新・元地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

自由な20代、窮屈な30代を経て、遂に40代になっちまったWebディレクター&パソコン講師の覚書と思う言(こと)。略称【ちほちゅう】

*

キーワード調査は「Googleアナリティクス」ではなく「ウェブマスターツール」を使え

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス解析といえば「Googleアナリティクス」という考えがありましたが、キーワードに調査に関しては「ウェブマスターツール」のほうが優秀なようです。

ということで、「ウェブマスターツール」を使うとこんなことが出来るというのを解説していこうと思います。
当然、事前に「ウェブマスターツール」と「Googleアナリティクス」の設定を連携しておく必要があります。

ウェブマスターツール – Search Console
□ Google アナリティクス

アゲアゲ

スポンサーリンク
 

ウェブマスターツール(Search Console)の「検索アナリティクス」に行って、
検索アナリティクス01

「クリック数」、「表示回数」、「CTR」、「掲載順位」等、すべての項目にチェックを入れます。
検索アナリティクス02下の方「クエリ」とあるのが検索時に入力されたキーワードです。

あとはソートしたい項目をクリックしてソートして、状況確認。
検索アナリティクス03

たとえば、表示回数でソートした場合はこんな感じ。
検索アナリティクス04

キーワード横の↗マークをクリックすると、実際Googleでどのように検索されて表示されているか、何位くらいに位置しているかが確認できます。
検索アナリティクス06

検索順位でソートをかけた場合。
検索アナリティクス05検索順位が1位にもかかわらずCTRが低いのは、ディスクリプションに問題があると考えていいでしょうね。

と言った具合に、ディスクリプションの書き換えをしたり、ちょっとSEOを頑張ればクリックされやすい位置まで上がってきそうなキーワード等がわかるわけです。
(一般的には1ページ目で1画面に入ってくる位置、1ページ目の下の方よりも2ページ目の上位のほうがいい場合もあります。)

これ、「Google Analytics」で簡単に見れましたっけ?

ということで今後、キーワード対策、SEOに関しては「Googleアナリティクス」ではなく「ウェブマスターツール」を使っていこうと思います。
合わせて、毎月のヒットキーワードもこちらのデータを引用させていただく方向で考えています。

 - SEO・SEM, Webデザイン , , , , ,

アドセンス広告メイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

広告サイズによるAdsense及びAmazonアフィリエイト収益の考察【最終章】

今まで何度か検証してきた広告サイズによる「Google Adsense」及び「A …

no image
熱は下がったけど

下痢が止まらない。 食べられるんだけど出ちゃう。 今日も全部食べたけどちと怖い。

no image
テンパリ気味

モブログで少し気分を和らげたところで、仕事の話。

no image
動き始めたPFリンクス

SEO対策の一環として設置したプロットファクトリーリンクス(検索エンジン)が 動 …

no image
2011年8月のヒットキーワードとヒットページ

量より質に再度切り替えた効果が出たのかどうかは分かりませんがまたまた盛り返してき …

ドロップシッピング

最近、ドロップシッピングというのがはやっているらしい。

インターネットのゴールデンタイムは午後10時

「インターネット白書2009」が発売されたそうです。 こちらの記事でそれについて …

no image
Safari(javascriptのバグ?)

またまた「safari」に関しての覚書。 一部の人ごめんなさい。

mixiエコーが正式版「ボイス」となったので「Twitter2mixi」を導入してみた(9/28追記)

「mixiエコー」が正式に「mixiボイス」としてオープンしました。 オープンす …

no image
出会い系サイト

Webマーケティングの素材集めの一環として、 出会い系サイトに登録してみました。