット1」というのが追加されていると思います。
    こちらをクリック。 
    コンバージョンを生んだキーワードを確認する方法02
  3. さらに、「コンバージョン率」等でソート(クリックするごとに昇順、降順が入れ替わります)をかけると分かりやすくなります。

以上です。

Webマーケティングをする上で重要なのはPVだけではなく、コンバージョン率の高いキーワード、そして、クリックされるサイトデザイン、問い合わせにつながりやすいサイトマップ等、殆どの要素が絡んできます。
その中の一つ、「コンバージョン率の高いキーワード」を探す方法を紹介しました。

 - SEO・SEM, マーケティング

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

熊谷市在住の主婦&在勤者必携! 有名店のランチがワンコイン(500円)で食べられる「LUNCH PASSPORT熊谷近郊版」

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。こんなのがいろんな地域で販売さ …

アドワーズ広告がさらに進化。クリック率アップか?

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。□Googleの進化がリスティ …

no image
2010年8月のヒットキーワードとヒットページ

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。ここ数カ月のPV推移ですが以下 …

「ケータイサイト」は「携帯サイト」のほうがいい

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。なんのことやらわからない方もい …

Yahoo!ポイントはAmazonギフト券に変えられない

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。しくじりました。 久しぶりにY …

no image
ツイートするとぼかしが取れる。まさにリアルとネット(ツイッター)の融合でバズマーケティング

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。その場であるハッシュタグを付け …

no image
ネット通貨の統一化の第一歩となるかも

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。失敗したと思われている「セカン …

Yahoo!の力その後

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Yahoo!トップページから2 …

直帰率と離脱率の違い

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。Google Analytic …

no image
昔を振り返ってみる

1年以上前の記事です。内容が古い可能性があります。最近、アクセスを意識した記事ば …

血液型オヤジ